車両身の回り品補償(オプションでご加入いただけます)

衝突、接触、火災、盗難等の事故でご契約のお車に損害が生じ、その直接の結果としてお車内の「積載動産(衣類、カメラ、ゴルフ道具等)」に損害が生じた場合に保険金額を限度に保険金をお支払いします。
保険金額は、10万円、30万円、50万円から選択できます。

  • 盗難の場合は、ご契約のお車自体が盗難されたときにかぎり補償の対象となり、車上あらしや部品の盗難などは対象外となります。
  • ファイナンシャルプランナーが教える 補償選びのワンポイントアドバイス

クルマに乗せるゴルフクラブやスノーボードなども補償したい

朝起きたらクルマが盗まれた!クルマについては車両保険で補償されたが中に積んであった大事なゴルフ道具一式は?

事故によりご契約のお車に損害が生じたり、ご契約のお車本体が盗難されたりした場合で、あわせてご契約の車内やトランクに積載された動産(積載動産)にも損害が生じた場合に保険金をお支払いします。
車内の動産のほか、キャリアに固定されていた動産についても対象になります。

  • 「盗難」を補償の対象外として車両保険をセットした場合(車両盗難対象外をセットした場合)、盗難によって生じた損害は補償しません。

お支払いの対象となるケース

次のような場合に、保険金をお支払いします。

  • 契約のお車がガードレールに衝突し、キャリアに固定していたスノーボードが壊れた。
  • 契約のお車が電信柱に衝突し、トランク内のゴルフクラブが破損した。

など

  • 「盗難」を補償の対象外として車両保険をセットした場合(車両盗難対象外をセットした場合)、盗難によって生じた損害は補償しません。
  • 盗難の場合、ご契約のお車本体の盗難と同時に発生したときにかぎり補償します。(車上狙いなどの積載動産のみの盗難は対象となりません。)

実際の契約を見てみよう

6.9%の方が車両身の回り品補償を選んでいます。※当社内訳 2016年3月末時点

この補償がお役にたった例

補償選びの参考例

  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代

選ばれるのには、ワケがあります。おとなの自動車保険が選ばれる理由 第1位 保険料が安かったから 第2位 インターネット割引 1万円! 第3位 40代・50代にぴったりだから 第4位 補償内容を自由に選べる 第5位 保険料の内訳が分かる

ページトップへ