ダイレクト型自動車保険と代理店型自動車保険の違い

自動車保険のダイレクト型と代理店型の違いについてご紹介します。補償内容や示談交渉には大きな違いがないため、事故対応に安心できる自動車保険をおすすめします。

ダイレクト型と代理店型の違いとは

ダイレクト型とは、ウェブサイトや電話などで保険会社と直接契約するタイプの自動車保険のことであり、代理店型とは、保険代理店を通して担当者と対面して加入するタイプの自動車保険のことです。

代理店型に比べてダイレクト型のほうが、代理店の手数料がない分、保険料が安くなる傾向にあります。そのほか、ダイレクト型と代理店型の違いを、以下の表にまとめています。

代理店型ダイレクト型

加入する方法

代理店と会い、対面で加入する

インターネットや電話などで保険会社と直接やり取りを行い、加入する

保険料

代理店手数料が発生するため、ダイレクト型と比べて高い傾向にある

代理店手数料が不要のため、代理店型と比べて安い傾向にある

補償内容の決め方

代理店の担当者と対面で話をして決める

知識が少なくても必要な補償に加入することができる

自分の知識やインターネット上で調べた内容を元に決める

不明点があれば、保険会社に直接聞くこともできる

事故現場での対応

代理店の担当者によっては、事故現場にかけつけてくれることもある

一部保険会社では警備会社が現場に急行するサービスがある

自動車保険に加入する際は、ダイレクト型か代理店型かどちらか2つから選ぶ必要があります。「ダイレクト型の方は保険料が安い分、いざという時のサポートが不安」と考えられる方も多いようです。

中でも、とくに気になる方が多いという「補償内容の違い」と「事故対応の違い」について以下で詳しく解説していきます。

補償内容の違い

では、ダイレクト型と代理店型では、補償内容はどのように違ってくるのでしょうか。以下で詳しく解説します。

契約できる補償内容に大きな違いはない

ダイレクト型と代理店型の間で、契約可能な補償内容には大きな違いはありません。

対人事故や対物事故の保険金額については無制限にするのがおすすめですが、ダイレクト型と代理店型のどちらでも契約をすることができます。また、必要に応じて特約を付けることも可能です。

おとなの自動車保険では車両保険に加入すると、「車両無過失特約」が自動セットになるのが特長です。車両無過失特約とは、ご契約のお車の運転者に責任のない被害事故で、次年度も当社でご継続いただくなど、一定の条件を満たす場合は、車両保険の保険金をお支払いした場合でも、お客さまの等級が下がらない特約です。

また、おとなの自動車保険の「個人賠償責任特約」であれば、保険金額が無制限で補償を受けられます。例えば、家族が自転車で人にぶつかってケガをさせてしまい賠償金が高額になる場合にも、備えることができます。示談代行サービスもついているので、相手方との交渉は当社の専任担当者に任せることができ、安心です。

事故が起きた際の対応の違い

では、ダイレクト型と代理店型では、実際に事故が起きた際の対応内容はどのように違ってくるのでしょうか。以下で詳しく解説します。

事故対応の違い

実際に事故が発生したとき、代理店型の場合、ケースによっては事故現場にかけつけてくれることもありますが、夜間や遠方の場合は来てくれない場合が多いです。一方、ダイレクト型の場合は、保険会社の担当者が事故現場にかけつけることはありませんが、保険会社によっては警備会社が事故時の対応をしてくれるサービスを用意しています。

おとなの自動車保険なら、ALSOK事故現場安心サポートが付いており、事故の際にALSOK隊員が事故現場にかけつけ、お客さまに寄り添い事故対応サポートを行うため、万が一の時でも安心です。ご契約者さま全員に、無料で提供しているサービスです。

示談交渉の違い

示談交渉は、代理店型とダイレクト型で大きな違いはありません。なぜならば、示談交渉は代理店型であっても保険会社が行う必要があるためです。当事者でも弁護士でもない代理店が示談交渉を行うと、弁護士法違反となってしまうので、必ず保険会社間で示談交渉が行われます。

なお、保険会社間の示談交渉は、主に過失割合を協議します。過去の類似事故の裁判例等に基づいて公平に決定されます。そのため、会社の規模が小さいダイレクト型であっても、不安になる必要はありません。

おとなの自動車保険であれば、すべてのご契約に安心の示談代行サービスがセットされています。そのため、相手方との示談交渉は、専任担当者にお任せいただけます。万が一、事故を起こしてしまいどうしていいかわからない場合でも、安心できるサービスです。