クルマ

スマートキーとキーレスキーの違いとは?メリットや注意点について

最近耳にすることの多くなった「スマートキー」。すでに多くの車に導入されており、もはや主流となりつつあります。

このスマートキーとは一体何なのか。スマートキーの特徴や仕組み、また従来の「キーレスキー」との違いやメリットについて解説していきます。

スマートキーとは?

「スマートキー」とは、キーをポケットやバックに入れたまま車のドアの解錠・施錠、エンジンのON/OFFが行えるキーのことです。

スマートキーを所持した状態でドアノブにタッチすれば、解錠・施錠が行えます。わざわざポケットからキーを出す必要はありません。また、スマートキーが車内にあれば、あとはエンジンのスタートボタンを押すだけでエンジンのON/OFFが可能となります。このようなシステムを総じて「スマートエントリー」と呼びます。

キーレスエントリー(キーレスキー)との違い

スマートキーとは別に、従来の「キーレスキー」と呼ばれるキーがあります。以降で、両者の違いについて解説します。


キーレスキーとは?

「キーレスキー」とは、ボタン操作でドアの解錠・施錠が行えるキーのことです。キーの表面に解錠・施錠のボタンが付いており、ボタンを押すことで離れた場所からでも車のドアの解錠・施錠ができます。名前の由来は、「ドアの鍵穴にキーを刺さない(キーレス)」からきています。


キーレスキーとの機能の違いは?

キーレスキーとスマートキーの機能の違いは次の通りです。

<ドアの解錠・施錠>
キーレスキー・・・解錠ボタンor施錠ボタンを押す
スマートキー・・・キーを持った状態でドアノブにタッチする
※スマートキーにもボタン操作機能が付いています。キーレスキー同様に手動のボタン操作でドアの解錠・施錠も可能です。

<エンジンのON/OFF>
キーレスキー・・・鍵穴(キーシリンダー)にキーを指し込み回す
スマートキー・・・車内にキーを置き、エンジンスタートボタンを押す


スマートキーの仕組み

スマートキーは、電波を使うことでそのシステムを実現しています。ここでは、スマートキーの仕組みについて解説します。


車とスマートキーは電波で通信している

車とスマートキーは、電波を使って相互に通信をしています。


  1. <車とスマートキーの通信の仕組み>
  2. (1) 車側の発信機が常に周囲に微弱な電波を発信することで対象のスマートキーを探す
  3. (2) スマートキーを持った人が車に近付く
  4. (3) 車からの電波をスマートキーが受信すると、スマートキーが「近くにいるよ」と返答信号を発信
  5. (4) 車側の発信機がスマートキーからの信号をキャッチし照合
  6. (5) 照合された状態でドアノブを触るとドアが解錠

このような仕組みで、スマートエントリーが可能となります。
車側の発信機が発信する電波は限定的なので、車にかなり近づかないと反応しないようになっています。


スマートキーの使い方


スマートキーの使い方について、シーン別に解説します。
※車種によっては一部の操作が異なるケースがあります。車種の「取扱説明書」もあわせて確認した上でご利用ください。


スマートキーの使い方「乗車編」
  1. (1) スマートキーを所持し車に近付く
  2. (2) 車のドアノブをタッチする(タッチ不要、ドアに近付くだけの車種もあります)
  3. (3) ドアが解錠する
  4. (4) ブザーやハザードランプの点滅で開錠を知らせる
  5. (5) ドアを開けて乗車する

スマートキーの使い方「エンジンON/OFF編」
  1. ■ONにする場合
  2. (1) スマートキーを車内に置く
  3. (2) フットブレーキを踏んだ状態でエンジンスタートボタンを押す(ダイヤル式の場合はダイヤルを回す)
  4. (3) エンジンが始動

  1. ■OFFにする場合
  2. (1) ギアをパーキング(P)に入れ、エンジンスタートボタンを押す(ダイヤル式の場合はダイヤルをエンジンを掛けた時とは逆に回す)
  3. (2) エンジンが停止

スマートキーは、後部座席など車のどこに置いても問題ありません。ただし車内にあることが条件です。


スマートキーの使い方「降車編」
  1. (1) スマートキーを所持し降車する
  2. (2) 車のドアノブをタッチする(タッチ不要、車から離れるだけの車種もあります)
  3. (3) ドアが施錠される
  4. (4) ブザーやハザードランプの点滅などで施錠を知らせる

スマートキーのメリット

スマートキーの最大のメリットは、車の乗り降りが非常にスムーズになることです。

毎回、車の前でキーを探し、ボタン操作で解錠・施錠を行う作業は何かと面倒です。特にキーをバックの中に入れて持ち歩くことの多い方には、メリットは大きいでしょう。


  1. その他、次のようなメリットもあります。
  2. ・キーを出し入れする機会が減るので、キー紛失のリスクを抑えられる
  3. ・傘や買い物袋などで手が塞がっていても解錠・施錠ができる
  4. ・エンジンON/OFFの作業が簡略化される

また、ドアに鍵穴が付いている従来の車両では、専用の道具を使って開錠し、車内に侵入されるピッキング被害に遭う可能性が有ります。ピッキングにより車上荒らしされる事件は現在でもあります。

しかしスマートキー搭載車は、ドアに鍵穴自体がない車種が多く、ピッキングが通用しないため、車上荒らしに合うリスクは減ります。


スマートキーを使う際の注意点


最後に、スマートキーを使う上で覚えておきたい注意点について解説します。


電波遮断ポーチに入れて管理する

昨今、スマートキー搭載車を狙った「リレーアタック」と呼ばれる犯罪が流行しています。これは電波を利用した犯罪手口です。前述の通り、車の発信機の電波は限定的であり、車のかなり近くにいないとドアは解錠されません。しかし、リレーアタックは距離に関係なく行われる犯罪です。

では、リレーアタックとはどんな犯行なのでしょうか。その手口を理解することで、防犯対策を講じましょう。

リレーアタックは、主に2人組で犯行が行われます。犯人Aが標的となる車に近付き、特殊な装置で車の発信機の電波を読み取り、犯人Bに送信。受信した犯人Bはスマートキーを持っている運転手に近づいてスマートキーからの応答信号を受信し、犯人Aに発信します。それを受信した犯人Aがスマートキーの応答信号を車に送信し、ドアを解錠する手口です。

スマートキーの特性を悪用した盗難方法ですが、このリレーアタックを防ぐために「電波遮断ポーチ」と呼ばれる製品が販売されています。電波遮断ポーチの中にスマートキーを保管しておけば、外部からの電波が一切遮断され、リレーアタックを回避できます。


鍵の紛失に気を付ける

スマートキーはあなた本人でなくても利用できますので、紛失すると第三者に悪用されるリスクがあります。またスマートキーは再作成時の費用も高額です。紛失しないよう管理を徹底しましょう。


キーを必ず持ち歩く

たとえば、夫婦二人で外出したとします。車を出発させスマートキーは奥さんのバックの中に。その後、奥さんに急用ができ、車で駅まで送り届け、奥さんはスマートキーの入ったバックを持って降車。このようなケースの場合、エンジンは掛かっていながらキーが無い状況に陥り、その後エンジンを一度止めてしまうと、再始動できなくなります。

スマートキーでは、従来のキーでは起きえなかったこうしたトラブルも発生します。回避するには、キーを必ず自分で持ち歩ことが大切です。安易に他者に預けるのは避けましょう。


電池切れに注意

スマートキーは電池式ですので、使い続けているといずれ電池切れを起こします。ご自身のスマートキーの説明書を確認して定期的に電池の交換をしましょう。


ペースメーカーに配慮する

スマートキーのシステムは、ペースメーカーに影響を与える恐れがあります。ペースメーカーを装着している方を乗車させる場合は、例えば車の発信機のアンテナからペースメーカー等の植込み部位を約22cm以上離す、などの注意が必要です。

注意事項の詳細を確認したい場合は、下記リンクを参考にしてください。
■いわゆるスマートキーシステムと植込み型心臓ペースメーカー等の相互作用に係る「使用上の注意」の改訂指示等について


まとめ


車の乗り降りというのは頻繁に行うものです。遠出をして長時間ドライブする日などは、一日に何度もドアの解錠・施錠、エンジンON/OFFを繰り返すことになります。

その作業が簡略化できるスマートキーは、とても便利なものです。だからこそ、機能やメリット、デメリットをしっかり理解し、より快適で安心なカーライフを楽しんでください。

「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/