閉じる

Q 車両無過失事故に関する特約は何に役立つの?

A おとなの自動車保険なら、「車両無過失事故に関する特約」が自動的にセットされているため、もらい事故(お客さま側に過失のない事故)で車両保険を請求しても、ほかに等級が下がる事故を発生させていなければ、翌年度は1等級上がります。

この特約がない場合

衝突事故発生時のお客さま側の過失の有無に関わらず、車両保険の保険金を請求すると等級が下がり、翌年度の保険料がアップしてしまいます。

もらい事故発生→保険金の請求→等級が下がり、翌年度の保険料アップ

この特約がある場合(おとなの自動車保険なら自動的にセット)

この特約があれば、「お客さま側に過失がなく、相手方の確認ができていること」などの一定の条件を満たす場合、等級を下げずに車両保険の保険金を請求することができます。
次年度以降に当社とご継続いただいた場合にかぎります。

もらい事故発生→保険金の請求→等級が上がり翌年度の保険料ダウン

「車両無過失事故に関する特約」が適用となる場合

以下①および②の条件をともに満たす場合に「車両無過失事故に関する特約」が適用となります。

  • ①相手自動車(※1)との車対車事故で、契約自動車の所有者、使用者等に責任がなかったことが確定(※2)した場合
  • ②相手自動車の情報(登録番号等)と、相手自動車の運転者または所有者の情報(住所・氏名)が確認できること
  • ※1 相手自動車とは、原付・二輪自動車を含みます。相手が自転車や歩行者の場合の事故はこの特約の対象とはなりません。
    また、相手自動車の所有者は、ご契約のお車の所有者と異なる場合にかぎります。
    例えばご自身がお車を2台所有しており、そのお車同士の事故の場合、所有者が同じであるため補償の対象とはなりません。
  • ※2 相手の赤信号無視、追突、センターラインオーバーなど事故の状況からご契約のお車の所有者、使用者等に責任がないと当社が認めた場合を含みます。

(注)車両新価特約、車両全損修理時特約、車両身の回り品補償(車両積載動産特約)の保険金をお支払いする場合、この特約の対象外となり、翌年の等級は下がります。

閉じる