クルマ

スピード違反で運転免許の点数はどのくらい引かれる?罰金や免許停止のラインも要チェック

気をつけているつもりでも、つい出しすぎてしまうスピード。その違反の罰則は、超過速度によって異なります。また、一般道か高速道路かによっても違いがあります。

ここでは、スピード違反の反則点数や点数が戻るまでの期間、またどれくらいのスピード違反で免許停止になるかなど、スピード違反に関わる情報を解説します。

ネット方保険初心者の方へまずはこちらをチェック!ネット方保険初心者の方へまずはこちらをチェック!

道路交通法におけるスピード違反とは

スピード違反の正式な交通違反名は「速度超過違反」といい、定められた速度を超過した場合に適用されます。交通違反のなかでももっとも取締り件数が多い違反であり、超過速度によっては刑事罰を受ける場合もあります。


「制限速度」と「法定速度」

道路交通法には、道路標識等に定められた最高速度と、政令で定められた最高速度の2種類の最高速度が存在し、これらは明確に異なるものです。道路標識等に定められた最高速度とは、いわゆる「制限速度(指定速度)」であり、標識等に書かれた速度が上限となります。

政令で定められた最高速度とは、道路と車両の種類ごとに定められた「法定速度」であり、速度制限標識がない道路において適用される上限速度です。一般道を走行する自動車の法定速度は60km/h(原動機付自転車は30km/h)、高速道路では100km/h(大型貨物やトレーラーは80km/h)と定められています。

ただし、速度制限標識がない道路であっても「道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」と道路交通法第70条で定められています。見通しの悪い住宅街などの道路を、危険と判断される速度で走行するなどした場合は、法定速度内であっても「安全運転義務違反(反則点数2点・反則金9.000円)」で処罰される可能性があります。


スピード違反で減点される点数は?


スピード違反には超過速度によって違反点数が定められており、より高い速度ほど厳罰が与えられます。また、運転免許の点数制度は累積方式であるため、わずかなスピード違反でも回数を重ねることで免許停止処分を受けることになります。まずは運転免許の点数制度について再確認しましょう。


運転免許の点数制度について

運転免許の点数制度は累積方式であり、過去3年以内の違反点数の累積が6点に達した時点で、30日の免許停止処分となります。超過速度によっては1回の違反で6点以上に達するため、いわゆる「一発免停」になりかねません。

免許停止処分を受けた場合は行政処分前歴として免許経歴に残り、処分前歴の回数が多いほど処分基準が引き下がります。

仮に、過去3年間に1回の行政処分前歴があった場合は、違反点数の累積が4点に達した時点で60日の免許停止処分が下され、過去3年間に2回の行政処分前歴があった場合は、2点の違反点数で90日の免許停止処分が下されます。運転免許の点数制度は、このような罰則によって違反の繰り返しを防ぐ仕組みとなっています。


一般道路でのスピード違反の点数

一般道路で反則点数6点に該当するのは30km/h超過の場合です。一般道路は道幅が狭く、速度が出しづらい環境ではあるものの、速度制限道路標識によって細かく速度指示がなされているため標識の見落としによって速度超過を起こしやすい傾向にあります。



高速道路でのスピード違反の点数

高速道路は速度超過しやすい環境であるため、一般道路に対して超過速度範囲が引き上げられています。一般道路では30km/h以上だった反則点数6点の超過速度が、高速道路では40km/h以上に引き上げられているのが大きな特徴です。



運転免許の点数が戻るのはいつ?

運転免許の違反累積点は、違反後1年間を無事故・無違反で過ごせば0点に戻ります。もし2点の違反を犯し、それから1年以内に再び2点の違反を犯した場合は、累積点数は4点になりますが、最初の違反から1年以上が経過していれば、累積点数は0点にリセットされているため累積点数は2点となります。

また、過去2年以上にわたって無事故・無違反だった場合に限り、3点以下の違反はその後3ヵ月間を無事故・無違反で過ごせば、反則点が0点に戻る特例措置もあります。30日間の免許停止処分を受けた人は、違反者講習を受けることでも累積点がリセットされます。

ただし、累積点数は消えたとしても違反歴は残っているため、ゴールド免許を取得するには最後の違反日から数えて5年間を無事故・無違反で過ごさなくてはなりません。


スピード違反の反則金と罰金について

スピード違反の反則金は、反則点数と同じように超過速度によって引き上げられます。
ただし、一定速度以上の違反を犯した場合は刑事処分に切り替わるため、その場合は罰金刑または懲役刑を受けることになります。


反則金と罰金の違い

反則金と罰金は、それぞれで納付する金額の取り決め方が大きく異なります。反則金は「交通反則通告制度」に基づく行政処分であり、道路交通の安全を脅かす危険がある比較的軽い違反に対して適用されます。これは軽微な交通違反の裁判手続きを簡略化するための制度であり、規定の反則金を納付すれば刑事罰を受けることはなく、前科も付きません。

それに対して、罰金は刑事処分の罰金刑のことであり、社会秩序を乱す恐れのある重い交通違反に適用されます。最終的な罰金額は裁判によって決定され、スピード違反の場合は10万円以下の支払い命令が下されるうえ前科が付きます。悪質である場合は6ヵ月以下の懲役刑が科せられる場合があります。

また、反則金を納付しない場合も、刑事罰として罰金刑および懲役刑が下されます。


スピード違反の反則金は?

スピード違反の反則金は、反則点数と同じように超過速度に応じて引き上がります。一般道路では9,000円〜18,000円、高速道路では9,000円〜35,000円です。速度が出やすい高速道路のほうが超過速度範囲は広く、反則金も高額になる特徴があります。



罰金の対象となる場合について

一般道路で30km/h以上の速度超過、高速道路で40km/h以上の速度超過を犯した場合は、反則金ではなく罰金刑の対象になります。罰金額は簡易裁判によって決定され、10万円を上限として定められた罰金の支払いが命じられます。

より詳細な罰金額は、超過速度や違反者の態度に応じて6万円〜8万円です。60km/h以上の超過では10万円の罰金額が科せられた例もあります。特に悪質な場合や、あまりに法定速度を逸脱した走行の場合は、正式裁判のうえ罰金刑ではなく懲役刑が科せられる場合もあります。


一発で免許停止や免許取り消しになることも



前述の通り、一般道路で30km/h以上の速度超過、および高速道路で40km/h以上の速度超過を犯した場合、1回で違反点数6点に達し、30日間の免許停止処分が下されます。また50km以上の速度超過では一般道路・高速道路ともに違反点数12点であり、90日間の免許停止処分となりますが、一発で免許取り消しになることはありません。

ただし、これは過去3年以上無事故・無違反であった場合の話です。もし過去3年以内に免許停止処分などの前歴がある場合は、それによって処罰基準が引き下がるため、一発で免許取り消しになる可能性もあります。


監修者(株式会社 日本交通事故鑑識研究所)コメント


スピード違反は超過速度が高いほど罰則が厳しくなります。それは、速度が高いほど車の操作が難しくなり、大事故につながる危険性が高まるからです。道路状況を大きく逸脱した速度超過に反則金ではなく罰金刑が科せられるのは、それだけ危険な行為であるためだと認識しましょう。また、点数制度の仕組みや超過速度と違反点数・反則金の関係から、速度に対する危険性をしっかりと認識しておくようにしましょう。

反則金を支払わないために安全速度を守るのではなく、他の車や歩行者の安心のために安全速度を守る。それが車を運転する際の正しい認識です。常に周囲への思いやりを心がけ、時間に余裕を持った行動で安全速度での運転を続けましょう。

監修:株式会社 日本交通事故鑑識研究所

「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/