クルマ

ゼブラゾーン(導流帯)とは?走行時のルールや注意点について

交差点の右折レーンの手前や斜線減少箇所など、道路上に白い斜線が引かれているゾーンを見たことがあるかと思います。この範囲で車線変更を行うことは正しい運転と言えるか言えないか。あなたはどちらが正しいかご存じですか?

ゼブラゾーンは、ドライバーによって走行上の認識が異なるグレーゾーンでもあります。ここでは、ゼブラゾーンに関わる正しい交通ルールや注意点などを解説します。

マンガで納得!ダイレクト型保険のこと知ってる?マンガで納得!ダイレクト型保険のこと知ってる?

1. ゼブラゾーン(導流帯)とは


道路の交差点手前に多く見られる白色縞模様の部分は「導流帯」といい、円滑な走行を誘導するために設けられています。その見た目から「ゼブラゾーン」とも呼ばれます。

セブラゾーンは、多車線道路の交差点や広すぎる道路、複雑な形状をした道路での走路ガイドとしての役割や、車線数が減少する手前など交通事故が起きやすい場所において事故を防ぐ役割、円滑な走行を誘導する役割を果たしています。


2. ゼブラゾーン(導流帯)の交通ルール

では、ゼブラゾーン上を走行したり駐停車したりすることは可能なのでしょうか。正しい交通ルールを見ていきましょう。


2.1. ゼブラゾーンは走行可能


ゼブラゾーンは走行禁止ではないため、通行しても罰則はありません。ただし、あくまで走行を「誘導」するためのものであり、車の走行を想定してはいないため、事故の危険性が高まります。後ほど、実際に起こりうる事故について紹介します。


2.2. ゼブラゾーンでの駐車や停車は違反?


ゼブラゾーン上で駐車や停車をしても罰則はありません。しかし、ゼブラゾーンは交差点手前や交通量の多い道路など安全な交通を妨げる可能性がある場所に設置されているため、やむを得ない場合を除き駐車は避けましょう。


3. ゼブラゾーン(導流帯)走行中に起こりうる事故

ゼブラゾーンで起こりやすい事故は、ゼブラゾーンの表示に従って車線変更した車と、ゼブラゾーンを無視して走行する車との接触事故です。これはゼブラゾーンに対する認識の違いによって起こる事故だと言えるでしょう。

また、道路上の白線は滑りやすい特性があります。そのため、雨や雪、凍結時などにおける走行ではスリップ事故を招く恐れがあります。

さらに、ゼブラゾーンの端の方はほとんど走行されることがない場所であり、道路上のごみなどが堆積しやすくなっています。砂などによって滑りやすい場合がある上、釘や金属片のようなタイヤをパンクさせる鋭利なものが落下している可能性もあります。


4. ゼブラゾーン(導流帯)に似ている路面標示

道路上にはゼブラゾーンに似た標示がいくつかありますが、それぞれ異なる意味を持ち、交通ルールも異なります。


4.1. 立ち入り禁止部分



ゼブラゾーンと同じく白の斜線でも、周囲が黄色の実線で囲まれている場所は「立ち入り禁止部分」といい、通行・進入・駐停車が禁止されている場所です。見通しの悪いカーブや、事故が起こりやすい場所に設置されています。


4.2. 安全地帯



黄色と白色の実線で囲まれた部分は「安全地帯」であり、車の侵入が認められていません。また、安全地帯に歩行者がいる場合は徐行することが義務づけられています。安全地帯は、路面電車の停留所や幅の広い横断歩道の中間地点などに設置されています。


4.3. 停止禁止部分



警察署や消防署、バスターミナルの前などにある白色の短い斜線を実線で囲んだ区画は「停止禁止部分」であり、緊急車両の通行を確保するための区画です。停止禁止部分への通行は許可されていますが、区画内での停車は禁じられています。


5. ゼブラゾーン(導流帯)を直進してくる車には注意が必要



ゼブラゾーンは走行禁止ではないものの、走行に適した場所ではないことから、ゼブラゾーン上での事故では過失割合(事故時の責任割合)に修正が加えられる場合があります。特に起こりがちなのが、交差点手前でゼブラゾーンに従って車線変更した車と、ゼブラゾーンを直進してくる車との接触事故です。

この場合の事故はゼブラゾーンを走行している車の過失割合が10〜20%ほど引き上がる傾向にありますが、多くの場合ゼブラゾーンにしっかりと従った車線変更車のほうが高い過失割合になってしまいます。ゼブラゾーンのある交差点で車線変更をする際は、ゼブラゾーンを走行する車がいることを理解した上で、入念な後方確認が必要です。


6. 監修者(株式会社 日本交通事故鑑識研究所)コメント

ゼブラゾーンは通行禁止のゾーンだと思っているドライバーの方も少なくないと思いますが、実際には走行が可能です。しかし、そもそも道路上の危険を避ける意図で設置されたものであることを考えれば、なるべく走行を避けるべきゾーンであることは間違いないでしょう。

しかし、本文中にもある通り、交差点付近での車線変更事故では多くの場合、ゼブラゾーンを走行しない車のほうが高い過失割合になってしまうという事実があります。これには思わず「なぜ?」と言ってしまいたくもなりますが、円滑な走行を誘導するためのものであることを逆説的にとらえれば、導流帯を走行することでスムーズな交通の流れに貢献しているという考え方もあるのだろうと思います。流れを乱さない運転も安全のためには大事ですから、ゼブラゾーンの走行を「絶対ダメ」とするのではなく、なるべく柔軟に対応したいところです。

いずれにしても、ゼブラゾーンを走行する際やゼブラゾーンの脇を走行する際は、隣り合う車や後続の車の動きをしっかりと注視し、十分な安全確認を行うようにしましょう。

監修:株式会社 日本交通事故鑑識研究所

■「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/


おとなの自動車保険 SPMPOグループの一員です セゾン自動車火災保険株式会社 新規ネット割13,000円2年目以降も10,000円 くわしくはコチラ