クルマ

オーバードライブとは?運転する際に気をつけるべきポイント

AT(オートマチック)車のなかには、シフトレバー脇にオーバードライブスイッチを持つ車があります。スイッチを使用しなくても運転には支障ないため、使ったことがない方も多いのではないでしょうか。

オーバードライブスイッチを使いこなせるようになると、AT車をより安全かつスムーズに走らせることができます。本記事ではオーバードライブスイッチの適切な使い方と注意点について解説します。

ネット方保険初心者の方へまずはこちらをチェック!ネット方保険初心者の方へまずはこちらをチェック!

オーバードライブとは

車におけるオーバードライブとは、巡航時に使う変速機のトップギアのことを指します。使用するギアを任意に選べないAT車のために備えられた、トップギアを使うか使わないかを選択するためのスイッチが、オーバードライブスイッチです。

スイッチを操作してオーバードライブをオフにすると、メーター内に「O/D OFF」と表示され、トップギアに入らない状態に切り替わったことをドライバーに知らせます。

5速ATを例にすると、トップギアである5速がオーバードライブギアであり、Dレンジ(ドライブ)でも1〜4速の間だけでしか変速されなくなるのがオーバードライブオフの状態です。低いギアだけを使うようになるため、エンジンブレーキを効かせた運転や、鋭い加速をすることができます。すでにトップギアに入っている状態でオーバードライブをオフにすると、すぐさま4速にシフトダウンされます。


オーバードライブを使用するタイミング


AT車は状況に応じて自動でギアチェンジをしてくれる便利な車ですが、場合によっては不適切なギアが選択される場合があります。オーバードライブスイッチは、AT車にトップギアを使うか否かあらかじめ指示を与えておくことで、不適切なギアが選択されるのを防ぐための装置でもあります。

また、適切なタイミングでオーバードライブをオフに切り替えることで、車をよりスムーズに走らせることもできます。それはどんなタイミングなのでしょうか。


基本的にはオンにしたまま

AT車は車速やアクセルの踏み込み量に応じて適切なギア比が選択されるため、オーバードライブスイッチは常にオンのままでも不具合はありません。エンジンを再始動すればオーバードライブオンの状態に自動的に復帰するため、オンの状態で車を使用するのが標準と認識しておきましょう。

しかし、走行シーンによってはトップギアを使わないで走ったほうが良い状況があります。以下、その状況ごとに解説します。


長い下り坂

長い下り坂でエンジンブレーキを使用したいときには、オーバードライブをオフにし低いギアを使うことで、エンジンブレーキを効果的に使うことができるようになります。

エンジンブレーキがほとんど効かないトップギアでの走行だと、フットブレーキだけに頼りがちになるため、ブレーキ装置が過熱してフットブレーキが効かなくなる「ブレーキフェード」や「ベーパーロック」などの現象を引き起こす場合があります。


高速道路や雪道

急ブレーキが事故につながりやすい高速道路や滑りやすい雪道では、オーバードライブをオフにすることでエンジンブレーキを使った緩やかな減速ができます。アクセルを戻しただけでは減速量が足りず、フットブレーキでは減速しすぎてしまうシーンでの微妙なスピードコントロールに重宝します。

また、高速道路への合流車線や、追い越しなどで素早く加速する必要がある場合にも、低いギアを保つことですぐに加速態勢に移ることができます。


急な上り坂

急な坂道を登る時、アクセルペダルを踏み込めばATは自動的に低いギアを選択しますが、一定の車速に達したり、わずかにアクセルを緩めたりしただけで自動的にシフトアップされ、車が失速してしまう場合があります。

そんな時、あらかじめオーバードライブをオフにしておけば、低いギアだけを使用するため坂道の途中での変速や失速を防ぐことができます。


オーバードライブを使用すると燃費が良くなる?

オーバードライブスイッチの操作は燃費にも影響します。オーバードライブオンの状態では積極的にトップギアを使うように変速制御されるため、エンジン回転数が下がり燃費は向上する傾向にあります。反対に、オーバードライブオフの状態では、低いギアを使いエンジン回転数が高く保たれるため燃費は悪化します。

オーバードライブオフのまま、高速道路や信号が少ない郊外道路を一定速度で走行すると燃費の悪化につながるため、オーバードライブスイッチの操作後の戻し忘れに注意しましょう。


オーバードライブを使用しないほうが良い場合とは



先に解説した通り、オーバードライブオフが効果を発揮するのは、長い下り坂や急な上り坂、高速道路や雪道での減速時などの、強いエンジンブレーキが必要な場合です。他にも高速道路での加速時や、急カーブが続く峠道など強い加速や減速が必要な場合にも有効です。

そのため、一般道路の平地走行をしている限り、オーバードライブスイッチの操作は不要と言えます。低いギアを使うことでエンジンの騒音も大きくなりますので、市街地や住宅地を走行する場合にもオーバードライブはオンにしたほうが良いでしょう。

オーバードライブオフは適切なシーンでのみ使用し、使用後は速やかにオンに戻しましょう。


オーバードライブのランプが点灯していたら注意が必要


メーター内のオーバードライブ・インジケーターが「O/D OFF」と点灯している状態は、オーバードライブがオフになっていることを知らせています。巡航時など不必要な場合に点灯している場合は、オーバードライブスイッチを操作してオンに戻せばインジケーターは消灯します。

車によっては、オーバードライブ・インジケーターが変速機の異常警告灯を兼ねている場合があります。インジケーターが点灯している場合は正常ですが、点滅している場合は変速機に異常が生じているサインです。変速不良や制御異常、作動オイル漏れなどのトラブルが起こっている場合があるため、動作に異常が感じられなくとも速やかにカーディーラーや整備工場に点検を依頼しましょう。


監修者(株式会社 日本交通事故鑑識研究所)コメント


AT車は、車速やアクセルペダルの踏み込み量などの状態に応じて、適切なギアに自動変速してくれる便利な車です。しかし、坂道や高速道路など走行している道路の状況までは理解できません。そのため、トップギアが必要な状況か否かをドライバーが車に指示し、より適切な変速を車に促す必要があります。その際に使われるのがオーバードライブスイッチです。

もちろん、オーバードライブスイッチを使わなくとも特に不自由することなく運転はできますが、その機能を理解し、最適なタイミングで効果的に使うことで、より快適な、そしてより経済的なカーライフを楽しむことにもつながります。また、加減速の動きをスムーズにする効果もありますので、事故防止につながる機能であるとも言えます。

AT車を運転される際はぜひこの記事を参考にして、快適なAT車のドライブを楽しんでください。

監修:株式会社 日本交通事故鑑識研究所

「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/