クルマ

しっかり理解しておこう!自動車税・軽自動車税の支払いについて

自動車を所有している人なら、必ず支払わなければいけない自動車税。毎年何気なく支払っている人が多いと思いますが、その内容まで理解できている人は少ないのではないでしょうか。
今回はそんな自動車税・軽自動車税の支払いや仕組み、滞納した場合の支払い方法までを、くわしく解説していきます。

自動車税とは

自動車税とは、毎年4月1日時点での車検証上の自動車の所有者に対して、車検証に登録されている住所を管轄する都道府県が課する税金のことです。
車を持つすべての人に、くまなく課税されます。


自動車税の金額の仕組み

自動車税は、車の種類や排気量、購入時期によって金額が変わってきます。その金額の仕組みについて解説していきます。


普通車の場合

普通自動車にかかる自動車税は、車の排気量に応じ税額が定められています。
排気量ごとの税額は、以下を参照してください。
※2019年5月30日時点の情報です。
出典:経済産業省ホームページ 自動車関連税制(自動車重量税・自動車取得税・自動車税・軽自動車税)について

その他、車両の重量によって支払う自動車重量税、自動車を取得した際にかかる自動車所得税もあります。取得税は、自動車の購入代金が50万円以内であれば非課税です。

なお、2019年10月1日に予定されている消費税の10%への引き上げ時には自動車税率の引き下げ(恒久減税)が実施される予定で、排気量が小さい小型車ほど大きく減税されることになっています。


軽自動車の場合

軽自動車に掛かる税金は、一律で10,800円です(自家用車の場合)。
※2019年5月30日時点の情報です。


年度の途中で購入した場合

自動車税は、年度の途中で購入した場合、購入月の翌月からその年度末の3月分までの月割りの税金を前もって支払うことになります。ただし、軽自動車の場合は月割り制度がないので、購入年度に軽自動車税を支払う必要はありません。


自動車税・軽自動車税の納付期限

次に、自動車税と軽自動車税の納付期限について解説します。

自動車税の納付期限は、普通自動車・軽自動車ともに、原則として納付期限は5月31日です。ただし、5月31日が土日祝などにあたる場合は、6月上旬まで延長が可能です(例外的に青森県と秋田県のみ、6月末が納付期限になります)。
出典:
東京都主税局 自動車税(納める時期と方法について)
青森県庁ウェブサイト 自動車税(納税手続きについて)
美の国あきたネット(自動車税の納付について)


納税通知書はいつ届く?

自動車税の納税通知書が届くのは5月初め頃となります。郵便にて、封筒に入った状態で届きますので、その時期になったら注意しておくようにしましょう。
出典:東京都主税局 自動車税(納める時期と方法について)


自動車税の支払い方法

自動車税の支払い方法には、いくつかの種類があります。それらの支払い方法について解説します。
出典:東京都主税局 税金の支払いについて


現金支払い

現金支払いの場合には、郵送で届いた納付書を使って支払いを行います。納付書を各窓口やコンビニエンスストアのレジに提出するだけで支払いができる、最もシンプルで簡単な支払い方法です。
そのため、現金支払いで納付する人は多くいらっしゃるのではないかと思います。

納付書での支払いが可能な場所は、銀行・信託銀行・信用金庫などの各金融機関、郵便局やゆうちょ銀行、コンビニや県税事務所などが挙げられます。納付可能な場所については、納付書の裏面などにも記載があるので、確認してみましょう。


口座振替

自動車税の口座振替は、預金口座からの自動引き落としによる納付となります。手数料がかからず、納付期限内に自動で引き落とされるため、納付し忘れる心配のない支払い方法です。

口座振替をするためには、事前に役所や銀行での申し込み手続きが必要です。その際には、預金通帳や口座届け出印などが必要となります。


ペイジーを利用する

自動車税はペイジーでの支払いにも対応しています。ネット銀行やATMからの支払いが可能で、手数料も不要です。

ネット銀行のアプリからログインして支払いができますので、スマートフォンがあればいつでもどこでも納付が可能なのが魅力。今後利用者が増加していくことが予想されます。


クレジットカード決済

クレジットカード決済での納付も可能です。主要クレジット会社はすべて対応しており、東京都ではペイジーと同じくパソコンやスマートフォンからの支払いもできます。

クレジットカードで自動車税を納付する際にはクレジットカードの決済手数料が別途必要になりますので、そちらを理解した上で納付するようにしましょう。


自動車税の滞納について

もしうっかり忘れてしまったり、家計の問題があったりして自動車税を滞納してしまったら、いったいどうなるのでしょうか。


滞納した時のリスク

自動車税を滞納した場合には、まず延滞金の発生・コンビニ支払いの停止などのペナルティーがあります。その状態でさらに延滞が続くと、車検が通らなかったり、資産が差し押さえられたりするなどのリスクがあります。

それらのリスクについて、項目ごとに紹介します。
(※2019年7月時点での情報です。)


1) 延滞金の発生

自動車税を滞納すると、延滞金が発生します。1ヶ月までの滞納であれば納付額の2.6%が加算されますが、2ヶ月以上になると一気に8.9%に引き上がります。

なお、延滞金は1,000円未満は切り捨てとなり、999円までは延滞金はかかりません。また、1,000円以上は100円未満が切り捨てになります。たとえば自動車税の納付金額が29,500円で、年8.9%の延滞金が加算された場合、延滞金が1,000円を超えるのは11月以降ということになります。
出典:東京都主税局 税金の支払いについて


2) コンビニ支払いができなくなる

自動車税を滞納した場合、一定期間を過ぎるとコンビニでの支払いができなくなる場合があります。支払う際には、各金融機関や税務所、各市町村の税務課の窓口まで出向かなければいけません。
出典:東京都主税局 税金一般Q&A「Q12 納期限を過ぎてしまった税金はどこで払えばよいか。」


3) 車検が通らない

滞納している納付期限日から2ヶ月を超えると、車検の有効期間が更新できず、その状態で運転すると「無車検運行」となってします。無車検での走行は道路交通法違反に当たる行為ですので、免許の取り消しや処罰の対象にもなります。
出典:電子政府の総合窓口(e-Gov)道路運送車両法(施行日: 平成二十九年六月十五日)


4) 資産の差し押さえ

自動車税を滞納し、延滞金が加算された納付書が届いた以降も支払わないままでいると、財産の差し押さえ通知が届き、給与や銀行口座の差し押さえが行われます。

給与の差し押さえの際には勤務先の会社に通知が届きますので、会社の同僚や社長にまで自動車税を滞納していることがわかってしまうなど、信用を大きく損なうことにつながってしまいます。
出典:千葉県ホームページ 自動車税の滞納整理を強化しています!~滞納は絶対に見逃さない!~


自動車税を滞納した場合の支払い方法

自動車税を滞納した際の支払いは、納付期限内・納付期限外・催促状が届いた場合で異なってきます。それらの支払い方法について解説をしていきます。


納付期限内の場合

自動車税を滞納した際の支払いを納付期限内に行う場合は、納付書にコンビニでの取り扱い期限が記載されていますので、その期限内に支払えば問題ありません。


納付期限を過ぎた場合

支払いの納付期限を過ぎた後は、納付書に書かれている連絡先に連絡をして、納付書の再送をしてもらうのが一般的です。

ただし、対応は各市町村によって異なる場合があります。再送が難しい場合には直接出向いての支払いとなりますので、電話で事前に確認することをおすすめします。


催促状が届いた場合

催促状が届いた後に行う方法もあります。この督促状は、納付期限日を過ぎてから合計で3回届きます。

1回目の督促状(催促状)の場合には、延滞金の1,000円未満が切り捨てることになっていますので、延滞金の支払いは発生しません。しかし、2回目の督促状では延滞金が1,000円を超えていますので、督促状に書かれた方法に従って支払いに行きましょう。

3回目の督促状が来ても支払いを怠った場合には、差押通知書が送付され、給与などを差し押さえられてしまいますので、それまでには必ず支払いを済ませておくようにしましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

自動車の納付期限は原則として納付期限は5月31日です。どれだけ多忙であっても滞納をせず、納付期限までに納付することをおすすめします。現在はスマートフォンからの支払いも可能となるなど、支払いを忘れることがない決済方法も整っていますので、ぜひ利用してみてください。
万が一にも滞納をした場合には、延滞金の発生や財産の差し押さえにまで発展するなど、多大なリスクがあることをしっかり認識し、安心して車を運転できる環境を税金の面からも整えておきましょう。

■「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/