おとなの自動車保険

事故にあわれた場合は

ファミリーバイク特約

オプションでご加入いただけます

記名被保険者とそのご家族が、原動機付自転車(125cc以下の二輪車、50cc以下の三輪以上の車)を運転中に事故を起こしてしまった場合に、その事故によって生じた損害賠償や、ご自身のケガなどについて、保険金をお支払いします。
加入タイプは、

  • 「ファミリーバイク特約(自損)」
  • 「ファミリーバイク特約(人身)」

の2タイプがあり、「ファミリーバイク特約(人身)」は、主契約となる自動車保険に人身傷害をセットした場合に任意でセットすることができる、補償が厚いタイプです。

  • ご注意:ファミリーバイク特約は、ロードアシスタンスの対象にはなりません。
加入パターンとセットできる条件
  ファミリーバイク特約(自損) ファミリーバイク特約(人身)
自動車保険に人身傷害をセットした場合 任意でセットできます 任意でセットできます
自動車保険に人身傷害をセットしない場合 任意でセットできます -
加入パターンと補償の範囲
  対人賠償 対物賠償 人身傷害 自損事故傷害
ファミリーバイク特約(人身) 人身傷害で補償
ファミリーバイク特約(自損) -

ファイナンシャルプランナーが教える 補償選びのワンポイントアドバイス

自分や家族が運転する125cc以下のバイクが対象になる特約で、何台でも対象になりますし、借りたバイク(125cc以下)も対象になります。また、運転者の範囲を制限する特約がついていても記名被保険者とその家族であれば、補償の対象となりますし、年齢条件が付いていても、ファミリーバイクには適用されません。別途バイクの保険に加入するよりもメリットが大きい特約です。

石川 英彦(いしかわ ひでひこ)
株式会社マネーライフナビ代表取締役。
顧客の立場から金融アドバイスを行うFP業務を行いながら、大手金融機関のWEBサイト企画、ポータルサイトへのコンテンツ提供も実施。

ファミリーバイク特約(人身) 人身傷害をセットした場合に、任意でセットすることができます。

「ファミリーバイク特約(人身)」では、原動機付自転車搭乗中に、他人を死傷させた場合(対人事故)や、他人のお車や家屋などの財物に損害を与えた場合(対物事故)に、お客さまが法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して保険金をお支払いします。

また、原動機付自転車搭乗中の記名被保険者またはそのご家族のおケガの補償についても、治療費の実費や、働けない間の収入、精神的損害などを補償します。補償金額は実損型となり、ご契約自動車にセットされた人身傷害保険の保険金額を限度として、死亡、後遺障害、傷害について保険金をお支払いします。

たとえば相手がいる事故の場合、お客さまの責任割合(過失割合)分については相手から補償されないことがありますが、ファミリーバイク特約(人身)をセットすると、お客さまの責任割合にかかわらず、実際の損害額を保険金としてお支払いします。

事故の種類と補償の範囲

相手への賠償
対人事故 補償されます
対物事故 補償されます
ご自身のケガ
相手のいない事故 単独事故(自損事故※1 補償されます
(実際の損害額を人身傷害で補償 ※2
相手のいる事故 相手に責任がなくお客さまの責任割合100%の場合
(自損事故 ※1
補償されます
(お客さまの責任割合にかかわらず、実際の損害額を人身傷害で補償 ※2
相手にも責任がある場合
  • ※1 自損事故とは、相手がいない単独事故や、相手方に過失がなく対人賠償保険や自賠責保険で補償が受けられない場合をいいます。
  • ※2 人身傷害保険の保険金額を限度とします。
  • (注) ご自身のバイクについての損害は、ファミリーバイク特約では補償されません。

ファミリーバイク特約(自損)

「ファミリーバイク特約(自損)」の場合、対人賠償、対物賠償の補償は「ファミリーバイク特約(人身)」と同じですが、原動機付自転車搭乗中の記名被保険者またはそのご家族のおケガの補償は、いわゆる自損事故※1のみとなります。

  • ※1 自損事故とは、相手がいない単独事故や、相手方に過失がなく対人賠償保険や自賠責保険で補償が受けられない場合をいいます。

事故の種類と補償の範囲

相手への賠償
対人事故 補償されます
対物事故 補償されます
ご自身のケガ
相手のいない事故 単独事故(自損事故※1 補償されます(定額をお支払いします)
相手のいる事故 相手に責任がなくお客さまの責任割合100%の場合
(自損事故 ※1
補償されます(定額をお支払いします)
相手にも責任がある場合 補償されません
通常は相手の保険から賠償されますが、お客さまの責任割合分は、お客さまの負担となります。
※「ファミリーバイク(人身)」に加入することで、この場合も補償されます。
  • (注) ご自身のバイクについての損害は、ファミリーバイク特約では補償されません。

自損事故の場合の補償金額は定額型となり、支払保険金は以下の通りです。

死亡保険金 1名あたり、1,500万円
後遺障害保険金 1名あたり、後遺障害の程度に応じ 50万円~1,800万円
医療保険金 1名あたり、
入院の場合1日6,000円、通院の場合1日4,000円※
※通院日数は医師の治療が必要となった場合の治療日数となります。
※入院・通院に対する補償は1回の事故につき100万円が限度となります。
重度後遺障害保険金 重度の後遺障害のうち、所定のものについては、1名あたり、200万円

補償の対象となる方

  1. 記名被保険者
  2. 記名被保険者の配偶者
  3. 記名被保険者または配偶者の同居の親族
  4. 記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子

上記1~4のいずれかに該当する方が対象となり、ご契約のお車の「運転者の範囲」や「最も若い同居のお子様の年齢条件」は問いません。したがって、高校生のお子様など「原付免許」しか持たない方が50ccバイクを運転中に事故を起こした場合なども、補償されます。

補償の対象となるバイク

ファミリーバイク特約の対象となる「バイク」は、上記の補償の対象となる方が所有・使用・管理する原動機付自転車で、道路運送車両法で定める原動機付自転車(総排気量125cc以下の二輪車、総排気量50cc以下の三輪以上の車)です。

  • 注1借りたバイクも含みます。
  • 注2薄青色のナンバープレートのミニカーも含みます。
  • 注3サイドカー付きのバイクは総排気量50cc以下に限ります。

実際の契約を見てみよう

ページトップへ

PCサイトを表示

ご利用中のOSがご確認できます


お見積り

ページ
トップへ

現在ご使用中のOSの情報を表示しております。

現在ご使用中のOS

判別できません

  • ご利用の環境によっては表示されない場合がございます。

閉じる