ファイナンシャルプランナーが教える 搭乗者傷害についてのアドバイス

搭乗者傷害は契約時に決めた金額が損害額に関係なく「定額」で支払われるものです。人身傷害保険に加入していれば補償が重複します。また、医療保険や傷害保険に加入していればカバーできるかもしれません。この補償が必要な主なケースは、1.手元資金の早急な確保が必要な場合(預貯金などを取り崩したくない場合)2.同乗している知人や友人には早急に治療費を支払いたい場合、などです。人身傷害保険でカバーできるので、上乗せ補償もしくは手元資金の早期確保には適しています。

プロフィール

石川 英彦(いしかわ ひでひこ)
株式会社マネーライフナビ 代表取締役

補償選びの参考例

  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代

ページトップへ