クルマ

スタビライザーとは?役割や効果、交換するメリットについて解説

スタビライザーは車体の傾き量を減らし、車体を安定させる効果をもつ部品です。コストダウンを図るため、最近は新車時からスタビライザーを装着しない車も増えていますが、スタビライザーの有無では車にどのような変化があるのでしょうか。

ここでは、スタビライザーの役割や効果、交換や強化をするメリットなどについて解説します。

ネット方保険初心者の方へまずはこちらをチェック!ネット方保険初心者の方へまずはこちらをチェック!

スタビライザーとは

スタビライザーはサスペンションスプリングを補助する棒状のバネです。車の4輪に備わるコイル状のサスペンションスプリングは、走行中に路面から受ける衝撃を和らげる役割と、車が前後左右に傾くのを抑える役割を持っています。固いサスペンションスプリングを装着するほど、走行時の安定性が向上する代わりに、車の揺れを吸収しにくくなるため、乗り心地が悪化する傾向にあります。

スタビライザーは、コの字型をした棒状のバネで左右のタイヤ取付け基部をつなぐことで、それぞれのタイヤが独立して上下動するのを規制します。それによりサスペンションスプリングを固めることなくカーブでの車の傾き量を低減させ、乗り心地を悪化させずに車の安定性を向上させることができます。ねじれにくい固いスタビライザーを装着するほど、車体の傾き量は小さくなります。


スタビライザーの効果

カーブを走行する車は、外側のサスペンションスプリングが縮んで内側が伸び上がる状態になるため、車体が外側に傾きます。この状態をローリング(もしくはロール)といいます。スタビライザーを装着または強化すると、外側のサスペンションスプリングが縮むほど、スタビライザーで連結された内側のサスペンションスプリングには、伸び上がりを抑えつける力が加わります。その結果としてサスペンションスプリングを固めたのと同様に、車体の傾き量を小さくすることができます。

スタビライザーは、左右独立して動いて車体を水平に保とうとしているサスペンションの動きを規制してしまうため、左右どちらかのタイヤが段差を乗り越えたような場合に反対側のタイヤにもその動きが伝わってしまい、直進時の乗り心地が悪化する場合があります。


スタビライザーを交換(強化)するメリット

スタビライザーがついていない車にスタビライザーを追加したり、バネ定数を強化した固いスタビライザーに交換したりすることで、車の運転特性が変化します。その具体的な変化を2つ紹介します。


カーブ走行時に車の傾きが減る

スタビライザーによって車体の傾きが減るメリットは、運転の安心感につながります。カーブ走行時の車の傾き量は、車の重心が高く速度が高いほど大きくなるため、背の高いワンボックスカーやミニバンでの高速道路のカーブは、車が横転してしまいそうな不安感を覚える場合があります。しかし、適切な固さのスタビライザーで車体の傾きを減少させれば、そうしたカーブでの不安が緩和されます。


カーブの走行が安定する

スタビライザーを強化することで、固いサスペンションに交換したのと同様の効果が得られ、車体左右の傾き量が減るため、カーブを走行する際の安定性が向上します。それにより、カーブが続く峠道の走行や高速道路での車線変更においても、ハンドルを切り返す際に車体が大きく揺すられることが少なくなり、機敏かつドライバーが思ったとおりの操作ができるようになります。


スタビライザーの交換にかかる費用の相場


すでに装着されている純正のスタビライザーを、バネ定数が高められた強化品に交換するのであれば、スタビライザー本体+劣化したゴムブッシュやベアリングといった部品の交換だけで済ませることができます。

強化スタビライザーの価格は、1本あたり2〜3万円前後です。劣化したゴムブッシュなども交換するとさらに数千円の費用が加わります。前後ともに交換する場合は、部品代だけで4〜6万円ほどかかります。

取り付け工賃は1ヵ所あたり5,000円が相場です。前後ともに交換する場合は、部品代と作業工賃を含めて5〜7万円ほどの費用がかかります。


スタビライザーの交換は専門業者に頼むのがおすすめ


スタビライザーはコの字型の棒状のバネが、車体とサスペンションにゴムブッシュとボルトを介して固定されているだけであるため、自分で交換することも可能です。しかし、サスペンション周りの構造が複雑な車の場合は、作業が非常に困難になる場合があります。

また、車体下に潜る必要があるため作業には危険が伴います。さらに、走行中には大きな力が加わる部位であるため、取り付け不備があった場合は交通事故に発展する恐れもあります。スタビライザーの交換は、極力、専門業者に任せるのが賢明でしょう。


監修者(株式会社 日本交通事故鑑識研究所)コメント


スタビライザーはサスペンションの機能を補助するためのパーツであり、たとえばサーキットレースでは「もう少しだけ車体の傾きを小さくしたい」といったような場合に用いられます。また、凸凹道を走るラリー競技では、路面追従性を優先するためにあえてスタビライザーを外す場合もあります。ただ、適切な固さの強化スタビライザーによる安定感の向上は、一般走行でもしっかりと体感できるものですので、車の傾き量が多く不安を感じる場合や、良好な操縦安定性能を求める場合には、ぜひ強化を検討してみてください。

監修:株式会社日本交通事故鑑識研究所

「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/