おとなの自動車保険

事故にあわれた場合は

搭乗者傷害

オプションでご加入いただけます

ポイント1
治療中でも当座の費用を迅速にお支払い!

ご契約のお車に搭乗中の方が、自動車事故により死傷した場合や後遺障害を負った場合に、あらかじめ定められた金額をお支払いします。
おケガの治療中であっても、ケガの症状により保険金をスピーディーにお支払いしますので、入院費や通院費などの当座の費用が必要となった場合でも安心です。

搭乗者傷害をセットすると、死亡または後遺障害を負った場合や、治療日数が5日以上の場合、人身傷害で支払われる保険金のほか、搭乗者傷害から死亡・後遺障害保険金や、入通院一時金をお支払いします(入通院日数が1日~4日の場合、一律1万円をお支払いします)。

人身傷害のセット状況、搭乗者傷害の加入パターンによって下表の保険金額となります。

人身傷害をセットしている場合
搭乗者傷害の加入パターン 死亡・後遺障害の保険金額 ※ 入通院一時金の額
死亡・後遺障害・入通院一時金補償型
保険金額2,000万
2,000万円
(実際の損害額に基づいて支払われる人身傷害とは別にお支払いします。)
入通院
4日以内=1万円
5日以上=10~100万円
死亡・後遺障害・入通院一時金補償型
保険金額1,500万
1,500万円
(実際の損害額に基づいて支払われる人身傷害とは別にお支払いします。)
入通院
4日以内=1万円
5日以上=10~100万円
死亡・後遺障害・入通院一時金補償型
保険金額1,000万
1,000万円
(実際の損害額に基づいて支払われる人身傷害とは別にお支払いします。)
入通院
4日以内=1万円
5日以上=10~100万円
死亡・後遺障害・入通院一時金補償型
保険金額500万
500万円
(実際の損害額に基づいて支払われる人身傷害とは別にお支払いします。)
入通院
4日以内=1万円
5日以上=10~100万円
入通院一時金補償型 なし 入通院
4日以内=1万円
5日以上=10~100万円
搭乗者傷害をセットしない なし なし
  • 所定の重い後遺障害により介護が必要になったと認められる場合、上記の保険金のほかに、後遺障害保険金の60%に相当する額を重度後遺障害保険金としてお支払います。ただし、600万円を限度とします。

ファイナンシャルプランナーが教える 補償選びのワンポイントアドバイス

搭乗者傷害は契約時に決めた金額が損害額に関係なく「定額」で支払われるものです。人身傷害保険にプラスして加入していれば、補償がより手厚くなります。また、医療保険や傷害保険に加入していればカバーできるかもしれません。この補償が必要な主なケースは、1.手元資金の早急な確保が必要な場合(預貯金などを取り崩したくない場合)2.同乗している知人や友人には早急に治療費を支払いたい場合、などです。人身傷害保険でカバーできるので、上乗せ補償もしくは手元資金の早期確保には適しています。

石川 英彦(いしかわ ひでひこ)
株式会社マネーライフナビ代表取締役。
顧客の立場から金融アドバイスを行うFP業務を行いながら、大手金融機関のWEBサイト企画、ポータルサイトへのコンテンツ提供も実施。

入通院日数が4日以下の場合には、一律1万円をお支払いします

入通院一時金は、入通院日数が4日以下の場合、おケガの部位・症状にかかわらず、1万円をお支払いします。入通院日数が、5日以上の場合は、おケガの程度に応じて、下表に定める額をお支払いいたします。

被保険者が被った傷害 入通院一時金の額
1. 下記2~8以外 10万円
2. 骨折または歯牙を除く部位の脱臼 30万円
3. 眼を除く部位の神経損傷または神経断裂
4. 腱、筋または靭帯の断裂
5. 上肢または下肢の欠損または切断 50万円
6. 眼の神経損傷もしくは神経断裂または眼球の破裂もしくは損傷
7. 胸部または腹部の臓器の破裂または損傷
8. 脳挫傷、脳挫創等の脳損傷、頭蓋内血腫(出血を含む)、頸髄損傷または脊髄損傷 100万円
  • (注)同一事故により被った傷害が、上記1~8の項目の複数に該当する場合は、それぞれの項目により支払われるべき保険金のうち、最も高い金額を入通院一時金としてお支払いします。

補償の対象となる方

  • ご契約のお車に搭乗中の方

ご契約のお車に搭乗されている方であれば、ご契約者ご本人、ご家族、友人を問わず全員が補償の対象となります。
保険金は、搭乗されている方それぞれの人数分、1名につき保険金額を限度にお支払いします。

実際の契約を見てみよう

人身傷害との違いは?

人身傷害は、治療費を含め実際の損害額を補償しますが、損害額を確認できる書類が揃うまでには時間を要し、当座の費用を補償するという意味では必ずしも十分とは言えません。
搭乗者傷害では治療中でもスピーディーに保険金をお支払することができます。

人身傷害

治療費や精神的損害などの実際の損害額のお支払い

治療費の実費や精神的損害、休業損害など、実際にかかった費用や損害額を、お客さまの責任割合(過失割合)にかかわらずお支払いします。

何といってもポイントは、責任割合に関わらず実際にかかった損害額が支払われること!損害についてほぼ全額補償され、最終的にお客さまの自己負担がほとんどありません。
※損害額が保険金額を上回る場合は、お客さまの自己負担が発生することがあります。
搭乗者傷害

あらかじめ決められた金額のお支払い

死亡または後遺障害の場合
死亡または後遺障害を負った場合に、あらかじめ定められた金額をお支払いします。(死亡・後遺障害・入通院一時金補償型をセットした場合)

ケガの場合
実際にかかった金額にかかわらず、症状によってあらかじめ定められた金額をお支払いします。

人身傷害と搭乗者傷害の違い

お問合わせが多い「人身傷害」と「搭乗者傷害」の補償内容の違いと、加入パターンについて、わかりやすくまとめました。

この補償の保険料は?

  • これらの保険料は一例です。

ポイント2
搭乗者傷害は補償内容を2種類から選べます

死亡・後遺障害・入通院一時金補償型

おケガを負った場合の入通院一時金の他に、死亡された場合の死亡保険金、後遺障害を負われた場合の後遺障害保険金をお支払いします。
人身傷害保険にプラスして補償を手厚くしたい方、手元資金を早期に確保したい方におすすめです。

入通院一時金補償型

おケガを負った場合の入通院一時金をお支払いします。
入院や通院などの治療中のみ、スピーディーに費用を確保したい方におすすめです。死亡、後遺障害、重度後遺障害の補償はありませんが、その分リーズナブルな保険料となっています。

搭乗者傷害で保険金が支払われない主な場合

  • 被保険者の故意または重大な過失によって、その本人に生じた損害
  • 箱乗りなどの異常かつ危険な方法でご契約のお車に搭乗中の方に生じた損害
  • 被保険者がご契約のお車の所有者などから承諾を得ないでご契約のお車に搭乗中に生じた損害
  • 被保険者の脳疾患・疾病または心神喪失によって、その本人に生じた損害
  • 無免許運転、麻薬などの影響で正常な運転ができないおそれのある状態での運転、酒気を帯びた状態での運転によって、その本人に生じた損害
  • 闘争行為、自殺行為、犯罪行為によって、その本人に生じた損害 など
  • すでに存在していた身体の障害または疾病の影響などにより傷害の程度が大きくなった場合は、その影響がなかった場合に相当する金額をお支払いします。

ページトップへ

PCサイトを表示

ご利用中のOSがご確認できます


お見積り

ページ
トップへ

現在ご使用中のOSの情報を表示しております。

現在ご使用中のOS

判別できません

  • ご利用の環境によっては表示されない場合がございます。

閉じる