火災保険の基礎知識「建物」・「家財」ってナニ?

火災保険の「建物」ってナニ?

火災保険は、火事で燃えてしまった場合などに建物の損害額を補償していますが、では、「建物」とはどこまでを指すのでしょう?

住まい用の建物を対象に補償する「じぶんでえらべる火災保険」は、建物本体だけでなく、その建物の門や塀、物置や車庫などの付属建物も、「建物」として補償の対象に含みます。
自動車の衝突などで塀が壊されてしまった場合などでも、「建物」にご加入いただいていれば、修理費などの損害に対して保険金をお支払いすることができます。(「物体の衝突」の補償をえらばれた場合)

参考 「じぶんでえらべる火災保険」の「建物」の範囲(一戸建ての場合)
畳、ふすまなどの建具 「建物」に含まれます(※1)
付属のエレベーター・リフト 「建物」に含まれます(※1)
建物に取り付けてあるエアコン 「建物」に含まれます(※1)
浴槽、流し台、ガス台、調理台などで建物に取り付けてある物 「建物」に含まれます(※1)
門、塀、垣 「建物」に含まれます(※1)
建物付属の物置や車庫 「建物」に含まれます(※1)
建物の基礎部分 「建物」に含まれます。
建物に固定してあるTVアンテナ 「建物」に含まれます(※1)
庭木 「建物」には含まれません。
同じ敷地内にある別の建物 「建物」に含まれません。
(別に火災保険に加入する必要があります。)

※所有者が、建物本体の所有者と同じ場合。

「家財」ってナニ?

火災保険では、家具や衣服などの日常生活に使用している動産を「家財」として扱い、お店や事務所で使用する「什器」や、小売店・倉庫にある「商品」などと区別しています。

「じぶんでえらべる火災保険」では、建物の中に収容している「家財」を対象としています。
また、外出中にバッグや洋服が被害にあったとき(「家財」を建物の外に持ち出しているとき)は補償の対象となりません。
「1個1組が30万円を超える貴金属、宝石、美術品など」は、「高額な貴金属、美術品等の補償」をセットしている場合に補償の対象となります。
なお、「家財」に「盗難」の補償をセットしている場合には、通貨・預貯金証書などの盗難による被害を一定額の範囲で補償しています。

参考 「じぶんでえらべる火災保険」の「家財」の範囲
建物に収容している家具・衣服等の日常生活に用いる動産 「家財」に含まれます。
業務に使用する動産(什器、商品など) 「家財」に含まれません。
建物の外に持ち出している「家財」 「家財」に含まれません。
自動車(排気量が125cc以下の原動機自転車を除きます。) 「家財」に含まれません。
1個1組が30万円を超える貴金属、宝石、美術品など 「高額な貴金属、美術品等の補償」をセットしている場合に補償されます。
(1個1組あたり30万円、1事故あたり100万円限度)
通貨、預貯金証書、切手、印紙、乗車券など 「盗難」の補償をセットしている場合には、一定額の範囲内で補償されます。
有価証券、プリペイドカード、電子マネーなど 「家財」に含まれません。
帳簿、証書、設計書、稿本、模型など
動物、植物などの生き物
データ、ソフトウェア、プログラムなど

今すぐ1分カンタンWEB見積りをする

  • みんながえらぶ3大理由 1.自由に補償をえらべる 2.時価でなく新価でお支払い 3.家財の保険金額もえらべる もっと見る

取り上げてほしいテーマ、ご意見・ご感想をお聞かせください。

「えらび方のコツ」は皆様のもっと知りたいことを取り上げてまいります。「ここが分かりにくかった」「もっとこういうテーマについて掲載してほしいなど」、ご意見・ご感想をお待ちしております。

ご意見・ご感想

ページトップへ