保険

自動車保険の免責金額とは?金額設定のポイントを紹介!

車両保険に加入するとき、必ず設定するのが「自己負担額(免責金額)」です。
ここでは自己負担額がどういうものなのか、また自己負担額を設定する際の考え方についてご説明します。

車両保険の自己負担額とは?


車両保険は、ご契約のお車が損害を被った場合に、修理費用などをお支払いする保険です。自己負担額は、その中でお客さまご自身が負担する金額のことを指します。
保険会社は、保険金の支払いの際に修理費用から自己負担額を差し引いて支払いをします。
例えば、ご契約のお車の修理費用が30万円の場合、自己負担額を5万円に設定していたら、お支払いする保険金は【30万円(修理費用)-5万円(自己負担額)=25万円】で25万円となります。つまり、5万円をお客さまご自身が負担するということです。

自己負担額が選べるメリットとは?

自己負担額は、複数のパターンからお客さまご自身が選んで設定することができます。
自己負担額を高く設定すると、車両保険の支払いを受ける際にお客さまの負担額が増えますが、保険料を安く抑えることができます。つまり、自己負担額の選択により保険料を調整できることがメリットです。
ただし、車両保険の支払いを受ける場合、ご自身で負担する金額が発生することになります。また、もし損害額が自己負担額を下回る場合には保険金は支払われません。事故が起きた際、自己負担額分を家計でカバーできるかどうか考慮した上で検討するとよいでしょう。

どうやって選ぶ? 自己負担額の種類や保険料の関係性について

自己負担額の設定には、定額方式と増額方式があります。
定額方式は、保険期間中、事故回数にかかわらず一定額の自己負担額を設定する方式です。増額方式は保険期間中の1回目の事故の自己負担額が5万円、2回目以降は10万円というように、2回目以降の事故の自己負担額を1回目の事故の自己負担額より高く設定する方式です。
おとなの自動車保険では、自己負担額(免責金額)を下記の7パターンからお選びいただくことができます。


おとなの自動車保険では、AパターンやBパターンを選択されることで、自己負担をなくすことができます。

事故によっては自己負担が発生しない場合も…

自己負担額を設定していても、事故の内容によっては自己負担が発生しない場合があります。


パターン1.お車同士の事故で、相手方から支払いがある場合

例えば、自己負担額(免責金額)を10万円に設定していたお客さまが、交差点でお車同士の事故に遭い、ご契約のお車に100万円の損害が発生し、過失の割合がお客さま70%、相手方30%だったとします。
お客さまの損害額100万円のうち30%(30万円)は相手方から賠償され、残りの70万円はお客さまの車両保険で支払われることになります。この場合、自己負担額を10万円に設定していても、相手方からの賠償を優先的に自己負担額に充当するため、実際の自己負担額は0円になります。

つまり、相手方から自己負担額を超える支払いを受ける場合は、実質的に自己負担がなくなるのです。


パターン2.全損の場合

全損とは、ご契約車両の損害が車両保険金額以上になる場合をいいます。例えば、車両保険金額が50万円で修理代が60万円の場合、修理可能であっても全損扱いになります。また修理をしても走行できないと判断されたり、物理的に修理ができない盗難も全損に含まれます。この場合も自己負担が発生しません。


まとめ

自己負担額を設定する時のポイントは、「自分にとって無理のない負担金額であるかどうか」です。自己負担額を高く設定すると月々の保険料が安くなりますが、万が一の事故の際に、ご自身が負担できる金額であることが大切です。

無理のない自己負担額をよくご検討の上お選びください。

■「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/