ドライブ

あおり運転とは?厳罰化の背景・変更点や罰則について

近年、社会問題にまで発展しているあおり運転。重大な事故に発展する恐れもあり、2020年6月の改正道路交通法ではあおり運転に対する罰則が厳格化されました。

ここでは、その変更点を解説するとともに、あおり運転をされないためのポイントや、遭遇してしまった際の対策方法についても分かりやすく解説します。

ネット方保険初心者の方へまずはこちらをチェック!ネット方保険初心者の方へまずはこちらをチェック!

あおり運転とは


あおり運転とは、後方や左右から車間距離を極端に詰めたり、幅寄せをしたり、前方を走っていながら突然急停止して故意に車両の運転を妨害するような危険な行為のことです。

また、些細なことでパッシングをしたり、クラクションを過剰に何度も鳴らしたりするなど、威圧感を与える迷惑行為もあおり運転に含まれます。

その他にも、進路を譲ることを強要したり、相手の車両を追い回したりすること、突然の割り込み行為、ハイビームを使った運転の妨害、直接相手に罵声を浴びせたり脅したり暴言を吐くことも、あおり運転に該当する行為です。

一般道路はもちろん、高速道路でのあおり運転は特に危険であり、死亡事故に繋がるケースも発生しています。


道路交通法が改正され、あおり運転が厳罰化

あおり運転の防止策として、2020年6月30日の改正道路交通法で「妨害運転罪」が創設されました。これにより、あおり運転は「妨害運転罪」として明確な取締り対象になるとともに、罰則が大幅に強化されることとなりました。


厳罰化の背景

あおり運転は以前から問題視されており、厳罰化が強く望まれていましたが、その直接的な契機となったのは、2017年6月に東名高速道路下り線で起きたあおり運転事故です。

あおり運転の後に被害者の車の進路を塞ぎ、車を強引に停止させたところへ後続のトラックが追突して4名の死傷者を出した事件の裁判では、あおり運転や車を強引に停止させる行為に対して、直接危険運転致死傷罪が適用されず裁判は二転三転。最終的に加害者には「危険運転致死傷罪」の判決がくだされたものの、多くの問題を残した判例となりました。

また、その後の2019年にも、常磐自動車道でのあおり運転の末に暴力行為におよぶなどの事件が発生しました。これらの事件を教訓として、ようやく2020年6月2日に、あおり運転の厳罰化などを盛り込んだ改正道路交通法が国会で可決成立しました。


改正後の変更点

これまで明確な取締り規定がなく、一般的な道路交通法違反が適用されていたあおり運転は、道路交通法の改正によって「妨害運転罪」として厳格な処分がくだされるようになりました。

まず、他車の交通を妨害する目的での急ブレーキや、執拗なクラクション、パッシングなど、あおり運転に該当する行為は事故を起こさずとも取締りの対象になります。さらに、著しい危険を生じさせる行為をした場合は、飲酒運転と同等の罰則が科せられます。

また、「危険運転致死傷罪」の対象となる類型に「走行する車の進路を塞ぎ、停止させる、または著しく接近する」「高速道路や自動車専用道路で走行中の車を停止または徐行させる」の2点が追加されました。


あおり運転 の定義


ではあらためて、どういった行為が「あおり運転」とみなされるか、その定義を見てみましょう。下記のような行為を行った場合は、あおり運転(妨害運転罪)として処罰対象になります。

・前走車に接近し、早く走るように要求する(車間距離不保持)
・左側から追い越すなどの危険な追い越し(追越しの方法違反)
・威圧する目的での蛇行運転や幅寄せ(安全運転義務違反)
・対向車線へのはみ出し(通行区分違反)
・急な進路変更(進路変更禁止違反)
・危険回避を目的としない急ブレーキ(急ブレーキ禁止違反)
・執拗なクラクション(警音器使用制限違反)
・執拗なパッシング・妨害目的の継続的なハイビーム(減光等義務違反)
・高速道路上での低速走行(最低速度違反)
・高速道路上での駐停車(高速自動車国道等駐停車違反)

また、これら以外の行為においても、とくに悪質と判断される場合には、直接的な車同士の接触や暴力行為におよばなくとも、危険運転致死傷罪や暴行罪が成立する場合があります。


違反行為別の罰則

あおり運転(妨害運転罪)として処罰された場合は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。反則点数は25点であるため運転免許は取り消しとなり、その後2年は免許を取得することができません。

また、高速道路上で相手車両を停車させるなど、著しい危険を生じさせた場合は、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。反則点数は35点で運転免許取り消しのうえ、その後3年は免許を取得することができなくなります。

あおり運転により人身事故が起きた場合は「危険運転致死傷罪」が適用され、怪我をさせた場合は懲役15年以下、死亡させた場合は1年以上20年以下の懲役が科せられます。


あおり運転に遭遇してしまったときの回避方法


どれだけ運転に万全を期していても、あおり運転をするドライバーに遭遇してしまう可能性はあります。あおり運転に遭遇してしまった時の対処法をご紹介します。
あおり運転への対処方法としては、以下の点が挙げられます。


車線以上の道路では、相手に道を譲る

危険な運転や悪質な運転は関わるだけで事故につながる可能性が高いので、悪意のある後続車両の運転に腹を立てたりするよりも、素直に道を譲る方が賢明です。
相手を刺激して事故や事件に発展させるよりも、冷静に落ち着いて道を譲るほうが、無用なトラブルを避けることができます。


車線の道路ではいつも通りの運転をし、路肩や空きスペースへ停車する

後続車両からあおられたからといって自分も速度を上げたり、後ろにばかり気を取られていると、ハンドル操作を誤ったり注意力が散漫になったりして、事故につながりやすくなります。

一般道の場合はいつも通りの自分の運転に集中し、空きスペースなどを見つけたらそこに停車するなどしましょう。車から降りるよう恫喝してくる場合もあれば、気が済んで走り去ることもありますが、いったん走行するのをやめて路肩に停車をして相手の様子を見ましょう。
ただし、高速道路を走行中の場合は、本線道路はもちろん路肩であっても非常に危険ですので、サービスエリアやパーキングエリアなど安全な場所まで移動してから停車しましょう。


車のドアをすべてロックして110番通報をする

あおり運転の相手が車から降りてきた場合には、自分も降りて話をしようとせず、危害を加えられないように車のドアをすべてロックしてから110番通報をして、警察官が来るのを待ちましょう。また、同乗者がいる場合には、同乗者に110番通報をお願いするようにしましょう。

あおり運転をしてくる相手は、感情の起伏が激しく怒りを抑えられないケースが多いです。そうした相手に向かっていくことは自分を危険にさらす行為であり、直接的な暴力被害に遭う確率も高くなります。

相手がどのような態度を取ってきたとしても、外に出ていくことは危険です。たとえ車を傷つけられたとしても、まずは自分や同乗者の安全を守ることを第一に考えましょう。


あおり運転に遭遇したらきちんと通報しよう


あおり運転をしてきた相手に対しての苛立ちから、自ら対処しようとしたり相手に向かっていったりしてしまう人もいますが、そうした対処は絶対にせず、110番通報をして警察を呼びましょう。
あおり運転をされた状況下では、相手の素性も性格も、何の情報もありません。そうした状況である以上、どういったトラブルに発展するか予測がつかないため、まずは必ず警察に通報しましょう。

その際には前述のとおり、まず必ず車のドアをすべてロックして、車外から直接的な危害を加えられない状態を確保してから通報してください。
そうすることで、自分や同乗者の安全を確保できますし、冷静に警察に通報することもできます。

同乗者がいる場合には、後々の物的証拠になりますので、スマートフォンで撮影することも効果的です。乗っている車を蹴ったり傷つけたりしているところも撮影しておくと、より効果的な証拠となるでしょう。


あおり運転から自分を守るためにはドライブレコーダーがおすすめ


あおり運転をされたと警察に通報をしても、物的証拠がなければ証拠不十分となり、事件として取り扱うことが難しくなる場合があります。

そうなると、いかに悪質なあおり運転をされたとしても泣き寝入りすることになる場合があります。

そうした事態を防ぎ、トラブルや危険から自分を守るためにも、ドライブレコーダーの設置は非常に効果的といえます。

昨今では、単にうさ晴らしであおり運転をするような悪質なケースも多く、意図的に煽ることで事故を起こし、慰謝料や賠償金を請求してくることもあります。
そのような場合でも、ドライブレコーダーが設置してあれば、煽ってきた一部始終が証拠として保存されます。車の前方後方のどちらも録画できるドライブレコーダーもあり、設置を検討するドライバーが増えています。
ドライブレコーダーについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。


あおり運転の被害を防ぐために気を付けるべきこと


ドライバーの心得として、まず自分自身が、あおり運転だと思われないような運転をすることが大切です。
いつもは安全運転をしている人でも、焦りや疲れ、悩みごとなどが原因で感情的な運転になってしまうこともあるかもしれません。しかし、あなたのそうした運転が、周囲の車のドライバーに威圧感を与えてしまう可能性があります。

他のドライバーを不快にさせ、自分があおり運転に遭わないためにも、思いやりや譲り合いの気持ちを常に忘れず、心にも時間にも余裕をもった運転をしましょう。「追い越し車線を走り続けない(違反行為となります)」「追いつかれたら道を譲る」「車間距離を十分にとる」「急発進、急停車、急な割り込みなど<急>がつく運転はしない」といったことを日々心がけることが大切です。


監修者(株式会社 日本交通事故鑑識研究所)コメント


いつどこであおり運転に遭遇するかの予測はできませんが、もしもあおり運転に遭遇した際には、落ち着いて冷静な対応をすることが大切です。
今回ご紹介をさせていただいた対処法などを参考に、万が一の際には適切な対応をして、最悪の事態を避けるように行動してください。

また、あおる側に危険な行為の根源があることは間違いありませんが、「あおられないような運転」をすることもドライバーとして大事なスキルとなります。追い越し車線の継続走行や、無理な進路変更、渋滞中の割り込みなどは「あおり」のターゲットになりやすい傾向にあります。これまでの事故やトラブルの状況をみると、あおり運転をする人は対象車を探している傾向もありますので、常に周囲の状況を確認しながら安全運転を心がけることが大切となります。

身の安全を守るためも、慌てず焦らず冷静に対処するようにしましょう

監修:日本交通事故鑑識研究所

「おとなの自動車保険」についてはこちら
https://www.ins-saison.co.jp/otona/