通販型には珍しい 車両新価特約 (オプションでご加入いただけます)

新車で購入されたお車が全損になった場合、または修理費が新車価格相当額の50%以上となりお車を再取得した場合に、ご契約のお車の新車価格相当額を限度に補償します。

新車価格相当額とは

新車価格相当額とは、車両新価特約の保険金額に当たるもので、当社が別に定める「自動車保険車両標準価格表」などに記載された、ご契約のお車と同一の用途・車種、車名、型式、仕様、初年度登録年月(または初年度検査年月)の自動車の新車の市場販売価格相当額をいいます。

  • 車両新価特約の保険金額は、車両保険の保険金額以上の金額を設定してください。
  • 保険始期の属する月が初度登録年月から25ヶ月以内の場合にセットできます。保険始期の属する月が初度登録年月から25ヶ月超の場合は「車両全損修理時特約」をご検討ください。

[登録1年目]保険金額(新価)200万円 [登録2年目]保険金額(時価)160万円 [登録3年目]保険金額(時価)130万円 新車価格相当額と時価との差を車両新価特約がカバーします。

このような事故のときにお役に立ちます。

事故例:Aさんの事故の場合

Aさんは110万円の軽自動車を新車で購入し、車両新価特約をセットして自動車保険に加入しました。
(新車価格相当額110万円)

ある日、Aさんは居眠りをして電柱に激突。車が破損してしまいました。
後日、自動車修理工場で修理見積りをとったところ、修理するには55万円かかると言われましたが・・・

1.車両新価特約をセットしている場合

Aさんの場合、修理代(55万円)が新車価格相当額(110万円)の50%以上となったため、110万円の新車に新たに買い替えることができました。

  • 車を買い替えない場合は、修理代金の55万円をお支払いします。
2.車両新価特約をセットしていない場合
修理代金の55万円をお支払いします。

[車両新価特約の加入率]7.9%の方が車両新価特約を選んでいます。※当社内訳 2016年3月末時点

この補償がお役にたった例

補償選びの参考例

  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代

選ばれるのには、ワケがあります。おとなの自動車保険が選ばれる理由 第1位 保険料が安かったから 第2位 インターネット割引 1万円! 第3位 補償内容を自由に選べる 第4位 保険料の内訳が分かる 第5位 40代・50代にぴったり

ページトップへ