保険会社を選ぶポイント

自動車保険の保険会社を選ぶポイントを3つに絞り詳しくご紹介します。ダイレクト型か代理店型のどちらがよいのか?事故対応サービスは充実しているのか?保険料と補償内容のバランスは適切か?自動車保険の保険会社選びで失敗しないためにも、ぜひ参考にしてください。

ポイント①保険会社のタイプで選ぶ

自動車保険の保険会社を選ぶポイントとして、保険会社のタイプで選ぶことが大切です。

保険会社のタイプは、代理店型とダイレクト型の2タイプです。

それぞれの特徴について項目ごとに表でまとめましたので、ぜひ保険会社選びのご参考にしてください。

代理店型ダイレクト型

加入する方法

代理店と会い、対面で加入する

インターネットや電話などで保険会社と直接やり取りを行い、加入する

保険料

代理店手数料が発生するため、ダイレクト型と比べて高い傾向にある

代理店手数料が不要のため、代理店型と比べて安い傾向にある

補償内容の決め方

代理店の担当者と対面で話をして決める

知識が少なくても必要な補償に加入することができる

自分の知識やインターネット上で調べた内容を元に決める

不明点があれば、保険会社に直接聞くこともできる

事故現場での対応

代理店の担当者によっては、事故現場にかけつけてくれることもある

一部保険会社では警備会社が現場に急行するサービスがある

ポイント②事故対応サービスで選ぶ

自動車保険の保険会社を選ぶポイントとして、事故対応サービスで選ぶことも大切です。

ここでは、事故対応サービスに関する2つのチェックポイントについて詳しく解説していきます。

事故現場での対応

事故後の対応

事故現場での対応

また、事故現場での対応が充実しているかも大切なポイントです。

具体的には、以下の対応をしてくれるかどうかについてチェックをしましょう。

  • 事故現場への急行サービス
  • 事故相手とのやりとりのサポート
  • 事故現場の記録
  • レッカー移動などのサービス

おとなの自動車保険であれば、事故時には全国2,400ヶ所の拠点からALSOK隊員が事故現場にかけ付け、事故相手とのやり取りや事故現場の記録などの対応をサポートいたします。

また、自損事故や車のトラブルの際に安心なロードアシスタンスサービスも加入することができます。24時間365日、全国約13,000ヶ所から手配可能ですので、夜間や遠隔地での事故やお車のトラブルの際も、ご安心いただけます。

事故後の対応

自動車保険の保険会社選びにおいては、事故後の対応の手厚さも重要になります。事故対応完了までは不安な日が続くので、専門知識のある担当者と連絡が取れる体制があるかをチェックしましょう。

こまめに連絡を取れることで、事故後の不安を少しでも和らげることができます。

おとなの自動車保険なら、事故専門の担当者が事故対応完了までを丁寧にサポート。

担当者は対人・対物賠償の豊富な知識と経験を持ち合わせたスペシャリストです。事故相手との連絡や、修理工場や病院、相手方保険会社との調整まで迅速・丁寧に対応いたします。また、専任担当者とLINEで連絡を取ることも可能です。

また、お車の修理については、全国約1,260ヶ所の提携修理工場が、引き取りから納車までお客さまを煩わせることなく対応します。

ポイント③保険料と補償内容のバランスで選ぶ

自動車保険の保険会社を選ぶポイントとして、保険料と補償内容のバランスで選ぶことも大切です。同じ補償内容であっても、保険会社によって保険料が異なる場合もあるためです。できるだけ保険料を抑えながら、自分に必要な補償を受けられる保険会社を選ぶようにしましょう。

おとなの自動車保険なら、年齢や走行距離など一人ひとりにあわせて、合理的でうれしい保険料を実現しています。

  • 保険料の平均節約額は17,948円 ※1
  • 事故率が低い40代・50代の保険料を割安に ※2
  • 走行距離に応じた保険料だから合理的
  • 必要な補償だけを選んで、かしこく節約
  • ※1
    保険会社を変更し、変更前の保険会社との比較で安くなった保険料を具体的な金額でお答えいただいた492人の平均です。(当社 既契約者アンケート/2021年1月実施、有効回答者数1,409人)
  • ※2
    事故率の低い40・50代の保険料が本商品内、同条件・他世代との比較において割安となっています。