おとなの自動車保険HOME > 安心の事故対応 > お支払い事例紹介 > 事故じゃないけど・・・ >

台風で川が増水し、車庫に止めていた車が水没してしまった!

事故じゃないけど・・・

台風で川が増水し、車庫に止めていた車が水没してしまった!

8月の初旬のある日、台風が接近してきていて朝から強い雨が降っていました。
Aさんは、勤務先から早めに帰宅しましたが、自宅近くの川が増水し、自宅の前の路地はAさんのヒザ下くらいまで水かさが増していました。
幸い、自宅に浸水はしなかったものの、自宅の車庫に止めていた車は、シートのあたりまで水に浸かってしまいました。
エンジンに水が浸水していた場合、エンジンをかけると故障の可能性があることを知っていたAさんは、増水が治まると、車を購入したディーラーに連絡しました。
ディーラーに確認してもらったところ、エンジンには問題ありませんでしたが、車内に水が入ったため、川の泥などが残ってしまいクリーニング作業が必要となりました。Aさんは当社に連絡し、保険で対応することにしました。

解決までの流れ

  • 状況確認
  • 修理内容の調査
  • 保険金のお支払い

担当者から、保険金お支払までの流れを説明させていただきました。

担当者はディーラーに連絡を取り、お車の状態を確認するためにアジャスター(鑑定人)を派遣する打ち合わせをしました。

ディーラーに赴いた鑑定人は、お車の状態を確認し、ディーラーのサービス担当者とクリーニング作業費用について協定を行いました。

鑑定人から、Aさんのお車の損害調査の報告書が提出されました。

Aさんのお車のクリーニング作業が終了し、保険金をディーラーにお支払いしました。

損害の状況・お支払いした保険金

損害額
車内のクリーニング費用:¥316,000
お支払いした保険金
Aさんの車の損害(車両保険金):¥316,000

お役にたった補償

  • 車両保険

    ご契約のお車が事故で壊れたり、火災や盗難にあったときに保険金をお支払いします。

    • 「車庫での水災」の補償をえらんでいない場合(自宅・車庫での車両水災対象外をセットしている場合)、ご契約のお車が水災にあったときは補償されません。

事故対応のプロフェッショナル

本件のポイントは、増水が治まったとき、Aさんがすぐに車を動かさなかったことでしょう。
水が残ったままエンジンをかけてしまった場合、損害が拡大していた危険性がありました。


対物(車両、対物賠償)
担当者 H.O

ロードアシスタンス特約 全国約13,000ヶ所から出動、ロードアシスタンスも選べる!利用制限なし!使っても翌年以降の等級に影響なし! 詳しくはこちら

事故で保険を使った場合の等級の変化について 事故で保険を使った場合の等級のカウント方法などをわかりやすくまとめました。 詳しくはこちら

他の事例もチェック

その他の事故事例

お支払事例紹介

選ばれるのには、ワケがあります。おとなの自動車保険が選ばれる理由 第1位 保険料が安かったから 第2位 インターネット割引 1万円! 第3位 補償内容を自由に選べる 第4位 保険料の内訳が分かる 第5位 40代・50代にぴったり

ページトップへ