クルマ

「チェーン規制」でタイヤチェーンの装着が義務化される?対象時期や区間、注意点について

2018年12月より、タイヤの「チェーン規制」の制度がスタートし、規制区間でのチェーンの装着が義務化されました。これにより、異例な降雪があった際には、対象となる規制区間にてチェーンの装着が「必須」となります。このチェーン規制の内容や行われる時期、区間等について詳しく解説していきます。

「チェーン規制」とは?チェーンの装着が義務化される?

2018年12月14日より、「チェーン規制」という新たな制度がスタートしました。

「大雪特別警報」や「大雪に対する緊急発表」が出されるような異例の降雪時に、チェーン規制が発令されます。チェーン規制が発令されると、対象となっている規制区間では雪用のタイヤチェーンの装着が「義務化」されます。チェーン規制が解除されるまでの間は、チェーンを装着していない車は通行できなくなり、チェーンを装着せずに走行した場合は、交通違反となります。

規制区間の手間には「チェーン着脱場」が用意されています。ドライバーはそこでチェーンを装着します。チェーン規制時には道路管理者が警察と協力し、規制区間の手前などでタイヤチェーンが装着されているかのチェックも行われます。

なお、チェーン規制の対象となっている区間には、今回新たに作られた「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」の新標識が道路上に設置されます。通常時はこの標識がある区間も問題なく走行できますが、チェーン規制が発令された際には、この標識がある区間ではチェーンの装着が必須となります。

※新標識についての詳細は、国土交通省の以下の資料をご覧ください。
https://www.mlit.go.jp/common/001265121.pdf


チェーン規制が実施される時期

チェーン規制が実施される時期について、国土交通省側は「大雪特別警報や大雪に対する緊急発表が行われるような異例の降雪があるときに行います。」と述べています。

なお、「大雪特別警報」は、数十年に一度の降雪量となるような大雪が予想される場合に気象庁から発表されるものです。
年に数回程度は実施される可能性もありますので、いざという時のために車内には雪用チェーンを常備しておくことをおすすめします。

異例な降雪があった際には、運転前にテレビ・ラジオ・インターネット・道路上の電光掲示板などから、「大雪特別警報」や「大雪に対する緊急発表」に関する情報、チェーン規制に関する情報を確認しておきましょう。

出典:国土交通省 チェーン規制について


チェーン規制が実施される区間

国土交通省によれば、チェーン規制の区間として選ばれるのは、主に次のような要素を満たす区間・道路とのことです。


  1. ● 急な上り坂や下り坂のある区間(峠道など)
  2. ● 過去に雪が原因で「立ち往生」や「通行止め」が発生した区間
  3. ● タイヤチェーンを着脱できる場所、通行止めが解除されるまで待機できる場所がある区間
  4. など

チェーン規制の対象となった区間には新標識が設置されます。そして異例の降雪がありチェーン規制が発令した際には、走行時のチェーンの装着が義務化されます。


一般国道

一般(直轄)国道では、全国の以下6区間(8県)が、チェーン規制時の規制区間として選ばれています。

対象となる都道府県:山形県、山梨県、静岡県、新潟県、福井県、広島県、島根県、愛媛県の計8県


  1. ● 国道112号線(月山道路)、山形県西川町月山沢~山形県鶴岡市田麦俣の15.2km区間
  2. ● 国道138号線(山中湖・須走)、山梨県山中湖村平野~静岡県小山町須走字御登口の8.2km区間
  3. ● 国道7号線(大須戸~上大鳥)、新潟県村上市大須戸~新潟県村上市上大鳥の15.3km区間
  4. ● 国道8号線(石川県境~坂井市)、福井県あわら市熊坂~福井県あわら市笹岡の3.2km区間
  5. ● 国道54号線(赤名峠)、広島県三次市布野町横谷~島根県飯南町上赤名の2.5km区間
  6. ● 国道56号線(鳥坂峠)、愛媛県西予市宇和町~愛媛県大洲市北只の7.0km区間

出典:国土交通省 チェーン規制について(令和元年10月31日時点の情報)


高速道路

高速道路では、全国の以下7区間(10県)がチェーン規制の対象となっています。

対象となる都道府県:新潟県、長野県、山梨県、石川県、福井県、滋賀県、岡山県、鳥取県、広島県の計10県


  1. ● 上信越道(路線番号E18)、長野県信濃町IC~新潟県新井PA(上り線)の24.5km区間
  2. ● 中央道(路線番号E20)、山梨県須玉IC~山梨県長坂ICの8.7km区間
  3. ● 中央道(路線番号E19)、長野県飯田山本IC~長野県園原ICの9.6km区間
  4. ● 北陸道(路線番号E8)、福井県丸岡IC~石川県加賀ICの17.8km区間
  5. ● 北陸道(路線番号E8)、滋賀県木之本IC~福井県今庄ICの44.7km区間
  6. ● 米子道(路線番号E73)、岡山県湯原IC~鳥取県江府ICの33.3km区間
  7. ● 浜田道(路線番号E74)、広島県大朝IC~島根県旭ICの26.6km区間

出典:国土交通省 チェーン規制について(令和元年10月31日時点の情報)


チェーン規制が義務化された背景

昨今の日本では、「雪」が災害として大きな脅威となっています。年間の降雪量は横ばいで1980年代の観測データとさほど変わっていませんが、「24時間の降雪量が多い日」が近年増加している傾向にあります。また2005~2016年の約10年の間に、「積雪の深さ」が観測史上最高を更新する地点が全国で3割以上にも及んでいるという気象庁のデータもあります。つまり雪が短時間で集中的に降り、一気に積もってしまう気象が多くなってきているのです。

さらに、大雪による「立ち往生」や「通行止め」が二次的な問題となっています。2017年の冬には、鳥取道及び周辺国道で約300台もの車両が立ち往生となり、また名古屋高速道路では全線で22時間以上通行止めになるトラブルが発生するなどしてニュースとなりました。立ち往生で渋滞が発生すると除雪車さえ入っていけないこともあり、長時間交通がストップしてしまう悪循環に陥りやすいのです。

これらのトラブルに関与しているのがタイヤであり、大雪時は冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)を装着した車であっても、立ち往生が発生してしまっているのが現状です。

立ち往生などのトラブル起きやすい急な勾配の区間において、チェーンの装着を義務付け、交通を円滑にする目的で考えられたのが「チェーン規制」です。また、チェーンを装着していれば通行できるようにすることで、従来よりも通行止めの時間を短くする狙いもチェーン規制には込められています。


チェーン規制における注意点

最後に、チェーン規制の制度がスタートしたことにより、いくつか注意すべき点、覚えておく点があります。

誤解したままチェーン規制時に規制区間を走行してしまうと、違反となることもありますので、細かなルールも十分に理解しておきましょう。


スタッドレスタイヤも規制対象

「スタッドレスタイヤ」も規制対象に含まれます。チェーン規制中は、スタッドレスタイヤの上からチェーンを装着しないと走行できできず、装着していない場合は違反となります。

前述の通り、冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)を装着した車であっても、大雪時に立ち往生が多数発生しています。スタッドレスタイヤを履いていても交通を妨げる原因になり得るため、規制中はルールを守りチェーンを装着して走る必要があります。


4輪駆動の車両も規制対象

「4輪駆動車(4WD)」も規制対象に含まれます。チェーン規制中は、4輪駆動車もチェーンを装着しないと走行できず、装着しない場合は違反となります。

下り坂では、4WDシステムを積む分車重が嵩んでいることもあり、ブレーキ制動距離が2輪駆動車より長くなる傾向があります。とくに雪道の下り坂はブレーキが効きにくいため、2輪駆動車以上に制動距離が延びる4輪駆動車は、スタッドレスタイヤを履いていたとしても危険になることがあります。したがって4輪駆動車であっても、規制中はルールを守りチェーンを装着して走る必要があります。


全てのタイヤではなく、駆動輪にチェーンを装着する

タイヤチェーンはすべてのタイヤに装着する必要はありません。基本的には駆動輪に装着する形となります。

● FF車(前輪駆動の車)の場合・・・チェーンは前輪に装着
● FR車(後輪駆動の車)の場合・・・チェーンは後輪に装着
● 4WD車の場合・・・チェーンは前輪または後輪に装着


使うタイヤチェーンの指定について
 

タイヤチェーンには特に細かな指定はありません。カー用品店やホームセンターなどで「タイヤチェーン」として市販されている製品であれば、どれであっても特に問題はないようです。ただし、薬剤を吹きかけるスプレータイプのタイヤチェーンは除外されます。


チェーン規制時にドライバーがやるべきこと

 

実際に異例な降雪があった際には、お近くの道路でチェーン規制が行われる可能性もあります。その場合ドライバーどのような対応をすればよいのでしょう。順を追って解説していきます。


  1. (1) まずは雪用のタイヤチェーンを普段から車内に常備しておきます(チェーン規制対象の区間がお近くにある方は特に)。
  2. (2) 異例な降雪があった際には、テレビ・ラジオ・インターネット・道路上の電光掲示板などから、運転前にチェーン規制に関する情報を確認しておきます。
  3. (3) チェーン規制が発令されていることが確認でき、かつ対象の規制区間を走行する場合は、以下の指定の場所でチェーンを装着します。
    <一般道>・・・規制区間の手前に用意された「チェーン着脱場」などでチェーンの装着を行います。
    <高速道路>・・・規制区間の手前のサービスエリア・パーキングエリアなど安全な場所でチェーンの装着を行います。
  4. (4) 規制区間には、今回新しく作られた新標識が設置されています。道路上の標識もよくチェックしておきましょう。

※基本的には、規制区間手前で警察官や道路管理者によるタイヤチェーンが装着されているかのチェックも行われています。チェーンの装着していない車は通行できず、そこで引き返すことになります。


まとめ


以上の通り、チェーン規制がスタートしたことにより、異例な降雪があった際には一部の規制区間でチェーンの速着が必須となりました。チェーン規制の対象となっている区間は、いわば大雪時の走行が危険な区間ともいえます。天候の悪い日には極力そのような区間を走行しないようにし、止むを得ずチェーン規制時に走行する場合は、必ずチェーンを装着して走行してください。

■「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/