クルマ

車検業者のおすすめはどこ?車検業者の選び方や業者別の特徴

車検費用や整備内容は車検業者によって差があり、業者によっては数万円ほどの差が出る場合もあります。しかし、あまり安すぎると「整備の質は大丈夫なのだろうか」と感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

業者それぞれの特徴を理解し、ご自身の車に合った業者選びをすることで、より満足のいく車検が受けられるようになります。この記事では、目的に合った車検業者の選び方を解説します。

マンガで納得!ダイレクト型保険のこと知ってる?マンガで納得!ダイレクト型保険のこと知ってる?

1.車検にはどんな費用がかかる?

車検にかかる費用は、税金や自賠責保険などの「法定費用」、保安基準に適合するかを確認する「点検費用」、車検に通る状態に修理・整備するため「整備費用」の3つに大別され、これらの合計が車検費用の総額となります。

法定費用は車種や車重に応じて定額であるため車検業者によって違いはなく、点検費用は業者が基本料金の形で提示していることもあるため算出は比較的簡単です。しかし、整備費用は依頼する業者や車の状態に応じて変わります。また、この他にも代車費用など細かな経費が請求される場合もあります。


2.車検業者の選び方

車検業者を選ぶ際は、車検においてどんなことを優先すべきか見極めることが重要です。車検を依頼できる事業者には、ディーラー、カー用品店、整備工場、車検専門店、ガソリンスタンドなどがあり、業者の種類や店舗によって整備内容に違いがあります。車検業者選びの要点を解説していきます。

2.1. 費用を重視して選ぶ


法定費用はどこで車検を受けても変わらないため、業者間の車検費用に大きく差がつくのは整備費用の違いです。車検業者は、大まかに予防整備に重点を置く業者と、車検を通すことに重点を置く業者に分けられます。

比較的新しい車なら整備にそれほど手間がかからないため、車検費用が安く車検を通すことに重点を置いた業者を選んでも問題はないでしょう。一方で、古い車や故障を抱えた車は、故障が起こらないように予防整備に力をいれる業者に車検を依頼した方が、その後の維持費を含めた総合的な出費は抑えられる可能性が高いです。


2.2. サービス・特典で選ぶ


洗車や車内清掃、早期予約割引などのサービスや、次回車検までの無料点検、オイル交換優遇などの特典で車検業者を選ぶ方法もあります。サービスや特典の内容は業者や店舗によってさまざまで、上手に利用することでお得に車検が受けられます。


2.3. 点検にかかる時間で選ぶ


各車検業者は「指定工場」と「認定工場」に分けられており、車検にかかる時間を大きく左右するのは、自社工場内で車検が行える「指定工場」であるかどうかです。車検整備のみ対応可能な「認証工場」の場合、車検を通すためには整備後に各地域の陸運支局や指定工場に車を持ち込む必要があります。しかし、指定工場である店舗に依頼すれば、移動の時間がかからないため、それだけ早く車検を終わらせることができます。


2.4. 安心感で選ぶ


整備技術の高さが車検の安心感につながります。しかし、技術力の高低は容易に判断できません。安心感を優先させるなら認証工場ではなく指定工場に車検を依頼しましょう。自社工場で車検が行える指定工場は、営業するために認証工場よりも厳しい審査を受ける必要があるため、総じて整備技術は高いといえます。
ただし、ハイブリッドカーや輸入車などの特殊な車は、業者によっては十分な整備で行えない場合があるため、認証工場や指定工場で判断するのではなく、それぞれの車を専門とする業者や正規ディーラーに車検を依頼するとより安心です。


3.車検業者ごとの特徴とメリット・デメリット


車検業者はそれぞれに得手・不得手があります。その特徴を理解すれば車検を依頼する業者も絞りやすくなります。


3.1. 車検専門店


車検専門店のメリットは、車検を早く終えられることと費用が安い点にあります。1日車検が一般的であり、中には数時間で車検を終える店もあります。作業が早いからといっても整備や点検が粗雑なわけではなく、車検整備に特化している分、効率良く車検を行えるのが早さの理由です。ただし、整備技術やサービスは店舗によって差が大きいため、店選びが難しい点がデメリットといえるでしょう。


3.2. カー用品店


カー用品店の車検には充実したサービスや特典が付きます。ポイントカードが使えたり、来店時の作業工賃無料などの特典を受けたりできるため、カー用品店をよく利用する人ほど恩恵が大きいでしょう。店内に在庫があるヘッドライトバルブやタイヤ、バッテリーのような汎用部品がすぐに手に入る点や、比較的遅い時間まで営業しているため仕事帰りなどに車検予約や車の引き取りなどの利用がしやすい点もメリットです。ただし、混雑しやすいため、車検にやや時間がかかる可能性があります。


3.3. ガソリンスタンド


ガソリンスタンド車検は手軽に利用できるメリットがあります。近所であれば見積りや予約、車の引き渡しなどが迅速に行えますし、24時間営業であれば忙しい方でも時間を気にせず利用できます。また、洗車や給油で割引などの特典が期待できる点も大きな魅力です。ただし、車検や大掛かりな整備は外注となる場合が多いため時間がかかります。また、代車の都合がつきづらい点もデメリットといえるでしょう。


3.4. 整備工場


整備工場の特長は技術力の高さです。他店では部品の交換が必要なケースでも、中古部品を取り寄せたり修理をしたりすることで整備費用を抑えられるケースもあります。また、幅広い車種に精通しているため車種を問わず依頼できます。ただし、土日が休みであることが多く、やや利用しづらい点がデメリットといえるでしょう。


3.5. ディーラー


取扱うメーカーの車に関する知識であれば、ディーラーに勝る業者はありません。原則として高品質な純正部品を用いて修理するため整備費用は高くなりがちであるものの、予防整備や保証など充実したアフターケアによる安心感があります。日曜日も営業しているため利用しやすく、車検以外の細かな要望にまで担当者が親身に応えてくれるのもディーラーならではの魅力でしょう。


4.車検業者を選ぶ際の注意点


車検の際は、業者選びの他にも気をつけたいことがあります。それは、車検切れをしないスケジュール管理と複数社への見積りです。それぞれを詳しく解説していきます。


4.1. スケジュールに余裕をもつ


車検の依頼先を迷っていると、いつの間にか車検切れに陥ってしまう恐れがあります。車は車検期日が過ぎた時点で公道を走行できなくなってしまい、そのまま運転すると道路交通法違反で重い罰則が科せられます。また、車検切れを起こしてから車検を出す場合には仮ナンバーの取得や車の輸送費など余計な手間や費用がかかってしまいます。

そのため、車検は、期日の1ヵ月以内に行えるように準備を進めておくことが大切です。車検期日のおおよそ1ヵ月以内なら早期に車検を受けても車検有効期間は短縮されませんし、1ヵ月あれば余裕をもって車検の依頼先が選べるでしょう。ただし、3月頃は車検の繁盛期であり希望の業者で車検が受けられない場合があるため、より早めの準備が必要になります。


4.2. 複数社に見積りをとる


前述の通り、車検費用は業者や車の状態によって整備費用が流動的な部分があります。予想外の出費で困らないよう、車検を依頼する前に見積りを取っておくことをおすすめします。見積りを取ることで代車費用や車検代行手数料など細かな費用の内訳も確認できます。

見積りにかかる時間は30分〜1時間程度です。ほとんどの業者は無料で見積りを出してくれますが、有料の場合もあるため必ず事前に確認をしておきましょう。見積り内容には洗車や車内清掃などの作業が含まれている場合がありますが、不要な作業を省くことで車検費用を多少安くできる場合もあります。

また、不要な整備や部品交換を勧めて整備費用を過剰に請求するような車検業者も存在します。複数社に見積りを取れば、悪徳な業者を見極めることにもつながります。


4.3. 優待価格で車検を受けられるところを探す


企業によっては社員の福利厚生として指定業者での車検が割引になるケースもありますので、勤務先の制度を確認してみましょう。また、サービスの契約者を対象に車検が優待価格で受けられる特典を提供している会社もあります。

セゾン自動車火災保険では、誰でも利用できる車検の優待情報を紹介するカーライフサービスを提供しています。
車検業者にお悩みの際は、ぜひご検討ください。
sapopo画像


5.まとめ


車検は依頼する業者によって数万円もの差が出ることも珍しくありません。費用を安く抑えたい場合は複数の業者から相見積りをとり、慎重に選ぶことをおすすめします。

ただし、車検整備には車の総点検という意味合いもあるため、古い車や走行距離が長い車は、値段よりも技術力が高く信頼できる業者に預けると良いでしょう。同じ店舗で継続的に車検をお願いしていれば、車検時期にハガキなどで通知を送ってくれるため、車検時期を忘れることを防ぐことができるという安心も得られます。

予算や車の状態、求めるサービスに合ったベストな業者を選び出すことが、車検において最も大切なポイントなのです。