火災保険の知恵袋

火災保険の知恵袋

マンションの火災保険はいくらつければいいの?

Share |

たとえば、分譲マンションを5000万円で購入した場合、火災保険(建物)は5000万円つける必要はありません。

分譲マンションの購入価格には、建物の建築価額だけでなく、土地代に相当する「敷地利用権の価格」などが含まれているからです。
火災保険の補償対象となるのは建物の部分だけとなります。
また、建物の中でも区分所有者が保険をかける必要があるのは、通常、「専有部分」のみとなりますので、『建物の専有部分』についての金額が保険金額(=ご契約金額)となります。

保険料の決まり方

この記事に関するご意見・ご感想をお聞かせください

「ここが分かりにくかった」「ここについてもっと知りたい」などお客様のご意見・ご感想をお聞かせください。
お客様の声を日々取り入れていきます。


  • みんながえらぶ3大理由 1.自由に補償をえらべる 2.時価でなく新価でお支払い 3.家財の保険金額もえらべる もっと見る
  • 保険料はクレジットカード払いがおすすめ!

今すぐ1分カンタンWEB見積りをする

  • セゾン自動車火災会社案内はこちら
  • 保険の用語集 保険の難しい単語をご説明します。
  • 火災保険 お客様サポートセンターBLOG

ページトップへ