クルマ

車の排気量とは?自動車税などを排気量別に解説

排気量が大きいエンジンとは具体的にどういうエンジンなのでしょうか。大きくパワフルなエンジンであることに間違いはありませんが、排気量は大きければ良いというものでもありません。

ここでは、車の排気量によるメリットとデメリット、維持費の違いなどを解説します。

マンガで納得!ダイレクト型保険のこと知ってる?マンガで納得!ダイレクト型保険のこと知ってる?

1. 排気量とは?

排気量とは、燃焼に用いられるシリンダー容積の合計のことです。一般的な車に搭載されているレシプロエンジンの内部は注射器のようなシリンダーとピストンで構成されており、一つもしくは複数のピストンが燃焼シリンダー内で上下動し、その動きを回転運動に変換してタイヤを回転させます。

燃焼シリンダー内でピストンが一番下まで下がった状態のシリンダー容積の合計がエンジンの総排気量になります。排気量の単位には、容積を表すcc(シー・シー)もしくはL(リットル)が用いられます。


マフラーから排出される量=排気量ではない?

排気ガスは排気量が大きいほど増えますが、排出ガス量=排気量ではありません。マフラーから排出される排気ガスは、一つの燃焼シリンダーから発生した燃焼ガスが連続して排出されています。排気量にかかわらず、エンジン回転数を上げるほど単位時間あたりの排出ガス量は増えるため、排出ガス量=排気量と定めることはできません。


排気量の調べ方

エンジン排気量は車検証で確認することができます。また、自動車メーカーのカタログや車の仕様書である「諸元表」にも記載されています。一般的に「2,000cc」とされているエンジンでも、諸元表に記載される数値や実際の排気量は「1,986cc」のようにやや少ないのが一般的です。


排気量の計算方法

エンジンの総排気量は「シリンダー内径面積×ピストン行程×気筒数」の計算で求められます。「シリンダー内径(ボア)」とはエンジンシリンダーの直径、「ピストン行程(ストローク)」とはエンジンピストンの移動量、「気筒数」とはエンジンの燃焼シリンダー個数を意味します。

シリンダーボア80.5mm、ピストンストローク97.6mmの4気筒エンジンの総排気量を算出するには「ボア半径×ボア半径×3.14(円周率)×ストローク」の式で1気筒あたりのシリンダー容積を求めてから、気筒数を乗算することで求められます。

計算例
(80.5mm÷2)×(80.5mm÷2)×3.14×97.6mm×4気筒=1,985,963.336㎣≒1986cc


排気量と馬力は関係する?

排気量が大きい車ほど多くの燃料を使用し、より多くの馬力を発生させることができます。馬力とはエンジンが発揮できる出力の単位で、1馬力は重量75kgの物体を1秒間に1m持ち上げる力に相当します。

ただし、馬力の算出にはエンジン回転数も関わるため、排気量と馬力は直接的な比例関係にはなりません。排気量が大きいほどエンジンを回す力(軸トルク)が強くなるのが正確な関係です。

より強い軸トルクを発生できるほど馬力が大きくなり、力強い加速や変速機を介してタイヤを高速回転させられるため、大排気量エンジンほど大きい馬力が発生します。


2. 排気量の大きい車の特徴


排気量が大きな車の代表はバスやトラックです。重い荷物を積む車や大きく重い車体ほど加速させるのにより大きな力が必要になるため、大型車になるほど大排気量エンジンが必要になります。車体重量が大きい大型乗用車や急な傾斜などの走行を想定した大型SUVなどにも大排気量エンジンが搭載されます。


排気量の大きい車のメリット

排気量が大きいほどより大きな軸トルクを発揮できるため、より優れた加速力や登坂力を発揮します。また、エンジン回転数を低く保ったままでも走行できるため、車内の静粛性が高いメリットもあります。


排気量の大きい車のデメリット

排気量が大きいエンジンほど大量の燃料を消費し、より多くの排気ガスを排出するため環境汚染に繋がります。また、気筒数が多い大排気量エンジンは、エンジン自体が大型化かつ複雑化するため、メンテナンス費用がかさむデメリットがあります。


排気量の大きい車が向いているドライバー

長距離運転や高速道路を走行するドライバーにとっては、優れた加速性能と静粛性が備わる大排気量車のほうが快適に長距離移動できるでしょう。また大量の荷物を積載する場合やキャンピングトレーラーなどを牽引する場合にも大排気量車が適しています。


3. 排気量の小さい車の特徴


排気量が小さな車の代表は、軽自動車やコンパクトカーです。最低限の人員や荷物を載せた短距離の移動に適しています。車体が小さいため都市部でも扱いやすい反面、加速性能や快適性能には劣ります。


排気量の小さい車のメリット

少ない燃料で移動できるため環境に優しく、燃費性能に優れるのが最も大きなメリットです。税金や維持費も安価に収まります。また、車体が小さいため扱いやすく、狭い場所での運転に向いています。


排気量の小さい車のデメリット

小排気量車は加速性能に劣るため、急勾配では失速してしまう場合があります。また、高速走行では高いエンジン回転数を維持する必要があるうえ、エンジンノイズにより車内の静粛性を保つのが難しいなどのデメリットがあります。


排気量の小さい車が向いているドライバー

小排気量車は、短距離走行が多いドライバーや大きな車の運転が苦手なドライバーに適しています。また、維持費が安価であるため車に関わる出費を抑えたい方にもおすすめです。


4. 排気量によって自動車税は決まる

排気量は車の維持費に大きく関わります。排気量が増えるほど税額が上がる自動車税および軽自動車税はその最たるものです。自動車税および軽自動車税は毎年4月1日時点での車の所有車に課税される税金であり、新車登録から13年が経過した車は環境に負荷をかけるものとして税額がおよそ20%増額されます。


軽自動車の場合

排気量660cc以下の軽自動車の自動車税は軽自動車税種別割と呼ばれ、お住まいの市区町村が管轄しています。自家用軽自動車の軽自動車税種別割額は登録初年度によって一律7,200円もしくは10,800円です。



小型自動車の場合

5ナンバー車とも呼ばれる小型自動車は排気量2,000cc以下、ボディサイズが全長4,700mm×全幅1,700mm×全高2,000mm以下の車であり、一般的に小排気量車に区分されます。乗用小型自動車の自動車税種別割額は以下の表のとおりです。



普通自動車の場合

3ナンバーに該当する普通自動車は、排気量が2,000cc超、もしくはボディサイズが全長4,700mm×全幅1,700mm×全高2,000mm超の車です。エンジンの小排気量化が進む現代では2,500cc超のエンジンを搭載する3ナンバー車は大排気量車と呼んでも差し支えないでしょう。乗用普通自動車の自動車税種別割額は以下の表のとおりです。



なお、自動車税・軽自動車税については下記の記事でも紹介しております。ぜひ併せてご覧ください。
■自動車税・軽自動車税とは?排気量別の税額や節約するポイント、支払い方法などについて解説
https://www.ins-saison.co.jp/otona/oshiete/car/when-car-tax.html

5. 監修者(税理士・FP 宮川真一)コメント

どんな状況でも安定した動力性能を発揮できるのが大排気量エンジンのメリットです。しかし、 1〜2人で街乗りをするような使い方では、燃料をムダに使っていることになります。1気筒あたりの排気量が500cc前後のエンジンがもっとも効率がよいとされるため、2,000cc・4気筒エンジンもしくは1,500cc・3気筒エンジンがもっともバランスに優れるエンジンといえるでしょう。

日常的な使用なら排気量が1,500ccもあれば十分です。週末に高速道路で遠出する程度であれば2,000cc前後がもっとも扱いやすいいエンジンです。それ以上の排気量では十分すぎる動力性能を発揮するものの、維持費や燃費が気になります。短距離移動に限定するなら660ccの軽自動車でも不便に感じることはないでしょう。エンジンの排気量による維持費や用途の違いなどを考慮して、使い方にベストマッチする車を選ぶのが賢い車の選び方です。

監修:税理士・FP 宮川真一

■「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/