セゾン自動車火災保険が自信を持っておすすめするペット保険!

商品の
おすすめポイント

12歳11か月まで新規加入OK
&終身継続可能だから安心

「うちの子」なら
窓口精算で簡単便利

補償開始はお申込み
から最短1か月後

ペット保険とは

ペット保険とは、大切なペットが病気やケガで診療や手術を受けた場合に、かかった費用を限度額や一定割合の範囲内で補償する保険です。

犬や猫などのペット医療には、人間と違って公的な健康保険がありません。
人間なら、健康保険に加入していれば、診療費も薬代も通常3割負担ですが、動物の場合は全額自己負担となります。そのため、治療が長引いたり、手術が必要な場合には、高額な診療費がかかってしまうことがあります。そんな“もしも”のときの費用負担を軽減するのが、ペット保険の役割です。

選べるつのプラン

  • いつでも安心「うちの子」
  • もしもに備える
    「うちの子ライト」

充実した補償内容
窓口精算OK

ペット保険「うちの子」は通院から
入院・手術まで幅広くカバー!

70%と50%の
選べる2つの補償プラン

70%プラン(補償割合:70%)
70%プラン
補償割合 70%
通院
支払限度額・日数
1日あたり12,000円まで年間22日まで
入院
支払限度額・日数
1日あたり30,000円まで年間22日まで
手術
支払限度額・日数
1回あたり15万円まで年間2回まで
補償限度額
(年間)
最大122.4万円まで
50%プラン(補償割合:50%)
50%
通院
支払限度額・日数
1日あたり12,000円まで年間22日まで
入院
支払限度額・日数
1日あたり12,000円まで年間22日まで
手術
支払限度額・日数
1回あたり10万円まで年間2回まで
補償限度額(年間) 最大72.8万円まで
保険期間 1年間(2年目以降は自動的に継続となります。)

「うちの子」が選ばれる理由

  • 特長1
  • 特長2
  • 特長3

便利な窓口精算で、
保険金請求の手間いらず!

アイペット対応動物病院の窓口で
「保険証」または
マイページの
「ご契約内容の確認」画面
ご提示いただくと、
お支払いは
保険による補償分を除いた
自己負担分の診療費のみでOK!

アイペット対応動物病院
(2021年6月時点)

5,300以上の施設で利用OK

アイペット対応動物病院は
このステッカーが目印です。

保険金の直接請求なら
全国すべての
動物病院に対応!

  • ※窓口精算できない場合がありますので、詳しくは「ご契約のしおり」をご確認ください。
    例)アイペット対応動物病院にて保険契約の有効性確認ができない場合等
  • ※お支払い手続きに関して不明な点がある場合はご連絡させていただく場合があります。

手厚い補償で病気やケガをサポート

アイペットで保険金請求が多い
歯科治療(歯周病)*1や、
先進医療*2
小型犬で発症しやすい
先天性の膝蓋骨脱臼
(パテラ)*3

補償対象なので安心!

  • *1 予防の場合を除きます。
  • *2 代替医療に該当する場合を除きます。
  • *3 補償開始前に既に獣医師の診断により発見されていた場合を除きます。
保険金請求が多い
傷病ランキング(手術)
順位 傷病名 参考診療費
1位 腫瘍 90,400円
2位 歯周病 97,300円
3位 骨折 308,700円
4位 異物誤飲 77,760円(※1)
5位 膝蓋骨脱臼 254,000円
順位 傷病名 参考診療費
1位 異物誤飲 220,800円(※2)
2位 腫瘍 90,400円
3位 歯周病 97,300円
4位 尿石症 127,800円
5位 骨折 308,700円
傷病名 診療例
腫瘍 皮膚腫瘍を手術で取った例
歯周病 全身麻酔をして歯石除去と抜歯した例
骨折 手術で折れた骨をつなげた例
異物誤飲
  • ※1 全身麻酔をして異物を内視鏡で取り出した例 
  • ※2 異物を開腹手術で取り出した例
膝蓋骨脱臼 ずれた膝蓋骨を手術で戻した例
尿石症 膀胱の結石を手術で取り出した例
  • ※2020年1月~12月のアイペットの保険金請求データを元にしたサンプル調査により算出(サンプル数:52,927件)
  • ※上記の診察費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
OK!
  • 具合が悪そうなので動物病院へ (病気と診断されなくても保険の利用OK)
  • 海外医薬品が補償対象 (2018年6月1日ご診療分より)

長引く治療を最後までサポート!

保険会社によっては契約の継続時に
条件がついてしまうことも…
アイペットなら、
継続治療が必要になる
慢性的な病気でも
安心してご利用いただけます。

継続治療に嬉しいつのポイント

  • 前年の病気により継続できなくなったり、補償対象外になることはなし
  • 契約継続時に支払限度日数(回数)がリセットされる
  • 保険の利用状況による保険料の割増はなし
  • ※保険料は、所定の年齢層において、対象ペットの年齢が上がることにより毎年変わります。
だから、このような継続治療でも
安心して治療に専念できます
例
  • ※上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • ※各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • ※お支払いさせていただく保険金は支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。
保険を使うと
どのくらい補償されるの?過去にアイペットへ請求のあった
一例をご紹介します。
例
  • ※上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • ※各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • ※お支払いさせていただく保険金は支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

手頃な保険料手術費用
最大90%補償

“うちの子”のために
ペット保険の加入を考えているけど、
月々の保険料を抑えたい・・・という方に
オススメのペット保険「うちの子ライト」。

補償プラン
補償対象 手術+手術を含む
連続した入院
(手術1回につき10日まで)
補償割合 90%
手術1回あたりの
支払限度額
50万円まで
支払限度回数 年間2回まで
保険期間 1年間
(2年目以降は自動的に継続となります)
最低支払対象治療費・・・3万円
  • ※補償の対象となる額が、この金額に達しない場合は保険金をお支払いできません。

「うちの子ライト」が選ばれる理由

  • 特長1
  • 特長2
  • 特長3

手頃な保険料!犬は月々990円~
(トイ・プードル/1歳の場合)

「うちの子ライト」
高額になりがちな
手術費用
特化して、お手頃な保険料を実現。

例
  • ※上記保険料には多頭割引および「ペット賠償責任特約」の保険料は含まれておりません。

手術費用を最大90%補償

手術の場合、数十万単位の
診療費がかかる
ことも
珍しくありません。

保険金請求が多い
傷病ランキング(手術)
順位 傷病名 参考診療費
1位 腫瘍 90,400円
2位 歯周病 97,300円
3位 骨折 308,700円
4位 異物誤飲 77,760円(※1)
5位 膝蓋骨脱臼 254,000円
順位 傷病名 参考診療費
1位 異物誤飲 220,800円(※2)
2位 腫瘍 90,400円
3位 歯周病 97,300円
4位 尿石症 127,800円
5位 骨折 308,700円
傷病名 診療例
腫瘍 皮膚腫瘍を手術で取った例
歯周病 全身麻酔をして歯石除去と抜歯した例
骨折 手術で折れた骨をつなげた例
異物誤飲
  • ※1 全身麻酔をして異物を内視鏡で取り出した例 
  • ※2 異物を開腹手術で取り出した例
膝蓋骨脱臼 ずれた膝蓋骨を手術で戻した例
尿石症 膀胱の結石を手術で取り出した例
  • ※2020年1月~12月のアイペットの保険金請求データを元にしたサンプル調査により算出(サンプル数:52,927件)
  • ※上記の診察費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。

「うちの子ライト」なら
高額になりがちな手術費用を
最大90補償するので安心!

例
  • ・上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • ・各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • ・お支払いさせていただく保険金は支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

手術を含む連続した入院も10日まで補償

手術と関連する
入院中の検査費用
食餌補償対象!

  • ※手術と関係のない検査は対象になりません。
  • ※食餌は入院期間中に動物病院から提供される食餌が対象となります。(一部対象外の場合もございます)
補償対象となるケース
(手術と連続した入院をした場合)
※通院のみ、手術と連続しない
入院の場合は補償対象外となります。
入院費用も補償されます(手術1回につき10日間まで)
保険を使うと
どのくらい補償されるの?過去にアイペットへ請求のあった
一例をご紹介します。
例
  • ※上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • ※各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • ※お支払いさせていただく保険金は支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

補償開始までの流れ

補償開始は
お申込みから最短1か月後

  • クレジット
    カードの場合
    申込受付日の
    翌月同じ日
    (1か月後)
  • 口座振替
    の場合
    申込受付日の
    属する月の
    翌々月1日
    (4/15到着の場合
    6/1から)

保険料払込方法はクレジットカード払いと口座振替からお選びいただけます。※1クレジットカード払いの方が、補償が早く開始し※2、補償開始日後すぐに窓口精算が可能なためおすすめです!

  • ※1 インターネットでのお申込みはクレジットカード払いのみとなります。口座振替をご希望のお客さまは資料請求のうえ、書面にてお申込みください。
  • ※2 クレジットカード払いの場合、申込受付日※3の翌月同じ日(31日などで同じ日が無い場合は翌月末日)の午前0時から補償が開始します。口座振替の場合、申込日※3の属する月の翌々月1日の午前0時から補償が開始します。
  • ※3 インターネットでのお申込みが完了するか、必要書類がアイペットまたは代理店に到着した日が申込受付日となります。
  • ※4 実際にお客さまの口座からの引落日については、カード会社により異なりますので発行元カード会社へお問合せください。手続きの状況によっては、補償開始月の翌月に2か月分の保険料が合算で請求になる場合があります。
  • ※5 窓口精算は「うちの子」のみのお取扱いとなります。
  • ※6 アイペットにて第1回保険料の払込みの確認(振替日から5営業日程度)ができ次第、アイペット対応動物病院での窓口精算が可能となります。

おすすめする理由

セゾン自動車火災保険は、一人ひとりのお客さまとそのご家族に寄り添い、これからの人生をサポートする存在でありたいと考えています。その家族には、もちろん、お客さまが大切にされているペットも含まれます。
そこで、当社は「アイペット」のペット保険をおすすめしています。
アイペットのペット保険は、12歳11か月まで新規加入が可能。また、終身まで継続でき、高齢になっても保険に入り続けることができます。さらに、前年度にかかった病気による条件追加や継続不可、保険の利用状況による保険料の割増がないので、長く治療をサポートすることができます。
生涯寄り添う大切なペットに対して、年齢にかかわらないサポートや終身補償をお届けすることで、セゾン自動車火災保険はペットを含めたご家族に安心を提供します。

よくある質問

Q1

加入の際に、健康診断やワクチン証明書は
必要ですか?

不要です。

お客さまから告知していただいたペットの健康状態等の情報をもとに、お引受けの審査をさせていただきます。
(補償開始前に発症した傷病がある場合、引受可否の判断をさせていただくために診断書や完治証明書等の提出をお願いする場合があります。補償開始前に発症していた傷病は補償の対象外となりますのでご注意ください。)

Q2

現在治療中なのですが、加入できますか?

傷病の内容によっては、お引受けできない場合や、特定の病気や体の部位については補償しないといった条件でのお引受けとなる場合があります。
(お引受けできない場合は書面にて通知、条件付きでお引受けの場合は書面にてご意向を確認させていただきます。)

Q3

ペットの正確な生年月日が分からないのですが
加入できますか?

ご加入いただけます!

お近くの動物病院で、獣医師による推定年齢をご確認ください。月日が分からない場合はお宅に迎え入れた日などを誕生月・日としてください。

Q4

補償はいつから始まりますか?

お申込み後、補償開始までお手続きの審査期間がありますが、最短1か月後より補償が開始します。