クルマ

知って安心!チャイルドシートの使い方に関するマルバツクイズ

皆さんはチャイルドシートについて、どのくらい知っていますか?「車に載せるもの」「子どもの安全を守るもの」という以外にも、大切なお子さまのために、お父さんやお母さんに知っておいて欲しいことがいっぱい。まずはチャイルドシートに関するクイズで、チェックしてみましょう。

Q. チャイルドシートの装着は親が自由に決められる。◯と✕、どっち?

6歳未満の子どもを車に乗せるときは、チャイルドシートを使うことが法律で義務づけられています。しかし、警察庁とJAFの調査によると、本来100%であるべきチャイルドシートの装着率は66.2%しかないのが現状です。さらに年齢別に見ても差があり、年齢が上がるにつれ装着率が低くなっています。特に5歳児になると装着率は最も低くなり、ご両親がお子さまの身長を見て、大人用のシートベルトでも大丈夫と判断してしまうことも少なくないと言われています。しかし大人用のシートベルトでは身体の大きさが合わないため、もしものときに首やお腹を圧迫して傷つけてしまう恐れも…。法律上における着用義務年齢を過ぎた6歳以上であっても、車のシートベルトが着用できる身長140cmになるまでは、必ずチャイルドシートを装着しましょう。
正解:✕


Q. 子どもの成長は早いので大きめのチャイルドシートを買った。◯と✕、どっち?

チャイルドシートの種類は「乳児用」「幼児用」「学童用」の3タイプがあり、お子さまの体格に合わせて使い分ける必要があります。適切なサイズを使ってこそ、事故や急なブレーキから守るというチャイルドシート本来の機能が発揮できるのです。
また赤ちゃんを車に乗せる場合、ぐずってしまうからと抱っこする人がいますが、いざというときにお母さんの腕では強い衝撃からお子さまを守ることができません。より安全なドライブのためにも乳児用のシートに座らせてあげてくださいね。
正解:✕


Q. シートは後部の窓側座席に取り付けるのがいい。◯と✕、どっち?

助手席にお子さまがいると目が届くので安心できるという方もいらっしゃいますが、チャイルドシートは後部座席に取り付けましょう。最近の車は助手席にエアバッグが標準装備されていて、万が一の事故でエアバッグが開くとお子さまにとってはその衝撃が強すぎてしまいます。さらに後部座席の真ん中は車両のシート形状やシートベルトの構造により正しく取り付けられない場合があるため、窓側の後部座席がより安全と言えるでしょう。
しかし、そうは言ってもどうしてもお子さまの様子が気になる…という方は後部座席が見えるミラーを取り付けることをおすすめします。
正解:○


Q. ぐっすり眠っていたので、背もたれを水平に倒した。◯と✕、どっち?

大切なわが子を守るためにはチャイルドシートを「正しく使うこと」が重要になります。当たり前のことと思うかもしれませんが警察庁とJAFの調査によると、なんと約6割の人が間違った使い方をしています。例えば、乳幼児用チャイルドシートの背もたれの角度です。事故の衝撃から守るためには45度が最適で、赤ちゃんにとっては抱っこされている角度に近いため安心感が得られると言われます。また体重も10kgくらいになるまでは首がすわっていないため、車が正面衝突してしまった時にも頭をしっかり支えられるよう後ろ向きに設置しましょう。
そしてチャイルドシートの取り付けも大事なポイントです。シートがぐらつかないか、車の座面にしっかり固定されているか、大人が体重をかけてチェックすることもお忘れなく!
正解:✕


Q. 子どもがきつそうだったのでハーネスをゆるめてあげた。◯と✕、どっち?

お子さまの安全を守るハーネスベルト(チャイルドシートについている子ども用ベルト)は、どのくらい締めたらいいのか加減が難しいもの。幼児の場合はハーネスを適度に締めた付けた後、身体との間に指を入れて、滑り込む程度であればOK。ぜひ目安にしてください。
肩ベルトについては、「背もたれの通し穴の高さが肩より低くなっていないか」「ベルトにねじれやたるみはないか」「首を圧迫していないか」を注意しましょう。
また厚着をしたままだとベルトの締め付けがゆるいため、ハーネスから抜けやすくなります。上着を脱いでから座らせてあげると良いでしょう。
正解:✕


Q. チャイルドシートは親の愛情のカタチ。◯と✕どっち?

正解はもちろん「○」です!大切なお子さまの安全のため、お父さんお母さんの安心のためにも、チャイルドシートの正しい使い方を!そしてこれからの夏の行楽シーズン、楽しくお出かけしてください♪

「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/

2018年チャイルドシート取付け状況調査
警察庁・JAF合同調査
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/data/childkek2018.htm

自動車を愛する全ての人たちが、
もっと安全に、もっと安心してドライブできるように。

日本の自動車保険制度はその複雑さから、世界一難しいと言われています。
そんな自動車保険に関するお客様の様々なギモンを、より分かりやすく、
お客様に寄り添った形でお届けしていきます。