弁護士費用特約(オプションでご加入いただけます)

ご契約者、そのご家族またはご契約のお車に搭乗中の方などが、自動車に起因する人身被害事故や物損被害事故に遭った場合に、相手方に損害賠償請求を行う場合に生じる弁護士費用や、法律相談をする場合の費用をお支払いします。
ご自身に非がない被害事故では、保険会社はお客さまの代理として示談交渉はできません。そのため、被害事故の場合、相手との交渉はご自身で行う必要があります。一般の方にとって、知識も経験も少ない示談交渉を行うのは簡単なことではありません。そのような場合に、弁護士に相談したり、委任したりする場合の費用をお支払いする弁護士特約をセットしているとご安心いただけます。

お支払する保険金は、以下のとおりです。

保険金の種類 保険金の限度額
【弁護士費用等】
  • 弁護士・司法書士報酬
  • 訴訟費用、仲裁・和解・調停に要した費用
  • その他権利の保全、行使に必要な手続きをするために要した費用
1事故につき、1名あたり
300万円限度
【法律相談・書類作成費用】
  • 弁護士・司法書士への法律相談の費用
  • 司法書士・行政書士への書類作成の費用

被保険者が被害者請求を行う場合などに、損害賠償額の支払いを請求するために要する司法書士、行政書士の書類作成費用は「法律相談・書類作成費用」よりお支払いします。

1事故につき、1名あたり
10万円限度
  • 弁護士などへ委任を行う場合は、委任契約の内容を書面で提出いただき、あらかじめ当社の承認が必要となります。
  • 年間の利用回数制限はありません。
  • 特約の使用により等級が下がることもありません。(ノーカウント事故となります)

補償選びのヒント!自動車に関連する事故で被害者になった場合に弁護士に相談できる

例えば、車に搭乗中、信号待ちで停まっていたところに後ろから追突された、など、自分に全く過失のない自動車事故に遭い、相手に損害賠償請求を行った際に、相手が任意保険に加入していない、損害賠償請求に応じてくれない、相手から提示された賠償額に納得がいかない、などの問題が発生することがあります。そのような相手とのトラブルの解決を法律の専門家である弁護士に任せることができます。
なお、搭乗中の「車」は、ご契約のお車だけでなく、タクシーやバス、友人の車など自動車全般をいい、原付・二輪自動車も含みます。
また、ご契約者とご家族については、お車に搭乗中の場合だけでなく、歩行中や自転車搭乗中の交通事故など、自動車に起因する被害事故も対象になります。
(注)自転車同士の事故や自転車と歩行者の事故は自動車に起因する事故ではないため、弁護士費用特約の対象にはなりません。

  • ファイナンシャルプランナーが教える 補償選びのワンポイントアドバイス

補償の対象となる方

  1. 記名被保険者
  2. 記名被保険者の配偶者
  3. 記名被保険者または配偶者の同居の親族
  4. 記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子
  5. 1~4以外の者で、契約自動車に搭乗中の者
  6. 1~5以外の者で、契約自動車の所有者(ただし、契約自動車の被害事故に関する損害賠償請求または法律相談を行う場合に限ります。)

お支払いの対象となるケース

次のような自動車にかかわる被害事故に遭い、相手方が損害賠償請求に応じない場合等に役立ちます。

  • 赤信号で停車中に、後ろの車に追突されてケガをした。
  • 横断歩道を歩行中に、信号無視の自動車にひかれてケガをした。など

なお、自動車にかかわる被害事故の「自動車」とは、ご契約のお車だけでなく、タクシーやバス、友人の車など自動車全般をいい、原付・二輪自動車も含みます。
また、ご契約者、そのご家族については、お車に搭乗中だけでなく、ご自身が歩行中の場合の交通事故など、自動車にかかわる被害事故が対象となります。

  • (注) 自転車同士の事故や自転車と歩行者の事故、日常生活に関する事故は、自動車にかかわる被害事故ではないので、弁護士費用特約の対象にはなりません。

この補償の保険料は?

家族のためにも補償はしっかりとつけたい30代Aさんの場合 限度額300万円2,650円
娘さんも運転する50代Fさんの場合 限度額300万円2,650円
  • これらの保険料は一例です。

実際の契約を見てみよう

[弁護士費用特約の加入率]68.7%の方が弁護士費用特約を選んでいます。※当社内訳 2018年3月末時点

弁護士費用特約で保険金が支払われない主な場合
  • 被保険者の故意または重大な過失によって、その本人に生じた損害
  • 無免許運転、麻薬などの影響で正常な運転ができないおそれのある状態での運転、酒気を帯びた状態での運転によって、その本人に生じた損害
  • 闘争行為、自殺行為、犯罪行為によって、その本人に生じた損害
  • 被保険者が次のいずれかの方に損害賠償請求を行う場合
    • 記名被保険者およびそのご家族
    • 被保険者の父母、配偶者または子
    • ご契約のお車の所有者
  • 台風、洪水、高潮により発生した損害
  • 被保険者が所有、使用または管理する財物に存在する欠陥、摩滅、腐しょく、さびその他自然の消耗
  • 契約自動車の正規の乗車装置に搭乗していない場合や、極めて異常かつ危険な方法で自動車に搭乗中の場合
  • 日常生活の事故など、自動車にかかわる事故ではない場合

など

この補償がお役にたった例

補償選びの参考例

  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代

選ばれるのには、ワケがあります。おとなの自動車保険が選ばれる理由 第1位 保険料が安かったから 第2位 インターネット割引 1万円! 第3位 補償内容を自由に選べる 第4位 保険料の内訳が分かる 第5位 40代・50代にぴったり

ページトップへ