季節の特集

ドライブ

【武蔵野・多摩・あきる野】晴れた休日、東京郊外にドライブへ行くならここ!おすすめドライブスポット

肌寒い季節はインドアで過ごす日が増えがちですが、ちょっと郊外まで足を延ばすと、まだまだ楽しめるアウトドアアクティビティがたくさんあります。今回は、秋におすすめの郊外のドライブスポットをご紹介します。

【武蔵野市・三鷹市】井の頭恩賜公園

井の頭恩賜公園は、三鷹市と武蔵野市にまたがる日本で最初にできた郊外公園です。園内中央の「井の頭池」を中心に、東側には神田川、西側には井の頭自然文化園や運動場、三鷹の森ジブリ美術館などがあり、春には花見の名所、秋には紅葉スポットとして、子どもから大人まで幅広い世代が訪れます。
園内には本格的なタイ料理店や、クレープが食べられるカフェがあったり、一歩公園の外へ出ると、吉祥寺駅へ向かう商店街のなかで各国のグルメを堪能したりすることも。また、土・日・祝日には池のまわりで「井の頭公園アートマーケッツ」が開かれ、パフォーマンスや手作り品などの販売も行われ多くの人で賑わいます。
そんな井の頭恩賜公園までのドライブには、甲州街道を通るルートがおすすめです。甲州街道といえば、八王子ICから15分の場所にある甲州街道追分町交差点から高尾駅北口前までの約4kmにわたる「甲州街道いちょう並木」が有名ですが、実は、新宿から立川までいく甲州街道沿いの街路樹も、小規模ながらいちょう並木が続いているので、紅葉を見ながらのドライブが楽しめます。

井の頭恩賜公園
住所
武蔵野市〜三鷹市にかけて(武蔵野市御殿山1丁目、武蔵野市吉祥寺南町1丁目、三鷹市井の頭3〜5丁目、三鷹市下連雀1丁目、牟礼四丁目)
入園料
無料(一部有料施設有り)
駐車場
あり(井の頭恩賜公園第一駐車場・24時間営業/井の頭恩賜公園第二駐車場・入庫は8:00-19:00、出庫21時まで)
駐車料金
1時間まで400円、以降30分ごとに200円(2,000円以上の高額紙幣不可)※第二駐車場は右折入庫不可
井の頭恩賜公園案内所 電話番号
0422-47-6900
Webサイト
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index044.html

【東京・山梨】奥多摩湖

新宿から車で約2時間の場所にある奥多摩湖は、小河内ダムでせき止めてできた人造湖。東京都内とは思えない豊かな自然に囲まれ、周辺にはキャンプ場やアクティビティ施設なども多く、一年を通して人気のレジャースポットとなっています。
奥多摩湖で人気のスポットといえば通称「ドラム缶橋」と呼ばれる2つの橋。湖上に浮かんでいるため、橋を渡ろうとするとグラグラ揺れてエキサイティングです。また、のんびり落ち着いて過ごしたい人には、約12kmにわたって続く遊歩道「奥多摩湖いこいの路」での散策もオススメです。
奥多摩駅からはバスも出ていますが、湖周辺の駐車場には奥多摩湖の全景が眺められるスポットがいくつもあります。自由度の高い、湖周遊でしか味わえない体験もあるので、ぜひマイカーでのドライブをお楽しみください。

奥多摩湖
住所
東京都西多摩郡奥多摩町原(圏央道日の出ICまたは青梅ICより約32km)
駐車場
有り(無料)・大麦代駐車場/水根駐車場/奥多摩水と緑のふれあい館駐車場/小河内ダム駐車場など
一般社団法人奥多摩観光協会 電話番号
0428-83-2152
Webサイト
http://www.okutama.gr.jp/spot.php

【西多摩郡】日原(にっぱら)鍾乳洞

日原(にっぱら)鍾乳洞は、東京都の天然記念物に指定されている、全長800mに及ぶ関東随一の鍾乳洞です。なかに一歩足を踏み入れるとそこは別世界。石灰質を含んだ水が途方も無い年月をかけて滴り落ちることでできた石筍(せきじゅん)、天井からつららのように垂れ下がる鍾乳石、水を張った瓶に雫が落ちて美しい水音が響く水琴窟など、自然が生み出す造形物が次々とあらわれます。なかでも「死出の山」は、そこだけ赤や青にライトアップされていて幻想的な空間となっています。
そんな日原鍾乳洞を満喫したあとは、都会にはないゆったりとした時間が流れる、周辺カフェでの食事はいかがですか? 日原鍾乳洞周辺にはおいしいハンバーグカフェや蕎麦などを食べられるスポットがあり、常時11℃という鍾乳洞でちょっぴり冷えた体を温めてくれます。

日原(にっぱら)鍾乳洞
住所
東京都西多摩郡奥多摩町日原1052(圏央道日の出ICより国道411号線から約60分)
駐車場
あり(但し、土日・祝日・GW期間中・夏季などの混雑時は有料。3時間まで500円)
営業時間
4/1〜11/30まで8:00-17:00、12/1〜3/31まで8:30-16:30(12/30〜1/3までの年末年始は休業)
入場料
大人(高校生以上)700円、中学生500円、小学生400円
日原鍾乳洞 電話番号
0428-83-8491
Webサイト
http://www.nippara.com/nippara/syounyuudou/syounyuudou.html

【西多摩郡】東京都 檜原都民の森

奥多摩三山の最高峰である三頭山の中腹にある「檜(ひの)原(はら)都民の森」は、子どもから上級者まで楽しめるハイキングコースのある広大な森林施設です。もより駅である武蔵五日市市からはバスで75分の場所に位置しており、本数も少ないためマイカーで行くのが便利です。
標高1,000m地点にあるスタート地点からは、片道20分のコースから本格的ハイカー向け片道2〜3時間コースまで、全5コースがあります。なかでも2007年にできた「大滝の路」は全長1km(片道20分)の初心者向けコースですが、2007年に東京都内ではじめて「森林セラピーロード」に認定され、森林浴によるストレス解消や健康促進が期待できます。地面には足にやさしいウッドチップが敷き詰められ、終点には落差35mの三頭大滝があるなど、バラエティに富んだハイキングを満喫できます。

東京都 檜原都民の森
住所
東京都西多摩郡檜原村7146(中央自動車道上野原ICより甲武トンネル経由で45分、圏央道日の出ICより五日市街道経由で60分)
駐車場
あり(無料)
施設利用時間
11/16〜3/15 9:30-16:00
3/16〜7/20,9/1〜11/15 9:30-16:30
7/21〜8/31 9:30-17:30
休館日
月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29〜1/3)
※GW、夏休み期間、紅葉シーズンは無休
東京都檜原都民の森 管理事務所 電話番号
042-598-6006
Webサイト
https://www.hinohara-mori.jp/

【あきる野市】秋川渓谷

秋川渓谷とは、東京都檜原村からあきる野市にわたって延びる、秋川沿い約20kmのエリアを指します。美しい水質を誇るヒーリングスポットとしても知られていて、春には紫ツツジや桜、11月下旬から12月の初旬までは都内有数の紅葉を見に多くの人が訪れます。
そんな秋川渓谷での過ごし方はバラエティ豊か。大自然を満喫するウォーキングやトレッキング、「秋川橋河川公園バーベキューランド」「十里木ランド」でのBBQ、コテージやテント、バンガローでの宿泊のほか、秋川国際マス釣場での「マス釣り」、大岳鍾乳洞の探索、秋川渓谷をつなぐ「石舟橋」、「秋川渓谷 瀬音の湯」でゆったりと浸かる温泉などを堪能できます。
自分だけの秋川渓谷の楽しみ方を見つけて毎年訪れたくなる、魅力的なドライブスポットです。

秋川渓谷
住所
東京都あきる野市十里周辺
駐車場
小中野川沿い日止め駐車場(普通車1,000円)など
あきる野市観光協会 電話番号
042-596-0514
Webサイト
http://www.akirunokanko.com/

まとめ

いかがでしたか? 11月以降の東京郊外は都心よりも肌寒くなることが予想されます。特に山の天気は変わりやすく、カッパやウィンドブレーカーなどを持参されると安心です。とはいえ秋は過ごしやすい季節ですので、ウィンドウを開け放つ快適なドライブをお楽しみください。

自動車を愛する全ての人たちが、
もっと安全に、もっと安心してドライブできるように。

日本の自動車保険制度はその複雑さから、世界一難しいと言われています。
そんな自動車保険に関するお客様の様々なギモンを、より分かりやすく、
お客様に寄り添った形でお届けしていきます。