クルマ

知ってるようで意外と知らない!? エンジンブレーキの有効活用術!

アクセルペダルを緩めることで作動する「エンジンブレーキ」。MT車・AT車のどちらでも作動し、ギアを下げるほど強く働きます。フットブレーキを補助する役割があり、とくに下り坂や高速道路の減速時には、安全のためにも適切に利用したい減速方法です。

今回は、エンジンブレーキとは何なのか、その仕組みやフットブレーキとの違い、賢い使い方などを解説していきます。

エンジンブレーキとは

エンジンブレーキとは、エンジンの回転を利用した減速方法のことです。車はアクセルペダルを踏むことで加速しますが、ペダルから足を離すとエンジンの回転数が落ち、制動力によって徐々に減速していきます。この減速力がエンジンブレーキです。
アクセルペダルから足を離すだけでエンジンブレーキの効果を得ることができますが、ローギアにしてエンジン回転数を上げることで、より強い制動力が得られます。

AT車の場合、車種にもよりますがシフトレバーの「O/D(オーバードライブ)」スイッチ、またはステアリングのシフトスイッチをONにすることや、シフトを「2」または「L」のローギアにチェンジすることで、エンジンブレーキの制動力を強めることができます。


エンジンブレーキの仕組みと役割

次に、エンジンブレーキの仕組みとその役割について説明いたします。

アクセルペダルを踏むと、エンジンに燃料が送られます。それにより発生した動力が車軸に伝えられ車軸が回転することで車軸の先端のタイヤも同時に回転し、クルマは動きます。

逆にアクセルペダルから足を離すと、エンジンに燃料が送り込まれなくなり、タイヤの回転力だけでエンジンを動かす状態となります。この時に働く抵抗力によってクルマは減速していきます。これがエンジンブレーキの仕組みです。抵抗力はギアが低くなるほど大きくなり、同時にエンジンブレーキも強くなる仕組みとなっています。

エンジンブレーキには、「フットブレーキの補助」や「ブレーキ装置の消耗を軽減する」といった役割があります。ブレーキペダルを踏むとブレーキ装置に負荷がかかったり部品を消耗したりしますが、エンジンブレーキを使うことにより、ブレーキ装置の負荷を減らし、同時に消耗を軽減することができます。


フットブレーキとの違い

車の機能において一般的に「ブレーキ」と言えば、みなさんはフットブレーキを思い浮かべるでしょう。言うまでもなく、自動車を減速・停車させるために最もよく使われるブレーキ方法です。

エンジンブレーキとフットブレーキには、使用用途やブレーキランプの点灯の有無などの違いがあります。

使用用途が異なるケースとして、高速道路や一般道路の信号付近、下り坂などにおける運転が挙げられます。
また、「ブレーキランプ」の点灯の有無は、わかりやすい違いの一つです。フットブレーキの場合は、ブレーキペダルを踏むことでリアにある「ブレーキランプ」が点灯します。しかし、エンジンブレーキはブレーキランプが点灯しませんので、エンジンブレーキで減速していることを後続車に伝えることはできません。

エンジンブレーキを活用すべき理由

エンジンブレーキの活用が推奨される大きな理由は、フットブレーキの「ベーパーロック現象」や「フェード現象」を防ぐためです。特に長い下り坂では、エンジンブレーキを積極的に活用することでこうした現象を回避することができます。
べーパーロック現象について詳しくは「ベーパーロック現象とは?仕組みや原因、また未然に防ぐための対策について」をご覧ください。
ベーパーロック現象とフェード現象はいずれも、フットブレーキの使いすぎにより発生します。こうした現象を防ぐためにも、フットブレーキだけに頼らず、エンジンブレーキと併用しながら減速することが大切なのです。


運転場所ごとの賢い使い方

エンジンブレーキは、適切な使い方をすることでさまざまな効果が期待できます。

ここでは、「高速道路」「一般道路の信号付近」「下り坂」のそれぞれのシーンでの、エンジンブレーキの賢い使い方を解説します。


高速道路

高速道路を降りるときや、SAまたはPAに入るときには減速しなければいけません。そんなときにはエンジンブレーキを活用しましょう。ローギアに入れれば制動力が働くため、徐々にスピードが落ちていきます。

フットブレーキだけを使うのではなく、エンジンブレーキを最初に使用して緩やかに減速することで、スムーズで安全な減速が可能です。


下り坂

下り坂でフットブレーキを使いすぎると摩擦熱が生じ、さきほど紹介した「ベーパーロック現象」や「フェード現象」を誘発しやすくなります。この現象を避けるために、エンジンブレーキを積極的に使いましょう。

AT車の場合はシフトを「2」または「L」にチェンジすると、強いエンジンブレーキを得ることができます。MT車の場合は勾配に合わせてギアチェンジして、スピード調整しましょう。

エンジンブレーキを上手に使用しフットブレーキも併用しながら、適切なブレーキングを心掛けましょう。


まとめ


場面や状況に応じてエンジンブレーキを活用することは、適切なブレーキングをするために必要だということが理解いただけたのではないでしょうか。

上手にエンジンブレーキを活用しながら、安全で快適なカーライフを楽しんでください。

■「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/