火災保険の基礎知識「火災保険」ってナニ?

「火災保険」ってナニを補償するの?

「自動車保険」は“自動車”とあるので、自動車が事故で壊れた時などに補償する(保険金が支払われる)保険だということが分かりますが、では、「火災保険」が補償する“モノ”とは何でしょう?

保険の対象
火災保険では、一戸建てやマンション、ビルなどの“建物”と、建物の中にある家具や什器などの“動産”を補償します。これらの“建物”や“動産”などの補償の対象となるモノを、火災保険では「保険の対象」と呼んでいます。

火災保険は、この「保険の対象」ごとに加入する仕組みになっていますので、 ”建物”に保険をかけただけでは、火事で家が燃えてしまった場合に保険金を受け取れるのは”建物”が受けた被害の分だけになります。この場合、 ”動産”の被害については全く保険金を受け取ることができないので、 ”動産”の被害についても補償を受けるには別途”動産”を対象にお申込みいただく必要があります。

「じぶんでえらべる火災保険」は、お客様の生活を守るための火災保険として、お住まい専用の”建物”と、日常生活の”動産”(家財)を対象にご加入いただける保険です。

「建物」・「家財」ってナニ?

「火災保険」ってどんな事故を補償するの?

「火災保険」は、火事で家が燃えてしまったときに補償(保険金をお支払い)しますが、火災保険が補償する事故は“火災”だけではありません。
雷が落ちて電化製品が壊れた場合などの”落雷”、台風で瓦が飛んでしまった場合などの”風災”や、洪水で床上浸水した場合などの”水害”などの自然災害による損害が補償されますし、排水管が詰まり床が水浸しになった場合などの”水濡れ”や、窓を割られて空き巣に入られた時などの”盗難”などの日常生活の中での事故も補償しています。

  • 火災
  • 落雷
  • 破裂・爆発
  • 風・雹・雪災
  • 水濡れ
  • 落下
  • 騒擾
  • 盗難
  • 水災
  • 諸費用

補償される事故の種類は商品によって異なりますが、「じぶんでえらべる火災保険」は、「火災、落雷、破裂・爆発」「風災、雹(ひょう)災、雪災」「水濡れ、物体の落下・飛来、騒擾(じょう)等」「盗難」「水災」などの補償を、「保険の対象」ごとに、お客様に自由にえらんでいただける組立型の火災保険です。

じぶんでえらべる火災保険の特長

今すぐ1分カンタンWEB見積りをする

  • みんながえらぶ3大理由 1.自由に補償をえらべる 2.時価ではなく新価でお支払い 3.家財の保険金額もえらべる もっと見る

取り上げてほしいテーマ、ご意見・ご感想をお聞かせください。

「えらび方のコツ」は皆様のもっと知りたいことを取り上げてまいります。「ここが分かりにくかった」「もっとこういうテーマについて掲載してほしいなど」、ご意見・ご感想をお待ちしております。

ご意見・ご感想

ページトップへ