対物賠償保険(必ずセットされる補償です)

ご契約のお車を運転中の事故などで他人のお車や家屋などの財物に損害を与えた場合(対物事故)に、お客様が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して保険金をお支払いします。

  • ファイナンシャルプランナーが教える 補償選びのワンポイントアドバイス

ポイント1保険金額は安心の無制限

対物事故は、相手の方への賠償が高額になるケースがあります。万が一に備え、おとなの自動車保険では対物賠償保険金額を無制限に設定しています。

実際に発生した対物事故の事例

トラックが踏切内で脱輪してしまい電車と衝突。
そのまま電車は脱線し近くの家屋に衝突した。

損害額:1億2,036万円

ポイント2安心の示談交渉サービス(全てのご契約にセット)

相手方との示談交渉は、当社がお引き受けします。
被保険者のお申し出があり、かつ、相手の方の同意が得られたときは、当社は被保険者のために示談交渉をお引き受けします。
安心してお任せください。

ポイント3借りたお車を運転中の事故も補償します

他車運転特約

必ずセットされる補償です

被保険者が借用中の自動車を運転中の事故(対人・対物・人傷※1・車両・自損※2・無保険車)について、借用中の自動車をご契約のお車とみなして、ご契約のお車の契約内容に従い、保険金をお支払いします。
ご自分の保険から優先してお支払いすることもできますので、貸主にご迷惑をかけることもありません

  • ※1 人身傷害保険をセットしている場合にお支払いします。
  • ※2 人身傷害保険をセットしていない場合にお支払いします。

借りたお車自体の車両損害についても、ご契約のお車が車両保険に加入されているなど、一定の条件を満たせば、ご自分の保険から優先して保険金をお支払いすることができます。(時価額が限度です。自分の車両保険の金額が限度となるわけではありません。)
レンタカーをご使用の場合でも補償の対象となります。

他車運転特約で、「補償される場合」と「補償されない場合」の具体的な事例は、こちらをご確認ください。
【よくあるご質問】 他車運転特約で補償される場合と補償されない場合は?

ポイント4「対物全損時修理差額費用特約」でさらに補償を拡充できます

オプションで「対物全損時修理差額費用特約」をセットすることができます。
古い車と衝突し、修理代金が時価を上回る場合に補償する特約です。

  • 対物全損時修理差額費用特約 詳しくはこちら

この補償がお役にたった例

補償選びの参考例

  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代

選ばれるのには、ワケがあります。おとなの自動車保険が選ばれる理由 第1位 保険料が安かったから 第2位 インターネット割引 1万円! 第3位 40代・50代にぴったりだから 第4位 補償内容を自由に選べる 第5位 保険料の内訳が分かる

ページトップへ