クルマ

原付で二段階右折する際の注意点からルールまで詳しく紹介!

原付一種は簡単に免許が取得できる便利なバイクです。しかし、二段階右折という独特の交通ルールが存在し、他のバイクとは違った運転知識が求められます。

本記事では、原付一種における二段階右折のルールと注意点を詳しく解説します。

ネット方保険初心者の方へまずはこちらをチェック!ネット方保険初心者の方へまずはこちらをチェック!

二段階右折とは?

二段階右折とは、交通量が多い片側3車線以上の交差点を右折する際に、二度の信号指示に従って安全に右折する方法です。

二段階右折には、危険が伴う多車線道路での対面右折(小回り右折)を避け、比較的安全な左側の直進走行だけで右折できるメリットがあります。ただし、二段階右折が義務付けられているのは低速走行を余儀なくされる一部の小型車両のみです。

該当する車両は、二段階右折禁止標識がない限り、右折車線を含む3車線以上の交差点を右折する際には必ず二段階右折をしなくてはいけません。


二段階右折が求められる車種とは


二段階右折が義務付けられている車種は、排気量50cc以下および定格出力0.6kW以下の「原動機付自転車(原付一種)」と、自転車やリヤカーなどの「軽車両に分類される原動機を持たない車種」です。それ以外の車両で二段階右折を行うと他車の交通を妨げる恐れがあるため、交差点右左折方法違反に問われます。


二段階右折が必要な理由は?

原付一種等の二段階右折義務は、多車線道路での事故を防止するための措置です。法定速度が30km/hに定められている原付一種バイクが右折のために追越車線に侵入すると、60km/hで走行する自動車等との大きな速度差により接触事故を起こす危険性が高まります。そのため、原付一種バイクは指示がない限り道路の左端を走行するように義務付けられています。

二段階右折をすることで、原付一種バイクは常に左車線を走行したまま右折できるため、そのぶん自動車等と接触する機会を減らすことができます。ただし、交差点によっては二段階右折をするほうが事故のリスクが高まってしまう場合があるため、特定の交差点に限り標識によって二段階右折が禁止されています。


二段階右折の方法


次に、二段階右折の具体的な方法を解説します。


一般的な十字路の場合

十字路での二段階右折は、右ウィンカーを出したまま道路の左端を直進し、交差する道路の左端の安全な場所で方向転換をしたら、ウィンカーを消して待機します。対面した信号が青に変わり直進すれば二段階右折は完了です。交差している道路の左端が左折専用車線の場合は、左折車の交通を妨げないように直進車線上で待機します。


T字路の場合

T字路は進入方向によって二段階右折の方法がやや異なります。


直進が突き当りの方向から進入するT字路の場合

直進が突き当りになっている方向からT字路に進入する際の二段階右折は、十字路と同様に右ウィンカーを出したまま直進します。突き当りで方向転換をしてウィンカーを消し、信号が青になるまで待機します。


直進と右折に分かれる方向から進入するT字路の場合

直進と右折に分かれる方向から進入する場合、二段階右折が必要なT字路には、原則として左側に二段階右折用の待機所が用意されています。右ウィンカーを出しながら待機所に進入し、ウィンカーを消して二段階右折車両専用の信号が青になるまで待機します。

待機所がない場合は、3車線以上であっても原則として二段階右折禁止になっています。もし待機所がなく、二段階右折禁止標識もないT字路に遭遇した場合は、直進する車を妨げる恐れや接触する危険を避けるため、右折を諦めるのが賢明です。


左折専用レーンがある場合

左端の車線が左折専用車線になっている場合でも、直進車線ではなく左折専用車線を、右ウィンカーを出したまま直進するのが正しい二段階右折です。直進する際は、確実に右ウィンカーを出して二段階右折をすることを後続車に伝え、左折車に巻き込まれないように注意しましょう。

ただし、交差点の信号が左折矢印信号であった場合は直進してはいけません。その場合は二段階右折であっても信号無視として取締り対象になるため、青信号もしくは直進矢印信号になるまで路肩の安全な場所に待機してから二段階右折を行います。


二段階右折をしなくて良い例外



片側3車線以上の交差点であっても、以下の要件に該当する場合は二段階右折をする必要はありません。


交通ルール

二段階右折禁止標識がある場合は、右折車線に進入し車と同じように小回り右折をしなくてはなりません。また、片側3車線以上の交差点であっても信号機がなく、手信号での交通整理も行われていない交差点では二段階右折の必要はありません。


車種

同じ原動機付自転車でも排気量51cc以上125cc以下および定格出力0.61kW以上1.0kW以下に該当する原付二種バイクは、普通自動二輪と同じ交通ルールが適用されるため、二段階右折の義務はありません。


違反時に受ける罰則


二段階右折義務を怠った場合もしくは二段階右折禁止標識に従わなかった場合には、どちらも交差点右左折方法違反として処罰され、反則点数1点と3,000円の反則金が科せられます。


監修者(株式会社 日本交通事故鑑識研究所)コメント


どんな交通事故もあってはならないものですが、特にバイクと車の右直事故は悲惨を極めます。車の運転手は鉄の箱に覆われている状態ですが、バイクの運転手は身体がむき出しの状態です。右折時にぶつかってしまったら、バイク側はひとたまりもありません。

そんな悲惨な事故を少しでも減らすために、二段階右折のルールは存在しています。「つい確認するのを忘れてしまった」などということがないよう、原付一種バイクで右折車線を含む3車線以上の交差点に差し掛かる前には標識確認をする癖をつけましょう。

どのように二段階右折をしたらよいかわからない複雑な交差点や危険と判断される交差点では、あえて二段階右折を諦める判断や、バイクを降りて歩道を押して歩く判断も必要です。エンジンを停止させればバイクは歩行者と同じく歩道や横断歩道を通行することができます。柔軟な対応で、より安全・確実な運転を心がけましょう。

監修:株式会社日本交通事故鑑識研究所

「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/