おとなの自動車保険

事故にあわれた場合は

解決!ナットク!保険のプロが答える自動車保険なるほど相談所

はじめての自動車保険 はじめてのダイレクト自動車保険

任意保険は私を守るものでもある?

任意保険は自身や家族がケガをしたり、マイカーに損害を受けたときにも、必要となるお金をカバーすることができるのでしょうか?

任意保険は他人への「賠償」のほか、自身側への「補償」の組み合わせで構成されていて、自動車事故などで自身や家族がケガをしたり、マイカーが破損したときにも役立てることができます。

Q 任意保険の構成

ファイナンシャルプランナー清水さんが解説

自動車事故を起こしてしまったとき、必ずしも事故の相手から賠償を受けられるとは限りません。自損事故など、そもそも単独で事故を起こしてしまうこともありますし、相手がある事故でも、相手が任意保険に加入していないとか、十分な補償を確保していないことも考えられます。相手だけでなく自身にも過失(=落ち度)がある事故なら、その割合に応じて治療費などが削減される(=「過失相殺」といいます)こともあるのです。

相手に対する「賠償」:対人賠償保険、対物賠償保険, 自身側への「補償」:人身傷害保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険,車両保険

こんなとき、自身側への「補償」があれば、保険金額を上限に、被った損害に応じた保険金を受け取れます。突発的な事故でもお金の心配をせずに安心して治療に専念できることは、誰にとっても大切なことです。

Q 自身に役立つ任意保険の役割

ファイナンシャルプランナー清水さんが解説

マイカーが損害を受けることもあるでしょう。自損事故でクルマを破損させれば修理費が必要です。車同士の事故でも自身に落ち度があれば、修理費全額を相手に負担してはもらえません。水害や台風でマイカーが損害を被ることも考えられます。ここで失ったのが生活必需品のクルマなら、新たなクルマが必要でしょう。しかしオートローンが残っていたり、貯蓄が十分でないなら、その後の家計への影響はとりわけ深刻なものになってしまうでしょう。
こんなとき車両保険に加入していれば、保険金額を上限に、オートローンの残債の清算や、新たなクルマの取得費用に当てられる保険金が支払われます。マイカーに降りかかる不測の事態で、家計がピンチに陥るのを防いでくれるのです。
また自動車事故には、相手があるからこそ生じる煩わしさもあります。自身と相手、どちらがどの程度落ち度があるのか(=過失割合)を決める示談交渉がスムーズにいかず、解決に時間がかかることがあるかもしれません。
こんなときでも人身傷害保険や車両保険には、示談交渉の結果を待たずに損害に応じた保険金が支払われるしくみがあります。経済的な面を心配せずに事故解決に向き合うことができる点は、気持ちの面でもメリットがあるでしょう。

事故で被る自身の経済的損害を
カバーする役割
搭乗者傷害保険
無保険車傷害保険
自損事故保険
個人賠償責任保険
相手方との間で生じる煩わしさを
軽減する役割
人身傷害保険
車両保険
前のトピックス 次のトピックス
ALSOK 事故現場安心サポート 自動車保険の新しい安心 つながるサービス

ページトップへ

PCサイトを表示

ご利用中のOSがご確認できます


お見積り

ページ
トップへ

現在ご使用中のOSの情報を表示しております。

現在ご使用中のOS

判別できません

  • ご利用の環境によっては表示されない場合がございます。

閉じる