交通事故に遭った時、保険金は自動車保険からしかもらえない?

突然の交通事故で大ケガを負い、日常生活や家計に影響が及ぶと思えば心配なもの。どのように補償を受けられるのか、整理してみましょう。

相手に過失分があれば、賠償金を受け取れます。自分の過失分は人身傷害保険の契約があれば、契約内容によりクルマに乗っていない場合でも過失の有無を問わず、医療費の実費や休業損害などがカバーされます。搭乗者傷害保険の契約があれば搭乗者傷害保険金もプラスされます。

さらに、生命保険や医療保険には多くの人が加入していますが、こちらについては相手方からの賠償金や自分の自動車保険と関係なく保険金を受け取れます。交通事故をカバーする傷害保険や共済なども同様です。

つまり、交通事故では、多くの人は自動車保険で損害を穴埋めできるだけでなく、そのうえ+αの補償も受けられるのです。

だからこそ注意しなくてはならない点も。自分が実際に事故に遭ったときに、該当する契約について、漏れなくすべての請求をしなくてはなりません。保険はただ入っただけで役立つわけではありません。イザというときにきちんと請求してこそ、役立つのです。

ですから、どのような時に保険金を受け取れ、受け取れないのかを確認するとともに、どのような保険に入っているかについても、家族と共有しておくことが大切です。たとえば、マイホームの決まった場所に保険証券をまとめてファイリングしておく、離れて暮らす家族には保険証券や加入している保険の一覧表をコピーして送っておくなどです。困った時こそ慌てないように、平時の今のうちに情報を整理しておきましょう。

(保険種類:自動車保険から 使える保険:人身傷害保険または無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険 事故場面:クルマ搭乗中)(保険種類:他の保険等から 使える保険:傷害保険・医療保険・生命保険の特約・各種共済など 事故場面:クルマ搭乗中、自転車搭乗中)(保険種類:自動車保険から 使える保険:人身傷害保険または無保険車傷害保険 事故場面:歩行中)(保険種類:他の保険から 使える保険:傷害保険・医療保険・生命保険の特約・共済など 事故場面:歩行中)

ポイント!

交通事故では、相手方からの賠償のほか、自分の自動車保険や生命保険、医療保険などから補償を受けられることがあり、思いのほか手厚いカバーが得られることも。とはいえ不測の事態に陥ったとき、自分で保険金の請求をすることが基本。どのような時に保険金が受け取れるのか、きちんと確認し、整理しておきましょう。

ほかの記事を見る

プロフィール

清水 香(しみず かおり)
1968年東京生まれ。CFP®認定者。1級FP技能士。

補償選びの参考例

インターネットでのお申込みなら
10,000円割引!

※分割払の場合は年間9,960円の割引となります。

保険料の内訳を見ながら、補償を自由に選べる。 なっトク見積り

お客さまサポートセンター
お客さまサポートセンター 通話料無料 0120-55-0107 9:00~18:00(年末年始を除く)

まずはカンタンお見積り!

ページトップへ