クルマ

コーティングした車の正しい洗車方法とは?コーティングを長持ちさせるために知っておきたいこと

愛車をより美しく保つために車にコーティングを施している方も多いと思います。しかし、コーティングをした車を洗う場合、普通に洗ってしまっていいのかどうか、迷う人も多いのではないでしょうか。

今回は、コーティングした車の正しい洗車方法や手順についてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

コーティングをしていても洗車は必要?

車のコーティングには、見た目を美しく保つだけではなく、汚れが直接車に付着するのを防ぐ被膜を作る効果もあります。これにより、停車中や走行中に付くホコリや汚れからボディを守ってくれます。

しかし、コーティングしたからといってボディに汚れがまったくつかなくなるわけではありません。走行していれば、ホコリや虫の死骸、泥などがどうしても付いてしまいます。ついた汚れは見た目を損なうだけでなく、時間の経過によって取れにくくなる可能性もあります。こうした汚れがついてしまったら、すぐに洗車をしましょう。

いろいろな汚れの中でも特に注意したいのが、鳥の糞の付着です。鳥の糞の白い部分は強い酸性をもっており、これがコーティングに付着してしまうと被膜が酸化し、徐々に劣化してしまいます。鳥の糞がついているのを見つけたら、早急に汚れを落とすようにしましょう。

コーティング車の洗車は水洗いだけで大丈夫?

コーティングした車を洗車する場合は、基本的に水洗いのみで問題ありません。コーティング剤を使うことでボディを保護する膜が張られるので、コーティングをしていない車と比較すれば格段に汚れが落ちやすくなっています。そのため、水洗いだけでも車の汚れの大半を落とすことが可能です。※コーティング方法によって汚れの落ち具合は異なります。

洗車時に洗剤を使用しても問題はありませんが、その時に気をつけなければいけないのは洗剤選びです。車用洗剤の中には、しつこい水垢を落とすためにコンパウンドや研磨剤が入っているものがあります。こうした洗剤を使用すると、コーティング被膜を傷つける恐れがありますので、洗剤の成分や内容物をチェックしたり、ディーラーや整備工場に洗車を依頼した場合には洗浄方法を確認するようにしましょう。

また、洗剤の洗い残しも汚れの原因となるため、しっかりと洗い流すように注意する必要もあります。

このように、洗剤を使用すると水洗いよりも気をつけなければならないポイントが増えますので、コーティングに合った洗浄を施すようにしましょう。


洗剤を使った洗車が必要な場合とは?

前述のとおり、コーティングした車をどのように洗うかはコーティングの方法によっても異なりますが、時には洗剤による洗車が必要なケースもあります。

洗剤による洗車が必要なケースとは、油汚れ・泥・鳥の糞などの、水だけでは洗い流せない場合があるしつこい汚れが付着したときです。こうしたしつこい汚れは早めに落としておかないと、たとえコーティングをしていたとしても、時間の経過とともに落ちにくくなる可能性があります。

特に、鳥の糞のようにコーティング被膜にダメージを与えるような汚れに関しては、洗剤を使用してなるべく早く落とすようにしましょう。


コーティング車を洗車するときの注意点

たとえ水洗いであったとしても、適当な洗い方では、せっかくのコーティングを剥がしてしまったり、余計に汚くなる場合もあります。洗車をする時には以下の点に気をつけましょう。


注意点1 太陽光が強いときや炎天下での洗車を避ける

太陽光が強く降り注ぐ時や炎天下での洗車は、なるべく避けるようにしましょう。

日差しが強い中、また気温が高い中で洗車を行うと、ボディに付着した水分を拭き上げる前に乾燥してしまいます。すると、洗車に使用した水道水に含まれる「ミネラル」「カルシウム」などの成分が蒸発せずにボディに残ってしまいます。

残された成分は、やがて白くボディに残り、非常に落ちにくい汚れとなってしまいます。曇りの日、早朝、夕方など、日差しが強くない時間帯を狙って洗車するとよいでしょう。


注意点2 拭き上げは念入りに

拭き上げをするときには、水分が残らないように丁寧に拭き上げしましょう。上記で紹介したように、拭き残しがあると、水道水に含まれる成分が白く残る可能性があるからです。

特に、水分が残りやすい屋根、ドアやミラーの隙間、ワイパー付近は念入りに拭き上げするようにしましょう。


注意点3 洗車機の使用はなるべく控える

コーティングをした車を洗車機で洗うことは控えたほうがいいでしょう。洗車機のブラシは目に見えないような細かな洗車キズをボディに付けやすく、コーティングが剥がれやすくなったり、光沢が薄れたりすることがあります。

なるべく手洗いでやさしく洗車する方法をおすすめします。


自宅でできる洗車の手順

コーティングした車を自宅で洗車する場合は、正しい手順や方法を守りましょう。誤った手順で洗車をすると、コーティング剤の被膜を剥がしてしまったり、傷をつけてしまったりする恐れがあります。

ここでは、自宅で手洗い洗車をする時の正しい手順を紹介します。


手順1 ボディに付着した砂や汚れを水で洗い流す

まずは車全体を水で洗い、ボディに付いている砂や汚れを流していきましょう。ホースを使用して勢いよく流せば、水圧によって目に見えない細かな砂や汚れを落とせます。特にタイヤ周りはしつこい泥汚れが付きやすいため、充分に水洗いすることをお勧めします。


手順2 スポンジやタオルで汚れを落とす

水で汚れを洗い流したら、水分を含んだスポンジやタオルを使用して、細かな汚れを落としていきます。使用するスポンジやタオルは、ボディに傷がつかないように柔らかな素材を選びましょう。硬い素材のスポンジやタオルだと、ボディに傷がつく場合があります。

汚れは、基本的に上から下へ向かう流れで落とします。最初に屋根から拭き、最後に汚れのしつこい足回りを拭いていくようにしましょう。

アルミホイールなどの汚れが溜まりやすい部分や、スポンジなどで落ちないようなしつこい汚れは、柔らかなブラシでこすって取り除きましょう。


手順3 タオルでしっかりと拭き上げする

しっかりと汚れを落としたら、最後に拭き上げをして水分を取り除きます。拭き上げ時にはマイクロファイバーなどの吸水性が高いタオルがおすすめです。必ず、乾いた状態のタオルを使用してください。濡れた状態のタオルでは水分をしっかりと拭き取ることができず、拭きムラが残ってしまいます。

拭き取る際は一定の方向に向かって行います。このとき、強い力でゴシゴシとこすってはいけません。たとえ念入りに洗車したとしても、細かなホコリやゴミが残っていることがあり、それをタオルでこすることによって傷が生じる場合があるからです。

拭き上げが終われば、洗車は完了です。


まとめ


コーティングの施された車は何もしていない車よりも汚れが付きにくいですが、やはり車を美しく保つために洗車は不可欠なもの。美しい見た目やコーティング膜を長持ちさせるためにも、こまめな洗車を心がけましょう。特にコーティング膜に影響のあるような泥汚れ、鳥の糞、油汚れなどは、見つけ次第すぐに洗車することをお勧めします。

自分で洗車をするときには、注意したいポイントや手順に気をつけながら、優しく洗車してください。基本は水洗いで問題ありませんが、コーティングに合った正しい手順や方法をしっかり守って洗車をしないと、コーティングの皮膜を傷つけたり劣化させたり、最悪の場合はボディも傷つけてしまうことも考えられます。

コーティングした車をいつまでも美しく保つために、今回の内容をぜひ参考にしてください。

「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/