クルマ

車のバッテリーが上がってしまったらどうしたらいい?原因や対策、直し方をご紹介!

突然車のバッテリーが上がってしまったら……その時点で運転ができなくなってしまい、身動きがとれなくなってしまいます。
そんな困った事態にならないためにも、バッテリーが上がったときにどう対処すれば良いか、あらかじめ知っておくことが大切です。
ここでは、車(電気自動車・ハイブリッド車・プラグインハイブリッド車は除く)のバッテリーが上がってしまったときの症状から、その原因、対処法、予防法などまで幅広くご紹介します。

バッテリーが上がるとはどういう状態?

バッテリーが上がるとは、何らかの理由でバッテリーに蓄えられた電気が減少し、エンジンがかからなくなってしまった状態をいいます。
バッテリーは、ヘッドライトやブレーキランプ、エアコンやカーナビなど、自動車の中にあるさまざまな電子機器に電力を供給している装置です。
バッテリーによって動いている電子機器の中には、エンジンを始動する際に使用する「セルモーター(スターターモーター)」も含まれています。そのため、バッテリーが上がる=セルモーターを動かすことができず、エンジンを始動することができません。
バッテリーは自動車に欠かすことのできない装置と言えます。

バッテリーが上がってしまった時の症状

エンジンがかからない

普段はエンジンをスタートさせるとき、「キュルキュルキュル」というセルモーターの音がしてエンジンはかかります。しかし、バッテリーが上がってしまうと、モーターへ供給する電力が少なくなりセルモーターが動かなくなるのでエンジンはかからなくなります。


ライト・ランプが点かない

車のドアを開けると、自動で室内灯が点く仕組みになっていますが、これはバッテリーの電気を使っています。そのため、バッテリーが上がっていると電気が点きません。また、ヘッドライトやウインカーも同様に点かないことになります。


電装品が動かない

運転席にあるメーター類やパワーウィンドウ、パワーシート、ラジオ、オーディオなどの車内のすべての電気製品が動かなくなります。
また、完全にバッテリーが上がると、リモコンキーも作動しなくなるのでドアを開けられなくなる恐れもあります。


バッテリー上がりに似た症状

セルモーターの故障

室内灯やメーター類などの電装品は正常に点くけれど、セルモーターが作動せずエンジンがかからない場合、セルモーター自体が故障している可能性があります。


ガス欠

燃料タンクのガソリンが空になるとエンジンはかからないので、バッテリーが上がったときと似た症状になります。ガス欠の場合、バッテリーは生きているのでメーターや室内灯、セルモーターなどは正常に動作します。キュルキュルキュルとセルモーターが動くにもかかわらずエンジンがかからない場合は、ガス欠の可能性が高いでしょう。


シフトポジションの不具合

メーターやランプなどが正常に点灯してバッテリーは問題ないのに、エンジンキーを廻すかエンジンスイッチを押してもセルモーターが動かずエンジンがかからないときは、シフトレバーが正常にパーキング(P)に入っていないのが原因である可能性があります。改めてブレーキを踏み直し、シフトレバーをパーキングにした上でキーを廻すかボタンを押すとエンジンがかかります。


ステアリングロック

エンジンキーもしくはエンジンスイッチを押してもまったく反応がなく、ハンドルを左右に回そうとするとロックされて何かに当たっている感覚がある場合、盗難防止のためにステアリングを固定する機能である「ステアリングロック」がかかっている可能性があります。シフトレバーがパーキングに入っていることを確認して、ハンドルを左右どちらかに廻したままキーを廻すかスイッチを押すと、ロックが外れてエンジンをかけられるようになります。


バッテリーが上がる原因とは?

ヘッドライトを点けたままエンジンを切る

夜間走行の後、ヘッドライトをつけたままの状態でエンジンを切ると、バッテリーに充電されずに電気が消費されることになります。長時間その状態が続くと、バッテリーに貯められていた電気はなくなって、バッテリーが上がってしまいます。


半ドアで室内灯が点灯していた

閉めたつもりで閉まっていなかった「半ドア」。車はドアが開くと室内灯も点くようになっているので、半ドアのままだと室内灯も点きっぱなしになってバッテリーが上がってしまう原因になります。


エンジンをかけずにエアコンを使っていた

停車中、エンジンをかけずにエアコンを使っていると、バッテリーの電気をそのまま消費していることになります。その状態で長い時間エアコンをつけていれば、バッテリーは上がってしまいます。


ほとんど運転せず放置していたため自然放電した

車を運転しなくても、バッテリーからは少しずつ放電されています。日頃から車を走らせていれば、自然放電されても走行中に充電されるので問題はありません。しかし、久しぶりに運転しようと思ってエンジンをかけようとしてもバッテリーが上がってかからないことがあるのは、この自然放電による場合が多いでしょう。


バッテリーが古くなった

バッテリー自体が古くなると、普段エンジンを動かして頻繁に充電しているにもかかわらず蓄電しにくくなります。バッテリーの寿命は2~4年と言われていますが、環境や使い方によって変わってきます。3年を超えたら交換する時期が来ていると考えましょう。


バッテリーが上がってしまったときの直し方

ジャンピングスタートでエンジンを始動

バッテリーが上がってしまい、他の車から電気を分けてもらってエンジンをかけることを「ジャンピングスタート」と言います。
救援車(電気をわけてもらう車)のバッテリーに赤と黒の2本のブースターケーブルをつないで、エンジンをかけます。エンジンがかかったら、しばらくかけっぱなしにしてバッテリーにある程度充電されるのを待ちましょう。
※「ジャンピングスタート」時のバッテリーをつなぐ順番・場所はとても大切です。ブースターケーブルは以下の通りにつないでください(外すときは逆の順番で外します)。


  1. (1)赤のケーブルを上がったバッテリーのプラス端子につなぐ
  2. (2)赤のケーブルの反対側を救援車のバッテリーのプラス端子につなぐ
  3. (3)黒のケーブルを救援車のマイナス端子につなぐ
  4. (4)黒のケーブルの反対側をバッテリーが上がった車の金属部分(エンジンンやフレームなど)につなぐ。(バッテリーのマイナス端子にはつないではいけません。)

(ブースターケーブル)

ジャンプスターターを使用

「ジャンプスターター」というエンジンをかける小型バッテリーを使うことでエンジンをかける方法があります。
ジャンプスターターがあればジャンピングスタートのように救援車がいなくても自力でエンジンがかけられる優れもの。いざというときのために常備しておくことをおすすめします。


ロードサービスを呼ぶ

バッテリーが上がってしまってジャンピングスタートが必要な場合、JAFや保険会社のロードサービスに連絡しましょう。サービス会社によって異なりますが、一般的には電話やメールで連絡ができます。バッテリーが上がったときやその他のトラブルの対処に備えて、ロードサービスに加入しておくといざというときに安心です。


バッテリーを交換

バッテリーの寿命が原因で上がってしまったら交換が必要です。まだ自走できるようだったらカー用品店や修理業者でやってもらえば確実です。

バッテリー上がりは自然に回復する?

車のバッテリーは一度上がってしまうと、自然に回復することはありません。一度バッテリーが上がったら、なるべく早く新しいものに交換しましょう。
バッテリーが上がった車を放置すると、インパネ内のメーター類や室内灯、ヘッドライトなどが使えなくなるだけでなく、リモコンキーすら使えなくなって車内に入れなくなる恐れがあります。

バッテリー上がりを防ぐための対策

定期的に走行・アイドリングする

車はエンジンを動かすことでバッテリーに充電を行っているので、走ることによって充電されてバッテリーが上がることを防止できます。何もしない状態でもバッテリーからは自然放電されているため、車を走らせる頻度が低いと充電されず、上がってしまいます。車を走らせないまでも、定期的に30分程度エンジンをかければ充電されるので、バッテリー上がりの防止策になります。


定期的にバッテリー交換する

バッテリーは消耗品なので交換が必要です。2~4年程度で寿命になると言われていますが、環境や使い方によって大きく差が生じます。
バッテリーが上がってから交換することになると、ジャンピングスタートのための救援車のお願いをしたり、ロードサービスに来てもらったりすることになって、手間やコストがかかることになります。そういった負担を軽減することも、バッテリーを定期的に交換することで避けられます。


充電器で充電

定期的にエンジンをかけることでバッテリーに充電するのが一般的ですが、専用の充電器を使いバッテリーに充電することで、上がってしまうことを予防することもできます。


まとめ

バッテリーが上がるのを防ぐためには、いつ交換すれば良いかを把握しておくことが大切です。定期的にバッテリーを交換することで、突然上がって慌てる事態を回避できます。
その上で、いざというときに備えておく意味でロードアシスタンス特約に加入しておけば、安心してドライブを楽しめるでしょう。

「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/