等級制度について

どのような制度?

自動車保険は、前年契約の事故歴や事故内容、保険の使用回数に応じて、ご契約ごとに等級が設定されます。
等級には、それぞれ係数が設定されており、保険料の算出に使用されます。
事故がないと翌年の等級は1つ上がり、事故で使った場合、原則として、翌年は等級が下がります。
なお、等級は1等級から20等級まであります。(一部の共済などでは、上限が22等級など、運用が異なる会社もあるようです)

前年に事故を1回起こして保険を使った場合、原則として等級は3つ下がります。前年に事故がなければ等級は1つ上がります。

自動車保険業界全体で運用 損害保険料率算出機構登録している保険会社

事故の種類や形態によって、3等級ダウン事故、1等級ダウン事故、ノーカウント事故(等級がダウンしないもの)があり、事故の内容によって翌年の等級が決まります。

  • 「無事故」の係数が適用された等級と「事故有」の係数が適用された等級を比較した場合は、上記のイメージに該当しない場合があります。

初めて自動車保険を契約する場合の等級は?

初めてのご契約は6等級(S)からスタートします。

  • 一定の条件を満たす場合は、7等級(S)からスタートします。

等級制度 よくあるご質問

等級制度

等級制度について
自動車保険は、前年契約の事故歴や事故内容、保険の使用回数に応じて、ご契約ごとに等級が設定されます。...
事故の種類
事故で保険を使った場合、原則として翌年度のご契約で等級が3つ下がります(3等級ダウン事故が1回の場合)。...
「事故有」の係数と「無事故」の係数について
7等級以上の等級については、前年以前の契約の事故歴に応じて「事故有」の係数が適用されるご契約と、...
事故有係数の適用期間
「事故有」の係数が適用される残りの年数のことです(初めてご契約される場合は「0年」とします)。新契約の...

選ばれるのには、ワケがあります。おとなの自動車保険が選ばれる理由 第1位 保険料が安かったから 第2位 インターネット割引 1万円! 第3位 補償内容を自由に選べる 第4位 保険料の内訳が分かる 第5位 40代・50代にぴったり

ページトップへ