火災保険・自動車保険のセゾン自動車火災保険

セゾン自動車火災保険

コンプライアンス

法令遵守の体制

1.コンプライアンス基本方針(概要)

当社は、次に掲げる方針に基づき、コンプライアンス態勢を構築し、整備します。

(1)当社の経営陣・マネジメント層は、事業遂行にあたり、常にコンプライアンスが大前提であることを表明し続けるとともに、具体的な行動で率先垂範します。

(2)当社の役職員等は、法令等を厳格に遵守し、社会規範および企業倫理に準拠した適正な企業活動を遂行します。また、活動にあたっては、常に「SOMPOホールディングスグループ コンプライアンス行動規範」を基準として、自ら考え、判断し、行動します。

(3)当社は、お客さまに一層の安心・サービスを提供するために、適正な業務を継続して遂行できる態勢を構築します。

(4)当社は、業務の中で発生するさまざまなコンプライアンス上の課題を、組織として早期に発見・共有し、解決します。

2.コンプライアンス推進体制

取締役会の諮問機関として、社長を委員長とする「業務品質・コンプライアンス委員会」を設置しています。

また、「業務品質部」を統括部署として、法令等遵守に関する周知徹底や問題の把握およびその対応に努めるとともに、社内各部門においてはコンプライアンスに関する身近な相談役として「コンプライアンスアドバイザー(CA)」を配置しています。

コンプライアンス推進体制図

3.コンプライアンス推進方法

法令等遵守の企業風土醸成に向け、年度毎に具体的な活動計画を「コンプライアンス推進計画」として策定しています。

また、コンプライアンス推進月間を設定し、全社一斉にコンプライアンス課題への集中取組を実施することにより、社員意識の向上と問題点の解消など様々なコンプライアンス課題の解決に向けた具体的な取組を実施しています。また、計画的な研修や全ての役員および社員を対象としたコンプライアンステスト等の実施により、コンプライアンスに関する知識の向上を図るとともに、コンプライアンスの推進状況を確認し、より効果的な施策となるよう改善を図っています。

4.『コンプライアンス・マニュアル』等の作成

全ての役員および社員に対し、コンプライアンスに係わる遵守事項を実現するために、役員および社員の取るべき行動について解説した「コンプライアンス・マニュアル」を作成し配布しています。この冊子を各自が所持し、日常の行動規範とすることで、コンプライアンスに対する意識付けと自己学習の機会を提供しています。また、個人情報保護法等に対応したマニュアルも整備し実践に努めています。

5.コンプライアンスアドバイザー(CA)の任命

コンプライアンスを全社的に推進する目的で「コンプライアンスアドバイザー(以下CAという)」を部門ごとに任命しています。各CAが各社員の身近なところでコンプライアンスに関する相談の受付けやアドバイスを行うことにより、風通しの良い組織風土を醸成するとともに、社内におけるコンプライアンスの一層の推進・定着を図っています。

6.コンプライアンス・ホットライン(内部通報制度)の設置

万一、職場でコンプライアンス問題が発生した場合、本来は職場の共通認識のもとで解決すべきものですが、職場内では十分に問題解決が図れないことも想定されます。そのため、社内で早期に発見し解決する仕組みの一つとして、「コンプライアンス・ホットライン(内部通報制度)」を社内および社外に設けています。専用電話と専用のメールアドレスを用意し、コンプライアンスに関わる通報を受付けています。

ページトップへ