地震保険とは?

火災保険では、地震、噴火またはこれらによる津波(以下「地震等」といいます。)を原因とする損害(地震等により延焼・拡大した損害を含みます。)は補償されません。

地震保険は、地震等によって発生した、火災・損壊・埋没・流失による損害を補償する保険で、「地震保険に関する法律」に基づき、被災者の生活の安定に資することを目的としており、その保険金の支払責任の一部を再保険として政府が引き受けている、非常に公共性の強い保険です。
地震保険だけを単独で契約することはできません。

地震保険の特長

  1. 1.居住用建物またはその建物に収容されている家財が対象となります。
    (専用店舗・事務所などの建物およびその建物に収容されている動産は対象となりません。)
  2. 2.法律(地震保険に関する法律)に基づいて、政府と民間の損害保険会社が共同で運営している制度です。
    (火災保険と異なり、保険会社による補償内容や保険料の違いはありません。)
  3. 3.利潤を一切いただかず、皆様の地震保険料は準備金として積み立てられています。
  4. 4.地震災害による被災者の生活の安定に寄与することを目的としています。

今すぐ1分カンタンWEB見積りをする

  • みんながえらぶ3大理由 1.自由に補償をえらべる 2.時価ではなく新価でお支払い 3.家財の保険金額もえらべる もっと詳しく見る

「じぶんでえらべる火災保険」のたしかな品質を私たちがつくりあげています。

ページトップへ