おとなの自動車保険HOME > 補償内容 > 相手の方への補償 >

対物全損時修理差額費用特約

対物全損時修理差額費用特約(オプションでご加入いただけます)

対物賠償保険では、相手の車の時価額までしか補償されません。相手の車が古い場合、修理費が時価額を超えることがありますが、お客さまがその差額を負担する場合、差額部分にお客さまの責任割合(過失割合)を乗じた額を保険金としてお支払いする特約です。(50万円が限度)

  • ファイナンシャルプランナーが教える 補償選びのワンポイントアドバイス

実際の契約を見てみよう

[対物全損時修理差額費用特約の加入率]36.1%の方が対物全損時修理差額費用特約を選んでいます。※当社内訳 2016年3月末時点

保険金支払い例

お客さまの責任割合(過失割合)が100%の自動車事故で、相手方の自動車の修理費が150万円・時価額が100万円だった場合

[修理費 150万円]差額 50万円(対物全損時修理差額費用でお支払い)、時価額 100万円(対物賠償でお支払い)

時価額(100万円)を賠償することで法律上の賠償責任は果たしているのですが、こちらが100%悪いのに、差額(50万円)を自己負担しなければならないという状況に相手側が納得されない場合、お客さまが自己負担を強いられるケースが想定されます。

そのような、相手自動車の修理費が時価額を上回る対物事故で、相手方が時価額を超えた修理を行い、かつお客さまがその差額を負担する場合に、差額分の修理費にお客さまの責任割合を乗じた額についてお支払いします。

  • 当社が事前に承認したものに限ります。

この補償がお役にたった例

補償選びの参考例

  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代

選ばれるのには、ワケがあります。おとなの自動車保険が選ばれる理由 第1位 保険料が安かったから 第2位 インターネット割引 1万円! 第3位 補償内容を自由に選べる 第4位 保険料の内訳が分かる 第5位 40代・50代にぴったり

ページトップへ