ファイナンシャルプランナーが教える 個人賠償責任特約についてのアドバイス

日常生活で他人にケガをさせたり他人の物を壊したりした場合は、それを賠償しなければなりません。その賠償金を補償してくれるのが個人賠償責任保険です。少額な賠償であれば預貯金でもカバーできますが、数百万円、数千万円の高額賠償についてはそうはいきません。日常生活のリスクに備えるためにも、一家に一契約は準備しておきたい補償です。現在加入している他の自動車保険や火災保険にも個人賠償責任保険が付いているかもしれないので、内容と保険料を見比べたうえで検討してください。補償額が「無制限」であるか、「示談交渉付き」であるかがチェックポイントです。

プロフィール

石川 英彦(いしかわ ひでひこ)
株式会社マネーライフナビ 代表取締役

補償選びの参考例

  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代

ページトップへ