クルマ

一時停止違反とは?正しいルールや罰則・違反点について

皆さんは「止まれ」の標識が意味する「一時停止」について、正しく理解できていますか?一時停止すべき場所や位置、停止時間などの理解が曖昧なまま運転してしまうと、一時停止違反で罰せられる可能性があります。また、自転車の一時停止違反は、実は車より重い罰則が設けられています。

慣れた道ほど、つい一時停止をおろそかにしがちです。車・自転車のどちらにおいても正しく運転できるよう、一時停止の方法や違反した際の罰則について、しっかり理解しておきましょう。

マンガで納得!ダイレクト型保険のこと知ってる?マンガで納得!ダイレクト型保険のこと知ってる?

1. 一時停止違反とは

定められた場所で一時停止を怠った場合に科せられるのが一時停止違反です。正確な罰則名は「指定場所一時停止等違反」、踏切では「踏切不停止等違反」と言います。指定された交差点や踏切で一時停止を怠った場合はもちろん、適切でない位置での一時停止にも罰則が科せられます。また、この罰則は車だけでなく自転車などの軽車両にも適用されます。


一時停止の基準


一時停止については道路交通法第43条にその基準が定められています。それによると、信号機などによる交通整理が行われていない交差点の直前では、道路標識に従って一時停止しなければなりません。しかし、停止すべき場所や停止時間については明記されておらず、これが一時停止に対する認識を曖昧にしています。


停止位置


正しい一時停止位置は、車の先端が停止線を超えない位置です。少しでも停止線を超えてしまうと、交差道路からの右左折車の進路を妨害する恐れがあります。 また、あまりに手前過ぎる位置での停止だと、充分な安全確認を行えないとみなされ、検挙の対象となる恐れがあります。

停止線の直前の位置で車を一度停止させ、見える範囲の安全が確認できてから徐行で前進し、さらに左右を見て広範囲の安全を確認するのが正しい一時停止です。


停止時間


道路交通法には一時停止の正確な停止時間が明記されていませんが、運転教習所などではよく3秒間停止するように指導されます。あくまで目安の時間ですが、車を停止させた上で見える範囲の左右をしっかりと確認することを心がけましょう。


一時停止の標識



逆三角形で赤地に白文字で書かれた「止まれ」および「STOP」が一時停止の標識です。目立つ赤色かつ鋭角的な三角形の看板により、高い優先度で危険を知らせています。

一方、停止線は法定外表示であり、標識があってはじめて法的拘束力を発揮します。そのため、一時停止の標識がなく停止線のみが道路にある場所は一時停止の義務はありません。しかし、標識がなくとも必要があって停止線が描かれているので、危険回避のために一時停止することが推奨されます。

停止線がなく一時停止標識のみが存在する場合は、交差点に進入する直前で一時停止を行わなければ一時停止違反に問われます。停止線が消えている、もしくは薄くなっている場合もあるため、交差点にさしかかる際は一時停止標識の有無をしっかりと確認しましょう。


2. 一時停止違反の取締り件数と事故件数


一時停止違反は、スピード違反と1、2を争うほど取締り件数が多い違反です。2019年(令和元年)の一時停止違反による取締り件数は1,328,154件にのぼります。そのうち一時停止違反が原因による事故は16,400件、うち死亡事故は88件でした。近年は取締り件数や事故件数が減少傾向にありますが、依然として交通事故の中では高い割合を占めています。

また、一時不停止が原因による自転車死亡事故も減少傾向にはあるものの、2019年(令和元年)には22件発生しています。一方で自転車の一時停止違反による取締り件数は年々伸び続けており、自転車の一時停止義務の認知の低さが浮き彫りとなっています。

一時不停止による事故の中で特に多いのは、出会い頭の衝突事故です。一時不停止によって速度が高い状態で交差点に進入することにより適切な安全確認が行えず、相手車両や歩行者などの発見タイミングが遅れて事故につながります。警察官が交差点に張り付いて一時不停止を摘発するのは、それだけ重大な事故が想定されるからです。


3. 一時停止違反になるとどうなる?

一時停止義務を怠ると「指定場所一時停止等違反」、踏切で一時停止を怠った場合は「踏切不停止等違反」で処罰されます。ただし、信号機がある踏切かつ信号機に従って通行する踏切では一時停止義務はありません。


罰金と点数


「指定場所一時停止等違反」「踏切不停止等違反」はどちらも反則点数2点が科せられます。反則金は、車両等の種類によって異なります。
過去2年以上無事故・無違反だったドライバーに限り、3点以下の軽微な反則点数は3ヶ月間で失効します。ただし違反歴は1回として残ります。



出典:警視庁「反則行為の種別及び反則金一覧表」

ゴールド免許の場合


ゴールド免許保有者が一時停止違反のような軽微な違反を犯した場合、反則点数は3ヵ月で失効したとしてもゴールド免許は剥奪されます。ただし、違反をした時点ではブルー免許に変わらず、次回の運転免許更新時まではゴールド免許が継続されます。また、軽微な違反が1回のまま次回運転免許更新を迎えた場合は、免許証の色はブルーになり有効期限5年が維持されます。重大な違反もしくは2回以上の軽微な違反の場合、免許の有効期限は3年になります。

自動車任意保険のゴールド免許割引は保険の開始日(始期日)時点での免許の色が適用されるため、契約期間内はゴールド免許割引が継続されます。


4. 自転車も一時停止違反になるため注意が必要


道路交通法上では自転車は軽車両であるため、標識に従って一時停止して安全確認を行なわなくてはなりません。自転車の「指定場所一時不停止違反」には、車の罰則より重い3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられます。

また、3年間に2回以上違反を起こした場合は、「自転車運転講習」の受講命令が届きます。命令に従わなかった場合には5万円以下の罰金が科せられるため、必ず講習を受けるようにしましょう。自転車運転講習の時間は3時間です。受講手数料として6,000円がかかります。


5. 監修者(株式会社 日本交通事故鑑識研究所)コメント

一時停止違反は基準が曖昧であるため、「止まった」「止まっていない」を巡って警官と運転手の間で言い争うになるようなシーンも少なくありません。

しかし、そもそも一時停止は止まること自体が目的ではなく、安全確認をすることが目的です。安全運転のために、ほんの少しだけ左右確認に時間をかけてみる。そう考えれば、自ずとブレーキに足が伸び、事故を未然に防ぐことができるのでないでしょうか。

一時停止標識を見落とすことがないよう、交差点では必ず標識や停止線に注意を払うような意識づけを日頃からしておきましょう。

監修:株式会社 日本交通事故鑑識研究所

■「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/


おとなの自動車保険 SPMPOグループの一員です セゾン自動車火災保険株式会社 新規ネット割13,000円2年目以降も10,000円 くわしくはコチラ