季節の特集

電話がニガテな人=「電話恐怖症」が増えている!?意識調査から読み解く、現代のコミュニケーション事情

人々のコミュニケーションの形は、新たなツールの登場のたびに変遷してきました。
特にここ数十年では、携帯電話の普及、そしてLINEをはじめとするメッセージアプリの登場で大きな変化が起こっています。
おとなの自動車保険でも、2019年7月にLINE公式アカウントを開設。お電話での問い合わせに加えて、メッセージアプリを使った問い合わせにも対応しています。

そうした変化の影響もあってか、固定電話に対して苦手意識を持つ人の存在が知られるようになり、最近では「固定電話恐怖症」というワードが注目を集めたこともありました。
そこで今回、編集部は全国の20代〜60代を対象としてインターネットアンケートを実施。実際のところ、どれくらいの人が電話に対して苦手意識を抱いているのか、電話のどんな点に苦手意識を感じているのかなど、電話に関する意識調査を実施しました。

ネット方保険初心者の方へまずはこちらをチェック!ネット方保険初心者の方へまずはこちらをチェック!

全体の約4割が電話恐怖症であるという結果に!

電話がかかってきたときや、自分が電話をかけるときにストレスを感じる人を「電話恐怖症」とした場合、いったいどのくらいの割合の人が該当するのでしょうか?

今回は、以下の1~4の質問のうち2つ以上、かつ5~10の質問のうち3つ以上当てはまる(やや当てはまるも含む)と回答した人を「電話恐怖症」と仮定し、調査しました。


<質問>

1 自宅や勤務先の固定電話が鳴ると緊張する
2 自宅の固定電話にかかってきたとき居留守をすることがある
3 非通知の電話には出ないことが多い
4 見知らぬ番号からの電話には出ないことが多い
5 固定電話に電話を掛けるときに緊張する
6 友人や知人に電話をする際、LINEやメール等で事前に連絡する
7 留守番電話にメッセージを入れることが苦手だ
8 お店に予約を入れるときは電話よりインターネットを使う
9 電話を掛ける前に話す内容や言葉を準備する
10 電話の方が早い場合でもLINEやメール等で連絡したい

すると、全体の約4割の人が電話恐怖症であるという結果に。

※各質問に当てはまる(やや当てはまるも含む)と回答した人の割合は以下のとおり。
1=41.7%、2=47.7%、3=68.3%、4=65.3%、5=29.3%、6=35.3%、7=53.3%、8=45.0%、9=58.3%、10=38.3%


メッセージアプリがあるのが当たり前の世代が増えていくなか、使用頻度が少なくなった電話に苦手意識を感じる人は、今後さらに増えていくかもしれません。


電話恐怖症の人は電話についてどう感じている?

とはいえ、電話が苦手だからといって、現代の日本で電話をまったく使わずに生活することは難しいものです。
では、電話恐怖症の人は、電話とどのように付き合っているのでしょうか。

調査によると、電話恐怖症に当てはまる人の 特徴として多いものには、「非通知でかかってきた電話には出ない」や「知らない番号からの着信には出ない」ということが挙げられます。今回の調査では、電話恐怖症に分類される人のうち9割以上がこれらの質問にあてはまる・ややあてはまると答えています。


ただ、これらの行動については電話恐怖症以外の人でも約5割が当てはまると答えているように、迷惑電話や詐欺から身を守るという意味で、一般的な傾向であるとも言えるでしょう。
では、電話恐怖症の人だからこそ抱えているストレスや特徴はどのようなものがあるでしょうか。

調査結果によると、電話恐怖症の人は自ら電話をかけることにも強いストレスを感じるようです。
電話恐怖症の9割の人が「電話をする前に準備が必要 」と答えています。
特に、固定電話へのストレスがより強く、「固定電話にかけるときに緊張する」と答えた割合は、恐怖症以外の人では1割にも満たなかったのに対し、電話恐怖症の人では6割と、大きな差があります。


その他に特徴的なのは、電話恐怖症の人の約8割が「お店の予約にネットを活用する」と答えていることです。


電話ではなくネットを活用する理由としては、「雑な対応をされると傷つく」といった声がありました。


メッセージアプリの普及で、電話の回数は減っている!


電話をかけるのも受けるのも苦手な人にとって、メッセージアプリの普及は願ってもないことでしょう。また、電話に苦手意識のない人でも、LINEなどのメッセージアプリを利用するなかで、便利さを実感している人も多いのではないでしょうか。

メッセージアプリが広く浸透するにしたがって、私たちのコミュニケーションには少なからず変化が起きていると言えます。
そのひとつが、電話回数の減少です。
今回の調査では、全体の半数以上の人が、アプリ使用により電話回数が減ったと回答しています。


理由としては「電話よりもLINEの方が連絡がつきやすい」、「自分のタイミングで連絡がとれる」という点が挙げられています。 加えて、全体の7割以上の人がメッセージアプリの普及に「便利さ」を感じているという結果が出ました。


さらに、全体の約半数が、メッセージアプリによる連絡や手続きができる風潮に関して「良いと思う」と考えており、特に若年層では男女ともにメッセージアプリの使用を好む割合が高いこともわかります。


企業のコミュニケーション手段も多様化している!

このような世の中の動きを受けて、商品やサービスの問い合わせにメッセージアプリを活用する企業も増えてきています。
前出のデータからも、全体の半数近い人がメッセージアプリの使用を好んでいるということがわかり、メッセージアプリを使ったやりとりの需要は相当数あると考えられます。
今後は企業側も、こうした声に応えて体制を整えていく必要があるでしょう。

とはいえ、やはり現状では多くの場合、電話での問い合わせ窓口が、企業とお客様とのメインの接点だと言えるでしょう。

電話連絡のよいところは、オペレーターと直接話をすることで、その場で自分の疑問点を解消してもらったり、不安な気持ちまで理解してもらったり…ということではないでしょうか。
電話でのコミュニケーションこそ、早く正確に問題が解決すると考える方も多くいらっしゃるはずです。
その反面、ライフスタイルの多様化により、問い合わせ窓口の営業時間に電話連絡をすることが難しいケースなども増えてきています。


こうした利用者の負担に対して、メッセージアプリが活用されることで、利用者の利便性がより高まることが期待できるでしょう。


まとめ

今回の調査では、全体の約4割が電話でのコミュニケーションに苦手意識を抱えているということ、また、メッセージアプリの普及がわたしたちの生活に大きく影響を与えているということがわかりました。

コミュニケーションの手段が多様化している中で、これからは、それぞれのツールの利点をふまえて上手に活用することが、企業にも私たち一人ひとりにも求められるでしょう。

電話で話しながら手続きを進めるほうがいい人の場合は、電話が利用できればいいですし、文字でのやりとりの方が好きなのであれば、メッセージアプリを利用した方が手続きがスムーズなはずです。
せっかくさまざまな選択肢があるのですから、場面や自分の特性に合わせて、賢く使い分けたいですね。
サービスを提供する企業も連絡手段を電話、メール、SNSなどマルチ化させることが重要です 。

2020年3月末に契約台数が100万台を突破した 「おとなの自動車保険」については、事故の際にLINEから簡単にご連絡いただけるほか、事故対応中のやり取りや、ご契約内容の変更手続きなどもLINEのチャットで行えます。チャットで手続きが完了するので、お客さまのご都合のよいタイミングでご利用いただけます。もちろんお電話での対応も可能です。
また、万が一の際にお車の損害額の確認に必要な損害写真をお客さまご自身にご用意いただく場合は、「おくるま撮影サポート」機能を利用すればスマートフォン上にガイダンスが表示され、簡単に 写真を撮影することができます。
ご自身のコミュニケーションスタイルに合わせて、ぜひ活用してみてください。


【調査概要】
■名称 : 電話恐怖症に関する意識調査
■調査主体 : セゾン自動車火災保険株式会社(SOMPOホールディングスグループ会社、
本社:東京都豊島区、代表取締役社長:佐藤史朗)
■調査方法 : インターネット調査
■調査時期 : 2020年3月
■調査対象 : 20~60代の男女300名

「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/