ファイナンシャルプランナーが教える ファミリーバイク特約についてのアドバイス

自分や家族が運転する125cc以下のバイクが対象になる特約で、何台でも対象になりますし、借りたバイク(125cc以下)も対象になります。また、運転者の範囲を制限する特約がついていても記名被保険者とその家族であれば、補償の対象となりますし、年齢条件が付いていても、ファミリーバイクには適用されません。別途バイクの保険に加入するよりもメリットが大きい特約です。

プロフィール

石川 英彦(いしかわ ひでひこ)
株式会社マネーライフナビ 代表取締役

補償選びの参考例

  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代

ページトップへ