火災保険・自動車保険のセゾン自動車火災保険

セゾン自動車火災保険

セゾン自動車火災保険HOME>採用情報>社員の声>

お客さまのために考え、よりよい保険商品を維持する

社員の声

商品業務部 2010年4月入社

わたしの仕事

お客さまのために考え、よりよい保険商品を生み出す。
当社の保険商品が、お客さまにとってよりよいものであるように、維持管理する業務を主に担当しています。中でも私が担当しているのは、傷害保険。たとえば商品を改定する際の規定やパンフレットの変更では、正確さとともに、わかりやすい表記にも心を配っています。営業担当者からの質問に正しく答えることも、大切な仕事のひとつ。裏舞台で保険を支える、「核」といえる部署だと思います。

やりがいを感じる瞬間

他部署のメンバーと協力して、仕事がうまく進んだとき。
必要なのは、自ら調べて解決していく力。保険の知識だけではなく、法律など多岐にわたった知識が必要です。たとえば傷害保険は職業の危険度によって保険料が変わりますから、さまざまな仕事についての知識も必要です。ほかの部署のメンバーと連携し、ひとつの仕事を成し遂げることができたときなど、とくにやりがいを感じます。

セゾン自動車火災って、どんな会社?

社員一人ひとりが尊重され、意見を求められる会社。

新入社員でも軽んじられることなく、一人ひとりの社員が尊重される会社だと思います。逆にいうと、「新人だから」といってあまり甘えられないので、社会人としてしっかり自立しなくては、という思いが強まります。また、社員同士の垣根があまりなく、親しみやすい雰囲気。商品業務部は、とくに飲み会になると「結束が強い」と言われています(笑)

休日の過ごし方

学生時代の友人とご飯を食べたり、ショッピング。

学生時代の友人と会ってご飯を食べたり、ショッピングをすることが多いですね。お互いに社会人になってから会うと、いろいろな価値観や仕事の内容について語り合うことができます。そのほか、猫を飼っているので、自宅で一緒に遊んでリラックスしています。

わたしの目標

知識と経験を培い、会社に貢献できる「人」を育てたい。

目指しているのは、難しい事案でも自分で判断し、スムーズに解決できるプロフェッショナルになること。さらに将来は、自分の経験のなかで培った知識を後輩に伝え、よい人財を育てたいと思っています。

社員の声

  • 損害サービス部 2008年4月入社
  • 事務企画部 2010年4月入社
  • 商品業務部 2010年4月入社
  • 損害サービス部 2010年5月入社
  • お客さまサービス部 2007年10月入社

ページトップへ