クルマ

知っておきたいエンジンブレーキとフットブレーキの違いとは?有効活用術について紹介

アクセルペダルを緩めることで作動する「エンジンブレーキ」。MT車・AT車のどちらでも作動し、ギアを下げるほど強く働きます。フットブレーキを補助する役割があり、とくに下り坂や高速道路の減速時には、安全のためにも適切に利用したい減速方法です。

今回は、エンジンブレーキとは何なのか、その仕組みやフットブレーキとの違い、賢い使い方などを解説していきます。

マンガで納得!ダイレクト型保険のこと知ってる?マンガで納得!ダイレクト型保険のこと知ってる?

エンジンブレーキとは

エンジンブレーキとは、エンジンの回転を利用した減速方法のことです。車はアクセルペダルを踏むことで加速しますが、ペダルから足を離すとエンジンの回転数が落ち、制動力によって徐々に減速していきます。この減速力がエンジンブレーキです。

アクセルペダルから足を離すだけでエンジンブレーキの効果を得ることができますが、シフトダウンしてエンジン回転数を上げることで、より強い制動力が得られます。

AT車の場合、車種にもよりますがシフトレバーの「O/D(オーバードライブ)」スイッチ、またはステアリングのシフトスイッチをONにすることや、シフトを「2」または「L」のローギアにチェンジすることで、エンジンブレーキの制動力を強めることができます。


エンジンブレーキの仕組みと役割

次に、エンジンブレーキの仕組みとその役割について説明いたします。

アクセルペダルを踏むと、エンジンに燃料が送られます。それにより発生した動力が車軸に伝えられ、車軸が回転することで車軸の先端のタイヤも同時に回転し、クルマは動きます。

逆にアクセルペダルから足を離すと、エンジンに燃料が送り込まれなくなり、タイヤの回転力だけでエンジンを動かす状態となります。この時に働く抵抗力によってクルマは減速していきます。これがエンジンブレーキの仕組みです。抵抗力はギアが低くなるほど大きくなり、同時にエンジンブレーキも強くなる仕組みとなっています。

エンジンブレーキには、「フットブレーキの補助」や「ブレーキ装置の消耗を軽減する」といった役割があります。ブレーキペダルを踏むとブレーキ装置に負荷がかかったり部品を消耗したりしますが、エンジンブレーキを使うことにより、ブレーキ装置の負荷を減らし、同時に消耗を軽減することができます。


フットブレーキとは

車の機能において一般的に「ブレーキ」と言えば、みなさんはフットブレーキを思い浮かべるでしょう。言うまでもなく、自動車を減速・停車させるために最もよく使われるブレーキ方法です。

フットブレーキとは、ペダル操作を介してタイヤの回転を直接減速させるブレーキです。一般的な車のフットブレーキペダルはアクセルペダルの左隣に配置されており、必要な時にすぐに操作することができます。また、フットブレーキはドライバーのペダルの踏み込み量に応じて強弱を自在に加減できるため、状況を問わず安定した減速または停止が行えるメインブレーキとして用いられます。

フットブレーキの仕組みと役割

一般的な車に用いられるフットブレーキは、油圧式ディスクブレーキと油圧式ドラムブレーキの2種類に分けられます。それぞれ形状や特性は異なるものの、どちらのブレーキもタイヤと同期して回転するディスクおよびドラム部分に、摩擦材を押し付けることでタイヤの回転数を低下させて速度を落とします。

フットブレーキは、ブレーキペダルを踏みこむ力が、連結した油圧の配管を介して摩擦材に伝えられ、ディスクやドラムに強く押し付けられることで作動します。

しかし、ブレーキを作動させるにはドライバーの踏力だけでは不十分です。一般的な車ではエンジンの負圧を利用した倍力装置を利用することで、ドライバーの踏力にかかわらず安定かつ強力な減速力を発揮し、車を停止させます。

そのため、エンジンが停止している状態では倍力装置が働かないぶん、通常より大きな力でブレーキペダルを踏み込む必要があることを覚えておきましょう。


エンジンブレーキとフットブレーキの違い

エンジンブレーキとフットブレーキには、使用用途やブレーキランプの点灯の有無などの違いがあります。

使用用途が異なるケースとして、高速道路や一般道路の信号付近、下り坂などにおける運転が挙げられます。
また、「ブレーキランプ」の点灯の有無は、わかりやすい違いの一つです。フットブレーキの場合は、ブレーキペダルを踏むことで車の後部にある「ブレーキランプ」が点灯します。しかし、エンジンブレーキはブレーキランプが点灯しませんので、エンジンブレーキで減速していることを後続車に伝えることはできません。


エンジンブレーキを活用すべき理由

エンジンブレーキの活用が推奨される大きな理由は、フットブレーキの負担軽減と燃費の向上です。

フットブレーキを酷使すると、摩擦材の過熱によってブレーキ性能が低下する「フェード現象」や、ブレーキオイルが沸騰してベダルの踏力が伝わらなくなる「ベーパーロック現象」が発生しやすくなります。特に長い下り坂ではこうしたリスクが発生しやすいため、エンジンブレーキとの併用でフットブレーキへの負担を軽減させることが大切になります。

べーパーロック現象について詳しくは「ベーパーロック現象とは?仕組みや原因、また未然に防ぐための対策について」をご覧ください。

また、エンジンブレーキ中はエンジンに供給される燃料がカットもしくは著しく減少するため、速度を落としながらも少ない燃料で車が走行していることになります。前方で停止することが予見される場合、またゆるい下り坂では、アクセルペダルから足を離しエンジンブレーキを利用した減速をすれば、燃費向上が期待できます。

特にハイブリッドカーや電気自動車では、エンジン搭載車のようにアクセルペダルから足を離すと回生ブレーキが働き、ハイブリッドバッテリーが充電される仕組みになっています。走行用モーターの駆動に必要な電力が充電されたぶん、ハイブリッドカーはエンジンの稼働時間が減るため燃費が向上し、電気自動車は走行用モーターの動作可能時間が増えるため航続距離が向上します。


運転場所ごとの賢い使い方

エンジンブレーキは、適切な使い方をすることでさまざまな効果が期待できます。

ここでは、「高速道路」「一般道路の信号付近」「下り坂」のそれぞれのシーンでの、エンジンブレーキの賢い使い方を解説します。


高速道路

高速道路を降りるときや、SAまたはPAに入るときには減速しなければいけません。そんなときにはエンジンブレーキを活用しましょう。低めのギアに入れれば制動力が働くため、徐々にスピードが落ちていきます。

フットブレーキだけを使うのではなく、エンジンブレーキを最初に使用して緩やかに減速することで、スムーズで安全な減速が可能です。


一般道路の信号付近

一般道路で直近の信号が赤になることが予測される場合は、早い段階でゆっくりとアクセルを戻してエンジンブレーキによる緩やかな減速を行うことで、燃料カットによる燃費向上が期待できます。

また、もうすぐ青になる信号に差し掛かろうとしている場合は、エンジンブレーキでの微妙な速度調整を行うことで停止することなく信号を通過できます。燃料を消費しがちな停止状態からの発進を回避することで、さらに燃費が向上します。

燃費を向上させるコツは、高いギアを保ったまま、なるべく長い距離をアクセルを踏まずに進めるように配慮することと、交差する道路の信号や歩行者信号も確認してエンジンブレーキをかけるタイミングを見極めることです。

ただし、エンジンブレーキによる極端に長い減速は、周囲の車の迷惑になる場合があります。追突を避けるため、後続車の有無や車間距離には特に注意しましょう。

また、エンジンブレーキ中はブレーキランプが点灯しません。後続車がいる場合は、ブレーキペダルをブレーキがかからない程度に軽く踏み、ブレーキランプだけを点灯させましょう。そうすることで安全にエンジンブレーキが使用できるうえ、必要なときにはすぐにフットブレーキが使えます。


下り坂

下り坂でフットブレーキを使いすぎると摩擦熱が生じ、さきほど紹介した「ベーパーロック現象」や「フェード現象」を誘発しやすくなります。この現象を避けるために、エンジンブレーキを積極的に使いましょう。

AT車の場合はシフトを「2」または「L」にチェンジすると、強いエンジンブレーキを得ることができます。MT車の場合は坂道の傾斜に合わせてギアチェンジして、スピードを調整しましょう。

エンジンブレーキを上手に使用しフットブレーキも併用しながら、適切なブレーキングを心掛けましょう。


監修者(株式会社 日本交通事故鑑識研究所)コメント


本文にもあるように、エンジンブレーキとフットブレーキを上手に使うことは安全運転に役立つだけでなく、燃費の向上にもつながり、車にも環境にもやさしい効果を生む、とても有効な手段です。

昨今の一部の乱暴運転(あおり運転など)にはこうした運転とは真逆の運転傾向がありますが、自らが意図せずそうした運転をしてしまうことを避けるうえでも、エンジンブレーキの活用は効果を発揮するのではないでしょうか。

この記事を参考に上手にエンジンブレーキを活用しながら、安全で快適な、そして地球にもやさしいカーライフを楽しんでください。

監修:株式会社 日本交通事故鑑識研究所

「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/


おとなの自動車保険 SOMPOグループの一員です セゾン自動車火災保険株式会社 新規も継続もネット割10,000円 くわしくはコチラ