クルマ

アイドリングストップとは?メリット・デメリットや活用すべきシーンについて

ムダなアイドリング状態をなくすことで燃料消費量と排気ガスの低減を可能にするアイドリングストップ。しかし、メリットだらけに思えるアイドリングストップにも意外な欠点があります。

ここでは、アイドリングストップの動作の仕組みや、そのメリット・デメリットについて解説するとともに、アイドリングストップを活用できるシーンや上手な使い方をお伝えします。

ネット方保険初心者の方へまずはこちらをチェック!ネット方保険初心者の方へまずはこちらをチェック!

アイドリングストップとは

アイドリングストップとは、「信号待ちなどで車が停車した際にエンジンを停止すること」を意味しています。極力エンジンを停止させることでムダな燃料の消費を抑えるとともに、アイドリング中に発生する排気ガスの排出量を抑えることを目的としています。

近年の新車は、このアイドリングストップを自動で行う仕組みを標準装備することが当たり前になってきており、地球環境に配慮した機能としてすっかり浸透しています。


アイドリングストップの仕組み

アイドリングストップは、ドライバーが車を停止させる際にエンジンを停止し、発進しようとする際にエンジンを再び始動させる機能です。エンジン停止状態がドライバーのストレスにならないように配慮しつつ、なるべく長い間エンジンを停止させられるよう緻密に制御されています。

具体的な動作条件はメーカーや車種によって異なりますが、多くの車は10km/h以下程度の状態で、ブレーキペダルを踏んでいることを条件にエンジンが停止します。その後、ブレーキペダルから足を離すか、ハンドルが操作されたことを検知してエンジンが再始動します。

また、頻繁に発進と停止が繰り返された場合には、システムが渋滞中と判断してアイドリングストップしないように自動制御する車もあります。


アイドリングストップのメリット

いまや、新しく発売される車のほとんどに採用されているアイドリングストップ機能。それはメリットが多いことの証明でもあります。では、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。


ガソリンの節約

アイドリングストップをすることによって、アイドリング状態でのムダな燃料消費がなくなり、ガソリンを節約することができます。特に信号待ちの多い市街地走行では、5〜10%もの燃費改善が見込まれます。

環境庁の調査では、乗用車が10分あたりのアイドリングで消費するガソリンの量は、およそ0.14Lです。仮に1日あたり1時間アイドリングストップを実施すると、節約できるガソリンは年間およそ310L。ガソリン代に換算すると年間3万円以上の節約になります。


排気ガスの削減

アイドリングストップを行うことで、エンジンから発せられる有害な排気ガスを削減することができます。地球環境を保全していくためには、これらを削減していくことが欠かせません。

車の排気ガスには、温室効果ガスである二酸化炭素や、大気汚染の原因となる窒素酸化物や微細粒子などの成分が含まれます。車が排出する二酸化炭素量は地球全体のおよそ20%を占めています。
また、都市部の大気汚染の原因となる窒素酸化物は、50〜70%が自動車の排気ガスに由来するものです。

アイドリングストップを行うことで、そのうちの数%の排気ガスを削減することができます。ドライバーが操作せずともエンジンが自動的に停止するアイドリングストップ機能は、排気ガスの削減量はわずかとはいえ、安定して削減できるメリットがあります。


アイドリングストップのデメリット


いいことずくめに思えるアイドリングストップにも欠点があります。次に、アイドリングストップのデメリットについて解説していきます。


バッテリーの消耗劣化を早める

エンジンを始動するためのセルモーターは消費電力が非常に大きく、アイドリングストップによる頻繁なエンジン始動・停止の繰り返しはバッテリー電圧を著しく低下させます。自動車用バッテリーは電圧が下がるほど劣化しやすいため、アイドリングストップはバッテリーにとって過酷な使用環境といえます。

そのため、アイドリングストップ車には専用の高性能バッテリーが搭載され、耐久性を確保しています。それでも、非アイドリング車のバッテリーの寿命が2〜4年であるのに対し、アイドリングストップ機能搭載車のバッテリーの寿命は2~3年です。さらに、バッテリー自体が非常に高性能であるため価格が高いのもデメリットです。


エアコンが停止する

車のエアコンはエンジンの回転を利用して作動しているため、アイドリングストップでエンジンが停止すると、エアコンが使えなくなってしまいます。エンジン停止時にも使える電動式エアコンは消費電力が大きいため、バッテリー容量に余裕があるハイブリッドカーでなければ搭載が難しい現実があります。メーカーによってはエアコン経路の断熱性を高めるなどの対策で、冷風を持続させるように工夫している車もありますが、冷風の持続時間は60秒程度とそれほど長くはありません。特に真夏における長時間のアイドリングストップには注意が必要です。


部品の消耗が早くなる可能性がある

アイドリングストップ車は、非アイドリングストップ車の数倍~数十倍ものエンジン始動を繰り返すため、エンジン各部の劣化が早まる場合があります。もちろん、メーカーは各部に相応の耐久性をもたせていますが、それでもエンジンが停止している状態から一瞬にして回転数を上げることは、タイミングベルトやタイミングチェーンを始めとするエンジン各部に大きな負荷がかかります。

特に、エンジンを支えるためのエンジンマウントはゴム製であり、ただでさえ劣化しやすい部品です。エンジンマウントが劣化してショックを吸収できなくなると、車体そのものの揺れにつながり、ドライバーにストレスを与えます。場合によっては、早期のエンジンマウント交換を迫られるケースもあるようです。


アイドリングストップを活用できるシーン



アイドリングストップが真価を発揮するのは、信号待ちの時間が多くなりがちな都市部です。停止している状態が長時間続くほど、ムダなアイドリング時間を減らすことができるため、より燃料消費量や排気ガスの量を抑えることができます。

また、アイドリングストップ時はエンジン音が出ないため、深夜の住宅街や保育所近くでの騒音を低減させる効果もあります。


アイドリングストップをキャンセルするには?


アイドリングストップ車には機能をキャンセルできるスイッチが備わっており、任意でオンオフできるようになっています。
炎天下での信号待ちや、頻繁なエンジン始動と停止を繰り返す渋滞時には、機能をオフにすることでアイドリングストップのデメリットを解消することができます。
運転環境や外気温、車の劣化状態に応じてオンとオフを使い分けるのが、アイドリングストップの賢い使い方です。

スイッチは運転席から手が届く場所に配置してありますが、正確な位置は車種によって異なるため、車の取扱説明書を確認しましょう。

ただし、スイッチを押してアイドリングストップをオフにしても、再び車に乗ったときにはアイドリングストップがオンの状態に戻っています。
毎回スイッチをオフにするのが煩わしい場合には、アイドリングストップキャンセラーを装着することで、常時オフにすることができます。
アイドリングストップキャンセラーとは、スイッチの配線に追加することで常時オンから常時オフに変更することができるアイテムです。価格は数千円ほどで、取り付けに専門知識はいりません。スイッチを押せばアイドリングストップをオンにできますので、機能性を損なうこともありません。


監修者(株式会社 日本交通事故鑑識研究所)コメント


アイドリングストップは、地球温暖化や気候変動が叫ばれる時代の自動車にとって、今やなくてはならない機能になりつつあります。燃費向上につながり、経済面でのプラスの効果ももたらしてくれます。

しかし、アイドリングストップ機能によって節約できたガソリン代が、高価なバッテリーの交換費用に消えてしまうのでは意味がありません。そのためには、車の使用環境や運転状況を常に、かつ適切に把握しておくことが大切です。
また、アイドリングストップによるわずかな発進の遅れによって、割り込みのタイミングを逃したり、渋滞の原因を作ってしまったりしては本末転倒です。せっかくの優れた機能を上手に使いこなすためのテクニックを身につけ、ぜひ時代に即したカーライフを楽しんでください。

監修:株式会社日本交通事故鑑識研究所

「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/